人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

DX炎神合体 キョウレツオー レビュー(その2) 

Engine Combination Series 10-12 KYORETSU-OH (Engine Sentai Go-OnGer) Review #02


【製品名】
 炎神合体シリーズ 10-12 DX 炎神合体 キョウレツオー
【販売元】
 株式会社バンダイ
【発売日】
 2008年10月18日
【価格】
 9,800円(税別)
【スケール】
 合体時約1/186(玩具全高約295mm:設定全高55.0m)
【登場作品】
 特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)

前回に引き続いて、今回はキョウレツオー(ロボ形態)への合体ギミックをご紹介します。


【炎神合体】
キシャモスの全身を写真のように分解します。


車体両サイドの動輪部分の変形。


赤いパネル部分を折り返して


前後のパーツを折り畳むと、腕パーツが完成。折り畳み前は前後のパーツに分かれていた親指とその他の指が、折り畳み後に掌を構成するのが素敵です。


胴体パーツ前部から、


頭部を起こして、後部パーツを取り付けます。


キシャモス頭部パーツを取り付けて胴体部分の完成。


ティライン&ケラインの顎を全開にして立てます。


腰パーツに連結して下半身の完成。


胴体部分を取り付けて、


両腕を取り付けます。


後方に折り畳まれた頭部の角を、左右に展開して完成。

ゴーオンジャー系ロボの中でダントツの男前でございます。


【キョウレツオー】
キシャモス、ティライン、ケラインの古代炎神三体が合体した「強大な列車の王」=キョウレツオー。三体合体でありながら操縦者はレッド一人という贅沢な仕様です。


真横から見たときの胴体のバランスがえらいことに。お腹も背中も重そうです。


玩具全高約295mmに対し、設定全高は55mですので、約1/186スケールとなります。


劇中と同様、キシャモスの鼻を展開することも可能。可動部分は両肩の回転程度です。


【オマケ】
DX炎神大将軍と。この二体、成型色や金色のカラーリングが共通していて、並べると良い感じなのです。まるで兄弟ロボのよう。


次回は、エンジンオーG12への合体ギミックをご紹介いたします。がんばります。



【巡回放浪記】
以下の記事をご紹介頂きました皆様です。有難うございました。
  • 「DX炎神合体 キョウレツオー」レビュー


  • ガムの玩具店さん
    MAXファクトリー figma 中日ドラゴンズマスコット ドアラ(ホームver.) レビュー
    #ひいいい。シュールなレビューでございます。ほ、欲しい・・・。
    モンド of the Worldさん
    海洋堂 フロイライン リボルテック 011 もやしもん 長谷川遥 レビュー
    オーメン72さん
    SRWOG ヒュッケバインMk-III レビュー
    悠久なる雪月花さん
    BB戦士 ダブルオーガンダム レビュー
    アクシデンタル・トイさん
    S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカブト レビュー
    Escape to the Atmosphereさん
    #相互リンクのお申し入れ、有難うございました。今後とも宜しくお願いします。



    [2008/11/10 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)
    人気blogランキング

    DX炎神合体 キョウレツオー レビュー(その1) 

    Engine Combination Series 10-12 KYORETSU-OH (Engine Sentai Go-OnGer) Review #01



    【製品名】
     炎神合体シリーズ 10-12 DX 炎神合体 キョウレツオー
    【販売元】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2008年10月18日
    【価格】
     9,800円(税別)
    【スケール】
     合体時約1/186(キシャモス玩具全高約330mm:設定全高61.5m)
    【登場作品】
     特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)

    【パッケージ】
    箱のサイズは約410mm(H)×320mm(W)×100mm(D)。エンジンオー等の箱よりも二周りほど大きいですが、ハンドキャリーできるサイズではあります。



    【炎神キシャモス】
    第10番目の炎神。機関車+マンモスでキシャモス。全長約330mm。設定全長は61.5mですので、約1/186スケールとなります。



    前方二輪と最後尾の一輪は転がし可能。最後尾から二番目の車輪はダミーです。前輪の回転に連動してロッドが動きます。



    鼻部分は写真のように展開することも可能。



    本セットにはキシャモス用の炎神ソウルのみ付属。ティライン、ケライン用のソウルは付属しません。こちらは別売の「カンカンバー」に付属するそうです。

    中ボタン:お馴染みのソウルセット音。
    左ボタン:走行音。長押しで走行音繰り返し。
    右ボタン:汽笛+咆哮音。
    左右同時:必殺攻撃音。キシャモスの鼻を下に押さえ込むと同時押しになります。


