人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

Qトレイン EF81 81(北斗星) レビュー 


【製品名】
 Qトレイン QT01 EF81 81(北斗星)
【発売元】
 株式会社タカラトミー
【発売日】
 2008年11月15日
【価格】
 2,300円(税別)

タカラトミーの低価格な赤外線操縦玩具シリーズ。今回は手軽に鉄道模型気分を楽しめる「Qトレイン」の第一弾アイテム「EF81 81(北斗星)」をレビューします。

【パッケージ】
約250mm(W)×70mm(H)×43mm(D)のウィンドウ仕様のパッケージ。背面には簡単な操作説明が書かれています。


箱の耳部分には「手作り駅名板」の簡単なペーパークラフトが。


【セット内容】
Qトレイン本体、コントローラー、アジャスタースティックが付属。


モノクロ一枚刷りの取扱説明書と注意書き、加えて写真にはありませんがマーキングのシールが付属します。シールはカッターや鋏などで切り取って貼り付けるタイプなので、少々手間がかかります。


【コントローラー】
「電車でGO!」のマスコンのようなレバーが配されていますが、これは見せかけ上のもので、実際には従来のQステア等と同様に前後、左右にカチッとON/OFFされるだけのスイッチになっています。レバーのような操作感覚を期待していただけに、非常に残念なポイントです。


左側面にはアジャスタースティック(後述)を着脱可能。スティックそばに見えるスイッチは「自動運転切替スイッチ」。このスイッチをONにして前進ボタンを一度押すと、コントローラーから手を離しても車輌が自動で前進し続ける状態になります(左右操作は効かなくなります)。後退ボタンを一度押すと停止します。レールに乗せて走らせるための仕様のように思われますが、レールセットのようなものは現時点ではラインナップされていません。※後日記:タカラトミーさんの開発ブログによると、「Nゲージ規格(一部除く)のレールを使用することができます」だそうです。独自規格でない点は非常に良心的ですね。右側面にはA~Dのバンド切替スイッチ。Qステアなどに見られた速度切替スイッチは付いておりません。


底面のネジを外して蓋を開けて単四電池×2本をセット。電池は別売りです。


【Qトレイン本体(北斗星)】
三両編成で全長約115mm、高さ約25mm、幅約18mmと、非常にコンパクトです。


写真は全て、付属のシールを貼り付けた状態です。


購入時には写真のように、中間車輌に絶縁シートを噛ませた状態になっています。


先頭車両には赤外線受信部とステアリングおよび動輪駆動部が組み込まれています。中間車輌は電池ボックス。配線の都合上、先頭車両と中間車輌は分離できません。終端車輌は転がし走行機構のみで、簡単なジョイントで引っ掛けられています。


底面から。中間車輌には電源スイッチとバンド「A」を示す文字が。


【アジャスタースティック】
コントローラー側面からスティックを取り外した状態。


電池交換の際には写真のように中間車輌にスティックを差込み、屋根部分を先頭車両側にスライドさせます。このスライドが硬くて、ちょっとドキドキ・・・。


ボタン電池(LR44)×3個が並んで収められています。ちょっと可愛いいですね。このボタン電池(テスト用)は付属します。


スティックの逆の端は、写真のように差し込んで、電池を引っ掛けて取り出すのに使用します。


【オマケ】
単三電池とサイズ比較。机の上でも十分遊べるサイズです。


恒例のステレオ写真(平行法)。


小さいながらに塗装や造形はなかなかカッチリした印象を受けます。また、線路もなしに自分でハンドルを切って電車を操作するのは、なかなか新鮮な感覚で、時間を忘れてついつい遊び続けてしまいます。机の上をクネクネトコトコと走る小さな電車の姿には、愛おしさすら感じてしまいます。惜しむらくはコントローラーのレバーがダミーである点。本当にレバー操作だったらもっと楽しかっただろうなぁ・・・。



【巡回放浪記】
以下の記事をご紹介頂きました皆様です。有難うございました。
  • 「カプセル炎神ソウル2」レビュー
  • 「だいしぜんとあそぼう 第5弾 チョコリングマ & ひみつのいわやま」レビュー
  • 「だいしぜんとあそぼう 第6弾 エリマキファッション & うずまきふんすい」レビュー

  • ガムの玩具店さん
    HOT TOYS フィギュア王誌上限定版 Snap Kits 1/20 - Deunan Knute (Stealth Armor Ver.) レビュー
    オーメン72さん
    トランスフォーマー クロスオーバー スパイダーマン(ブラック) レビュー
    悠久なる雪月花さん
    コトブキヤ 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ ビーチサイド ver. ~前編~ レビュー
    アクシデンタル・トイさん
    ドラゴンボールZ×ONE PIECE DX組立式フィギュア 孫悟空 レビュー
    スポンサーサイト



