人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

シューティングゲームヒストリカ レビュー  

Shooting Game Historica Toy Review

【製品名】
 シューティングゲームヒストリカ
【製造・販売】
 株式会社ユージン
【発売日】
 2007年11月
【価格】
 各300円×6種×2バージョン(カプセルトイ)
【登場作品】
 ビデオゲーム「R-TYPE FINAL」(2003年 アイレム)
 同「イメージファイト」(1988年 アイレム)
 同「グラディウス2」(1987年 コナミ)
 同「グラディウスV」(2004年 コナミ)
 同「ダライアス」(1986年 タイトー)

【シューティングゲームヒストリカとは?】
ビデオゲーム史の一時代を築いた、シューティングゲームのプレイヤー機を設定に忠実に再現した、ミニチュアモデルです。幾多もの激戦をくぐりぬけた、歴戦の名機たちの雄姿が、いま手のひらの上に蘇ります!!」
~付属の説明書より~

当初のアナウンスでは全6種とのことでしたが、発売直前に6種×墨入れ有・無の2バージョン、計12種に変更になったそうで、取扱店ではちょっとした混乱状態になっていたとか。

【R-9A ARROW-HEAD(アロー・ヘッド)】
プレイステーション2版「R-TYPE FINAL」より。写真は墨入れ無しバージョン。フォースとビット×2が付属。コックピット部とフォースとビットの中央部にクリアパーツを使用。


軟質パーツの本体を軸に、スタビライザなどの薄いパーツは硬質プラで成型され、接着されています。歪みのない鋭利な造型は大歓迎なのですが、カプセルへの詰め方が悪いと、プラ部分がしなってしまたり、折れてしまったりで難あり。


フォースとビットを外した状態(スタンドは後述のシルバーホークのものを使用)。アイレムメカ特有の「ゴチャっ」とした感じが再現されていて素敵です。


フォース射出。ところでこのスタンド、組み立てが結構ややこしいのですが、説明書には組み立て手順の説明や、組み立て後の写真が載っていないのです。これはいかがなものかと…。


フォースをお尻にくっつけた状態も再現可能。


【OF-1 DAEDLUS(ダイダロス)】
アーケードゲーム「イメージファイト」より。写真は墨入れ無しバージョン。ポッド×2が付属。コックピット部とポッド中央部にクリアパーツを使用。


機体上部と下部の尾翼3箇所はプラ製。機銃部分は軟質パーツになっています。


ポッドを取り外した状態。コックピット部は一発成型のため気泡が入ってます。


ポッドは左右に旋回可能。スタンドのアーム部分の左右が短いので、機体外周にポッドを回転させることはできません。


【METARION(メタリオン)】
MSX版「グラディウス2」より(グラディウスIIとは別のゲームです)。写真は墨入れ無しバージョン。ロードブリティッシュではなく、あえてメタリオンでくるあたり、渋いチョイスです(笑)。


オプション×1が付属。コックピット部とオプションにクリアパーツ。尾翼部分や機銃部分はプラ製。機首部分は軟質パーツなので、歪んだりしなったり。ここはプラ製にして欲しかったなぁ。


【VIC VIPER T301(ビックバイパーT301)】
プレイステーション2版「グラディウスV」より。写真は墨入れ無しバージョン。こちらもオプション×1が付属。主翼、尾翼、ミサイル先端部分はプラ製。コックピット部とオプションにクリアパーツを使用。機首部分は軟質パーツ。


ミサイルはポロポロと外れがちなので、接着することをお勧めします。


オプションなし状態で一枚。


ファミコン版とか。


【SILVER HAWK(シルバーホーク) プロコ機】
写真は墨入れ無しバージョン。説明書には「ダライアス外伝」のロゴがあるのに、「初代ダライアスのデザインをもとに立体化しています」という謎仕様。発売間際のアソート変更の件といい、制作サイドがなんかドタバタしていたんでしょうか。付属オプションはなく、機銃4門、尾翼、機体後部のフィンがプラ製。コックピット部分はクリアパーツ。


非常にシャープでカッコいいのですが、何しろ部品がよく外れますので接着必須。細かなパーツが多くてプラモデル感覚。


背面のゴチャゴチャ感がもう…くぅ~!



【SILVER HAWK(シルバーホーク) ティアット機】
コイツだけ墨入れありバージョン。


プロコ機の色違いで、造型の差異はありません。


「PROCO」「TIAT」を逆から読むと…ってネタは若い人は知らんでしょう。


細かいことを色々と書きましたけど、思い入れのある機体ばかりですので、総合的には大満足。コイツらの立体ものが纏めて手に入るなんて、ユージンさん、夢を有難う(笑)。来年2月には「シューティングゲームヒストリカSP」という箱売り形態になるそうで。墨入れバージョンのみで構成され、ビックバイパー以外は全て色変え有りになる模様。価格も350円に値上げされるようなので、品質向上が望めるかも知れませんが、ちょっと売り方がアレですね…。

第二弾があるとしたら「ソルバルウ」「オパオパ」「雷電」「メタルスラッグ」あたりを是非…。

【関連商品を価格の安い順に検索】
  • シューティングゲームヒストリカ




  • SEGA好きとしてはオパオパ、かなり魅力的ですね!第二弾、本当にそんなラインアップだったらいいです!(^O^) シークレットは意表をついて、スペースハリアーの人とか・・・無いか・・・。(汗)
    [2007/12/14 08:50] ダミアン [ 編集 ]

    おお!ダミアンさんもSEGA好き野郎なんですね(喜)

    オパオパはSEGAトイズ自身が出せばよいのに、という気もしますね。ビッグウィングとターボエンジンを換装可能とか。オプションで16tボム付属とか。素材はソフビが似合いそう。ハリアーも捨てがたいですよね。並べて飾れないけど(笑)。当時のセガは輝いてたなぁ。。。
    [2007/12/15 23:27] 玩放 [ 編集 ]

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ganhoo.blog47.fc2.com/tb.php/323-661a9689














    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。