    炎神ソウルは車両底面にセットします。



    正面、鼻の下のボタン2個でソウルのサウンドが鳴動。



    ソウルのボタンを押すと、鼻の上部の穴からLEDの発光が覗き見えます。



    【炎神ティライン & 炎神ケライン】
    こちらは第11番目の炎神。ティラノサウルス+ライナーでティライン。劇中の名乗りからして新幹線「のぞみ」がモチーフかと思われます。全長約175mm。



    外見えの車輪は全てダミーで、底面にダミーの転がし用車輪が付いています。



    続いて第12番目の炎神。トリケラトプス+ライナーでケライン。劇中の名乗りからして新幹線「ひかり」がモチーフのようです。全長約175mm。角は上下に可動。



    基本的な設計はティラインに準じます。



    両者とも顎をガバッと開くことも可能です。



    ティライン、ケラインとも、車両後部のハッチに炎神ソウルをセットします。



    ソウルの起動ボタンは写真のように車両の上下に配置されています。



    ソウルのボタンを押すと、車両側面の穴からLEDの発光が覗き見えます。




    【連結ギミック】
    列車型の炎神とあって、車体前後の連結器による連結遊びも可能です。



    連結時の全長は約660mm。長いなー、と思いきや・・・



    更なるツワモノがおりました(笑)。写真下はDXトラベリオン(魔法戦隊マジレンジャー)。全長約900mm。この玩具、大味でしたけど好きでしたわ。LED発光とかサウンド鳴動とか、共通点も多くて相性もよい感じ。



    嬉しいことに連結用のジョイントの径がピッタリなので、夢の両者連結も可能。全長約1440mm。堂々の1m越えです!但し、トラベリオンの手足の車両はクリアランスの関係で、炎神に直接連結することはできません(接合部分が若干浮いてしまうのです)。トラベリオン頭部の車両を介せば全く問題なく連結可能です。



    【オマケ】
    設定全長によるサイズ比較。手前は700系のぞみの先頭車両(27.35m)、奥はキシャモス(61.5m)、ティライン(33m)、ケライン(33m)。

    本編で地下鉄の線路を疾走する場面がありましたが、有り得ないサイズです(笑)。


    折角なので、キョウレツオーとトラベリオンとのロボ形態での背比べ。私の中ではトラベリオンの株がグッと上がった感じです。

    次回は合体ギミックを中心にご紹介いたします。お楽しみに♪





    [2008/11/06 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(5)
    人気blogランキング

    HDM創絶 炎神戦隊ゴーオンジャー レビュー 

    HDM Sozetsu Engine Sentai GO-ONGER Japanese Toy Review

    【製品名】
     HDM創絶 炎神戦隊ゴーオンジャー
    【販売元】
     株式会社バンダイ キャンディ事業部
    【発売日】
     2008年10月13日
    【価格】
     各380円(税別) × 全5種
    【登場作品】
     特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)

    完全にノーマークだった「HDM創絶 炎神戦隊ゴーオンジャー」。近所のスーパーに一揃い並んでいたもので、衝動買いしてしまいました。大粒のラムネ1粒とフィギュア1体がセットになった、噂のキャンディ事業部による食玩シリーズです。