    人気blogランキング

    だいしぜんとあそぼう 第6弾 エリマキファッション & うずまきふんすい レビュー 


    【製品名】
     ポン・デ・ライオンのサバンナコレクション だいしぜんとあそぼう
     No.12 エリマキファッション
     No.13 うずまきふんすい
    【販売元】
     ミスタードーナツ(店頭販売)
    【発売日】
     2008年7月23日
    【価格】
     各300円(税込)

    前回に続いて「ポン・デ・ライオンのサバンナコレクション だいしぜんとあそぼう」シリーズのレビュー。今回は第6弾アイテムのご紹介です。

    【エリマキファッション】
    モチーフはオールドファッション。おっちょこちょいでおしゃべりな、気のいいお兄さんキャラ、だそうです。


    この背筋から尻尾にかけての隙だらけのラインが絶妙です。高さ約80mmと、手のひらサイズ。


    首、肩、足の付け根が可動。座った姿(写真左)にくらくら。個人的に、本シリーズで最もお気に入りのアイテムです。


    【うずまきふんすい】
    相変わらず、クリアパーツの色合いが美しいです。高さ約130mm。


    写真のように付属のドーナツを乗せ、土台部分の黄色いダイヤルを回すと、小気味良く噴水がゆらゆらと回転します。


    シリーズ第1弾のポン・デ・ライオンと。エリマキ、味わい深いですわ。NHK教育のパペットばりの口の開き方とか・・・。


    【オマケ】
    前回レビューのチョコリングマとのステレオ写真(平行法)。








    人気blogランキング

    だいしぜんとあそぼう 第5弾 チョコリングマ & ひみつのいわやま レビュー  


    【製品名】
     ポン・デ・ライオンのサバンナコレクション だいしぜんとあそぼう
     No.10 チョコリングマ
     No.11 ひみつのいわやま
    【販売元】
     ミスタードーナツ(店頭販売)
    【発売日】
     2008年6月25日
    【価格】
     各300円(税込)

    D-ピピコ以来さぼっていたミスタードーナツ「ポン・デ・ライオンのサバンナコレクション だいしぜんとあそぼう」シリーズのレビューを再開いたします。今回は、力持ちだけど泣き虫な心優しい女の子(らしい)、「チョコリングマ」と同時発売の「ひみつのいわやま」をご紹介します。

    【チョコリングマ】
    モチーフはチョコリング。耳がチョコリングになっているわけです。今回も美味しそう。


    高さ幅とも約125mmと、とてもお買い得感のあるサイズです。


    首、両肩、両耳の付け根が丸軸で可動。


    公式サイト?に「D-ピピコを抱っこ可能」とあったので試してみましたが、いや、あんた、その持ち方はないでしょ。嫌なの?(笑)


    【ひみつのいわやま】
    高さ約90mm。幅約100m。チョコリングマの秘密の岩山です。


    全体が横にパカッとオープン。「だいすきなドーナツとお花にかこまれての~んびり」だそうです。


    テーブルに乗せられた葉っぱを持たせてみたり。ドーナツと花は接着されているようです。


    シリーズ第一弾のポン・デ・ライオンと。適当に絡ませるだけでも、なんとなくストーリー性を感じさせてくれるのが、このシリーズの最大の魅力です。


    今年の2月から始まったこのシリーズも、本日(11/26)発売の「チュロリーナトナカイーナ」と「おめかしドーのき」で締め括りとなりました。本当に味のある良い玩具だったなぁ。

    ・・・ってレビューはまだ続けますけど。


    人気blogランキング

    カプセル炎神ソウル2 レビュー 


    【製品名】
     カプセル炎神ソウル2
    【販売元】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2008年11月中旬
    【価格】
     各300円(税込み)×全6種
    【登場作品】
     特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)


    カプセル玩具版の炎神ソウル第二弾のレビューです。

    ・・・って、もしかして私、第一弾のレビューをUPしていなかったかも。


    玩具屋さんで売られている炎神合体シリーズや、所謂なりきり玩具でも使用可能な廉価版の炎神ソウルです。

    ミニブックの表紙にはブルー、イエロー、グリーン、ブラックの姿がありますが、第二段にはラインナップされていません。



    ソウル本体は第一弾と同形。購入時には写真のように絶縁シートが噛ませてあります。



    ソウル底のボタンは一つのみ。食玩ソウルと同様です。



    【1.エンジントリプター】

    シールは紙製。裏面の電池蓋は△穴の特殊ネジで止められています。説明書によると、廃棄時にはマイナスドライバーで蓋をこじ開け、スリット部分から蓋の付け根を折って、電池を取り出すようにとの記述が。普通のネジで止めておいてくれれば良いのに・・・。
    収録音声は以下の通り。
    ボタン短押:「バリバリいくぜ!GO-ON!!」
    ボタン長押:「バリバリいくぜ!バリバリいくぜ!バリバリいくぜ!・・・・」←ちょっと笑えます。


