人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

メカアクションシリーズ 銀河漂流バイファム レビュー 


CM'sコーポレーションより5月末に発売された、サンライズメカアクションシリーズの「銀河漂流バイファム」です。購入品の左足首が折れていたため、メーカーに交換部品を要求。部品到着までに時間を要したために、少々時期を外した記事になってしまいました。


付属品は上の写真の通り。武器を持たせるための交換用の両手首。脱出ポッド、ビームガン、スリングパニアー、ツインムーバー、シールド、ベースが付属。メーカー希望価格5040円(税込み)。


関節はよく動きます。肩は前方に引き出せますし、膝は二重関節、足首は十分なクリアランスが確保されているため、かなり自由に動かせます。但し、股関節や足首を動かすとギチギチとした手ごたえと音があり、今にも折れそうな不安感を掻き立てられます。


スタイルは過度な現代風アレンジもなく好印象。やはりラウンドバーニアンはある程度「ずんぐりむっくり」していないと。すらりとした脚で腰がくびれ、肩の大きなバイファムとか、見たくないですからw。ビームガン前方のグリップは銃口ごと回転。ベースの可動部分は保持力が極めて弱いため、前にクルリン後ろにクルリンといった具合・・・。


こんなカットを撮ってみたものの、実は腹部ハッチは大きく開けられないため(写真の位置が限度)、ポッドの出し入れは背中からしか行えません。ポッドの底面には小さな凹みがついていて、本体側のポッチと噛み合わせることが意図されているようですが、実際にはポッドの格納スペースがブカブカでポッチは全く機能しません。お陰でポッドはポロポロとよく落ちてしまいます。


長距離補助燃料タンク「ツインムーバー」。左右バーニアが基部ごと回転します。管理人には劇中の記憶があまりありませんが・・・。

もはや有名な話ではありますが、ツインムーバーの取り付け軸が常識的な設計では考えられないような径細(1.5mm程度?)になっています。プラモデルのハメ殺しの部品のピンのようで、とても繰り返し着脱させられるような造りになっていません。上の写真も、ピンを本体側にほんの少し差した状態で、急いで撮影を済ませてしまいました。


スリングパニアーを装備。通常のランドセルと交換して装着します。本体側に凸、スリングパニアー側に凹が付いているのですが、この大きさがてんで合っていないため、なかなか取り付けられません。そのくせ通常のランドセルはゆるくて簡単に外れてしまいます。このため凸側を削ることは避け、スリングパニアーがわの凹を削って穴を大きくし、なんとか装着させることができました。


少し話を戻します。購入時に破損していた足首のパーツというのは写真の赤矢印の位置です。ツインムーバーの軸と同様、破損された方が多いようですので取り扱いには細心のご注意を。ところで、メーカーから取り寄せた交換部品を見て気づいたのですが(右上の写真)、購入時の部品(左)と比べて交換部品(右)の方が、明らかに肉厚が増しています。同封の手紙には「念のため、(破損していた左足首用だけでなく)右足首用の交換パーツも一緒に同封させていただきます」という一文が。念のため、ねぇ・・・。

何年ぶりかのバイファムの新製品ということで、発売前から非常に楽しみにしていたアイテムだったのですが、結果は非常に残念なものでした。スタイルや関節の可動は良好なのですが、細部の設計や品質管理があまりにもなおざりになっています。管理人は二度とCM'sコーポレーション製品に手を出すことはないと思います。この先のバイファム製品としては、バンダイから発売予定のSMCシリーズに期待を寄せたいところ。こちらはプラモデルなので組立てや塗装の手間が必要ですが、CM'sのような酷い設計がされることはないでしょう。・・・リボルテック化されないかなぁ。



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ganhoo.blog47.fc2.com/tb.php/61-5e4385b4














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。