    【01.ゴーオンレッド】
    パッケージのサイズは125mm(H)×90mm(W)×40mm(D)。


    フィギュアのサイズは頭頂部まで約110mm、剣の先までが約145mm。


    素材はPVC。スーツの皺まできちんと造型されています。


    頭部アップ。塗装の精度は取り立てて高くもなく、低くもなく、といったところでしょうか。


    全5種とも右足に取り付け可能なスタンドが付属します。スタンドの底には1から5の番号が付いるので安心。グリーン以外はスタンド無しでも自立可能です。


    ロードサーベルとマンタンガン。マンタンガンの塗り分けは表面のみ。裏面は赤と黒で塗られています。


    【02.ゴーオンブルー】


    フィギュアのサイズは頭頂部まで約110mm、ガレージランチャーの先までが約145mm。




    頭部アップ。


    ガレージランチャーは手首と一体成型となっています。側面のパネル部分の表示は付属のステッカーを貼り付けです。後部のピンで、ゴーオンブルーの肩の穴に固定します。


    【03.ゴーオンイエロー】


    フィギュアのサイズは頭頂部まで約100mm。




    頭部アップ。レーシングバレットは手首に固定されています。


    【04.ゴーオングリーン】


    フィギュアのサイズは頭頂部まで約115mm、ブリッジアックスの先までが約115mm。


    担いだ斧に重心が掛かるため、スタンド無しでの自立は難しいです。


    頭部アップ。


    ブリッジアックスは手首と一体成型。グリップ根元のピンで、ゴーオングリーンの肩の穴に固定します。


    【05.ゴーオンブラック】


    フィギュアのサイズは頭頂部まで約115mm。




    頭部アップ。カウルレーザーはグリップ部分が右手に固定されています。


    【サイズ比較】
    1/144ガンダム、単三電池とサイズ比較。5人揃うとなかなかの存在感です。


    恒例のステレオ写真(平行法)。


    全5種で2000円近くにもなるもので、レジに向かう途中で悩んだりもしたのですが、食玩は「買わずに後悔」よりも「買って後悔」が鉄則と考え、購入に踏み切った次第。結果は大満足。このサイズと造型で1個あたり400円弱なら、妥当な価格ではないでしょうか。加えて5体並べた時の存在感&満足感はなかなかのものです。欲を言えば、塗装の精度をもう少し上げて欲しいかと。もっと欲を言えば、個々の武器をスーパーハイウェイバスターに合体できたら・・・とか。




    [2008/10/13 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)
    人気blogランキング

    炎神戦隊ゴーオンジャー なかよしえんじんしりーず レビュー 


    【製品名】
     なかよしえんじんしりーず
     01 えんじんすぴーどる
     02 えんじんばすおん
     03 えんじんべあーるぶい
     04 えんじんばるか
     05 えんじんがんぱーど
    【発売元】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2008年9月27日
    【価格】
     各700円(税別) × 全5種
    【登場作品】
     特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)

    炎神戦隊ゴーオンジャーから「なかよしえんじんしりーず」のレビューです。番組中のアイキャッチやエンディング等に登場する、ディフォルメ姿の炎神達のソフビ人形です。先日レビューした食玩「炎神フィギュアコレクション」と同様、デフォルメ炎神好きには堪らない(?)アイテムでございます。

    【01 えんじんすぴーどる】


    全長約90mm×全幅約55mm。


    素材はPVC製でソフビというよりも、所謂ラバーダックみたいな感じのふにゃっとした質感です。この点は全アイテムに共通。


    口をキッと結んだ表情がかわいいです。


    可動や分解が可能な箇所は無く、基本的に飾って置くだけです。転がし遊びなども出来ません。




    天面にポツっとみえる穴は、タグを外した跡。


    【02 えんじんばすおん】
    この絵、なんだか赤塚不二夫っぽくて好きかも。


    全長約95mm×全幅約50mm。個人的に一押しアイテム。顔が凛々しいです。


    バスオンは炎神フィギュアコレクションでも良い出来でした。立体化し易いデザインなのかしらん。


    額のマーキング(GO-ONGER)が省略されているのは残念。




    真後ろから見るとただのキューブですね。





    【03 えんじんべあーるぶい】


    全長約70mm×全幅約60mm。炎神フィギュアコレクションよりも可愛く仕上がっています。嬉しい。


    本商品はビニール袋にぐるっと包まれただけの簡易な包装の所為か、微妙な汚れが目立ちます。










    【04 えんじんばるか】


    全長約95mm×全幅約40mm。炎神フィギュアコレクションよりも車輪が太いので、容易に自立してくれます。




    正面から見ると、謎の生物・・・。








    【05 えんじんがんぱーど】


    全長約85mm×全幅約60mm。パトランプ部分が刑事ドラマばりの「ハンチング帽」にアレンジされているのが素敵です。










    うーん、帽子が良いなぁ。


    【オマケ】
    なかよしえんじんしりーず、炎神フィギュアコレクション、単三電池とサイズ比較。


    恒例のステレオ写真。今回は平行法のみで。


    前述の通り、デフォルメ炎神好きの方にはお勧めのアイテムです。食玩「炎神フィギュアコレクション」が気に入った方には尚のこと。但し、定価700円というのは割高感があります。全5種類をまとめて買いすると財布に思わぬダメージ・・・。

