人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

群雄 【動】 戦国魔神ゴーショーグン レビュー  

GUN-U No.004 Sengoku Majin GO-SHOGUN Japanese Toy Review

【製品名】
 群雄 【動】 No.004 戦国魔神 ゴーショーグン
【販売元】
 株式会社やまと
【発売日】
 2008年7月
【価格】
 3,000円(税別)
【スケール】
 約1/350(玩具全高約150mm:設定全高52.5m)
【登場作品】
 TVアニメ「戦国魔神ゴーショーグン」(1981年)

【パッケージ】
ウィンドウタイプのパッケージ。サイズは約200mm(H)×175mm(W)×70mm(D)。デザインが素敵です。


【セット内容】
非常にシンプルな構成です。

・ゴーショーグン本体
・ゴーサーベル(持ち手と一体)
・交換左手首

【ゴーショーグン】
全高約150mm。上腕、腹部、大腿部などの薄いグレー部分や、肩や腰のアーマーの青部分等を除いて、殆ど全体がつや消しで塗装されています。


【頭部アップ】
塗装は全体的に発色も良く、ムラもなくて綺麗です。


別な角度から、もう一枚。


【可動範囲】
首の付け根はボールジョイント。ぐりぐりと動かせます。


肩関節は写真左のように鉄アレイのような形のボールジョイントで胴体側と連結されています。この部分が意外と外れやすいのです。腕を掴んで持ち上げると、本体側が落下したりする恐れがありますので要注意。また腕部分の外装は接着されていませんので、写真右のように取り外すことが出来ます。


膝と股関節の可動範囲は写真の通り。腰のサイドアーマーは写真のようにポロリと外れがち。この状態だと写真右のように女の子座りも可能です。


つま先部分は写真のように上下に可動。左右方向にも若干角度を付けられます。


【以下、適当にポージング】
おなじみのポーズ。肩アーマーのやり場に少し戸惑ったり。


手首パーツを交換。ゴーサーベルと左開き手を装着。


膝関節の奥には、共通フレームの穴が覗き見えます。他のアイテムではここに外装パーツが装着されることもあるのでしょう。


私は扱いが荒いので、撮影中に腕や脚の付け根の角が擦れてしまったようで、早くも塗装が剥離してしまいました。


【サイズ比較】
いつもの単三電池と、1/144ガンダムと比較。


群雄【動】は初の購入となりますが、なかなかの好印象。シリーズ初期アイテムならではの、こなれていない印象も所々受けますが、やまとさんの入れ込み具合が伝わってくるアイテムでございます。パーツの保持力が改善されて、もうちょっとオプションパーツを増やしてくれたりなんかすると、大満足なのですが。この先も魅力的なアイテムが控えているようですので、今後の展開がたのしみでございます。




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ganhoo.blog47.fc2.com/tb.php/392-3d116a3c














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。