人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

超合金 GD-19 燃えろ!!ロボコン 


1999年に株式会社バンダイから発売された「超合金 燃えろ!!ロボコン」です。メーカー希望小売価格4,500円。


最近、中古品を手に入れたのですが、前オーナーが愛煙家だったようで、箱は黄ばみ、タバコの臭いが・・・。まぁ、値段が値段でしたから贅沢は言えません。尚、箱裏には「対象年齢15才以上」の文字が。これって本編の視聴者層と合致しているのでしょうか・・・。


基本仕様は、先代ロボコンをかなり意識したものになっています。肩の開閉、足の付け根の可動、エプロン開閉、頭部アンテナやプロペラの取り付け、アレが3匹付属・・・。


但し、復刻版に見られた、腕のふにゃふにゃ可動はありません。脚も前方には殆ど動きませんし、足首の可動も申し訳程度。


パーツの付け替え無しで、ロボコンカーに変形可能。変形手順は極々簡単なものですので、省略します。


写真はゴム製ではなく、ポリエチレン製。


背中にプロペラを取り付けて、フライングモードを再現可能。プロペラの上のダイアルについては後述。


羽根の展開、伸縮も可能。旧超合金のプロペラはヤッツケな感じでしたが、こちらは立派になりました。


背中のダイアルを回転させると目が横方向に回転し、表情を変えられます。


付属のアレ×3匹との絡みもバッチリ。アレは復刻版と同じ物のようです。


先代と。「燃えろ」版の方が少し背が低いですが、横幅があるためボリュームの差異は感じません。
後輩「燃えろ」の大ピンチに駆けつけた、先輩「がんばれ」。が、事態は一向に好転せず2人揃って「うらら~」、てな脳内ストーリーを展開中。


内部メカ。燃えろ」版はステレオシールが貼られており、視点によって絵柄が変化します。が、先代の方が立派に見えるような・・・。


ロボコンカーは、どっちもどっちかw。先代は復刻に際して若干の仕様変更があったとはいえ、基本設計は30年程前の物です。こうしてみると、さほど古臭さは感じません。かといって「燃えろ」の出来が悪いワケでもありません。完成度が高く、弄り様の無いデザイン、ということなのかも知れませんね(ちょっと贔屓目w)。

【関連商品(価格は記事執筆時のものです)】
でじたみん 楽天市場店(各820 円)
バンダイ ソフビ魂 ロボコン 【11月予約】
バンダイ ソフビ魂 がんばれロボコン ロボペチャ 【11月予約】
おもちゃ屋本舗二輪館(3,675 円)
がんばれ!ロボコン復刻版超合金ロボコン
おもちゃのさいほん(945 円)
THE超合金 GT-05 がんばれ!ロボコン ガンツ先生
おもちゃのさいほん(1,260 円)
THE超合金 GT-02 ロボコン
おもちゃ屋本舗二輪館(4,725 円)
燃えろ!ロボコン超合金ロボコン


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ganhoo.blog47.fc2.com/tb.php/101-a698df60














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。