    このフォルムで合体するエンジンオーとか、ちょっとみてみたいですね。カプセル玩具あたりで実現してくれないかしらん。




    [2008/09/27 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(2)
    人気blogランキング

    炎神合体シリーズ 炎神大将軍 レビュー(後編) 

    DX Engine Combination ENGINE-DAI-SHOGUN (Engine Sentai Go-OnGer) Review #02


    【製品名】
     炎神合体シリーズEX DX炎神大将軍
    【販売元】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2008年9月20日
    【価格】
     6,800円(税別)
    【スケール】
     合体時約1/187(玩具全高約315mm:設定全高59.0m)
    【登場作品】
     劇場版「炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!」(2008年公開)

    前回に引き続き、炎神合体シリーズ「炎神大将軍」のレビューです。今回は合体ギミックと炎神ソウルギミックを中心にご紹介いたします。

    【炎神烈鷹(飛行形態)】
    前回、撮り忘れていました。烈鷹もスピードルと同様に、翼の展開が可能。


    もちろん、ガウォーク的な形態も。但し腕の保持力が無いのはスピードルと同様です。


    【炎神ソウル(炎神大将軍用)】
    ソウルはクリアーイエローの筐体に「出陣サウンド」が収録されたソウルが付属。

    収録サウンドと起動ボタンの対応は以下の通り。今回は効果音中心なので、ちょっと説明し難いですが、音声は突出したカッコよさです。
    中:ソウル挿入音(いつもの)+ほら貝
    左:陣太鼓
    右:ジングル(ハクション大魔王似)、ツケ打ち風サウンド+剣撃音を交互に再生
    左右同時:ほら貝、ツケ打ちを交互に再生

    【合体ギミック】
    基本的な合体手順はエンジンオー準拠(過去のエンジンオーのレビューはこちらをご参照ください)。烈鷹の角を大将軍の頭に付け替えます。



    獅子之進の車体側面から「炎神剣」を取り外し、月之輪の背面のジョイントに取り付けます。剣側に斜めに角度の付いたジョイントが設けられており、これによって剣が背中に斜めに背負われる形になります。


    【炎神大将軍】
    全高約315mm。角の分だけエンジンオーよりも少し長身になりました。


    巨大な角のお陰で、実際の身長差よりも大きく感じます。


    【炎神剣】
    全長約200mm。刃の部分は軟質パーツとなっています。裏面にはジョイントやネジや肉抜きが。


    炎神剣を持たせるとこんな感じ。神々しいお姿でございます。


    武偉勝利盾(ぶいしょうりたて)を構えることも可能です。


    【炎神武装】
    基本設計はエンジンオー準拠のため、炎神合体シリーズの他アイテムとの合体も可能です。写真はガンパードとバルカを装備した状態。肩の紋が素敵です。


    続いてトリプター、ジェットラスを装備。


    【炎神大将軍G6】
    G6の炎神将軍版。違和感を感じません。但し、この腕では炎神剣を持てません(笑)。


    G6用の頭部を装備。これはこれで、角から肩の翼に掛けてのラインが良い感じに。


    【炎神大将軍G9】
    続いてG9。中心となるエンジンオーの色調が統一されているだけで、ぐっと落ち着いた雰囲気になります。


    G9頭部を装備。かつ、エンジンオーと1/144ガンダムとサイズ比較。


    【ステレオ写真】
    平行法。比較対象は1/144ガンダム。


    こちらは交差法。


    ただのリデコと言ってしまえばそれまでの商品なのですが、個人的には大ヒット。見た目よし、遊んでよし、ロボット玩具かくありきといった感じです。劇場版を見に行かなかったことを今更悔やんでみたり。近所の映画館で最近までやってたんですけどねぇ。残念。




    [2008/09/24 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)












    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。