    【2.エンジンジェットラス】
    以下、ソウル裏面の写真は省略(単にトリプターとの色違いなので)。

    ボタン短押:「私のキバからは逃げれられない」
    ボタン長押:なし。
    今回はジェットラスのソウルが最も音声バリエーションが少なくて寂しいのです。


    【3.エンジンジャンボエール】

    ボタン短押:1~3回目「炎神合体だ!」4回目「諸君、炎神合体だ!!」←これも微妙に笑えます。
    ボタン長押:なし。


    【4.キョウレツオー】
    写真右のように10,11,12のナンバリングが施されています。ちょっと変則的なソウル。

    ボタン短押:ボタン押下の度に、キシャモス、ケライン、ティラインの鳴き声が順繰りに再生されます。
    ボタン長押:なし。
    炎神合体のティライン、ケラインに入れて置くには、少々難のある仕様です。12月発売の食玩版エンジンソウルタブレット3に期待。


    【5.エンジンスピードル】

    ボタン短押:ボタン押下の度に「勇気マンタン、ハイウェイスター!」「炎神スピードルだぜ!」が交互に再生されます。
    ボタン長押:なし。
    これはゴローダーGTに入れて、いつぞやのエピソードを再現したくなります。って、いまだに買ってないんですけどね、GT・・・。


    【6.走輔ソウル(ゴーオンレッド)】

    ボタン短押:ボタン押下の度に「マッハ全開!」「ゴーオンレッド!」が交互に再生されます。
    ボタン長押:なし。
    ここは長押でもう一声欲しかったかも。声質も少々「九官鳥」っぽいというか・・・。今回はこのソウルを楽しみにしている人が多いかも知れませんが、過度な期待はしない方が良いかと思います。


    【オマケ】
    トリプター、ジェットラス、ジャンボエール用のソウル色々。上から順にカプセル版、食玩版、炎神合体版。




    なんだかんだで我が家の炎神ソウル置き場も大変なことになってきました。別にフルコンプを目指しているわけではないんですが、気がつけば何個あるんだか分からないような状態に。うっかり長期間放置して、電池が液漏れしたりせぬように気をつけなくては。数が数なので気を配るのも大変ですが・・・。



    【巡回放浪記】
    以下の記事をご紹介頂きました皆様です。有難うございました。
  • 「DX炎神合体 キョウレツオー」レビュー
  • 「イーグルライダー」レビュー

  • ガムの玩具店さん
    YAMATO 1/60 完全変形 VF-1J+スーパーパーツ 一条輝機[TV版] レビュー
    モンド of the Worldさん
    海洋堂×角川書店 コンプティーク 12月号付録 涼宮ハルヒの胸像コレクション ポニーテールVer. レビュー
    オーメン72さん
    プレイヒーローVS 仮面ライダー対決セット テディ&モモタロス レビュー
    悠久なる雪月花さん
    流浪の豪鬼 周倉ドーベンウルフ 簡易レビュー



    [2008/11/22 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(2)
    人気blogランキング

    ウイング イーグルライダー レビュー 


    【製品名】
     イーグルライダー
    【販売元】
     株式会社ウイング
    【発売日】
     不明
    【価格】
     不明

    たまに観光地に出向くと、ついつい土産屋さんで所謂チープトイを物色してしまいます。今週末も、ちょっとしたネタを仕入れてきましたよ。

    【パッケージ】
    吊るし穴が付いたブリスター。ジェット機からロボに変形する玩具です。販売元はお馴染みの?ウイング社。


    台紙の裏表。このパチモン臭さにしびれます。


    【ジェット機形態】
    全長約125mm。転がし走行が可能です。


    でもイーグルでライダーって?謎のネーミングです。


    見る角度を選ぶとなかなかカッコよかったり。


    イーグルを冠しているのに可変翼。でも地味にカッコいいですわ。


    【変形ギミック】
    機体底面。前輪を畳みます。


    腕と脚のロックを解除。ロックといってもプラの粘性を利用したタボがはまっているだけですが。


    膝と足首を展開。


    ・・・とくれば、変形玩具好きとしてはこの形態をやらないわけにはまいりません。


    全体を起こし、機首を畳みんで肩のブロックを倒せば変形完了。


    【スーパーロボット形態】
    全高約130mm。意外とまとまったスタイルです。拳に穴が空いているのに、武器が付属しないのが悲しいのです。


    頭部アップ。微妙なピンク色のワンポイント塗装がなんとも・・・。


    可動部分は肩の回転と、変形機構を兼ねた膝と足首のみ。股関節はロックされているため動かせません。


    1/144ガンダムとサイズ比較。

    シンプルな変形機構ながらも、手堅くジェット機とロボットの両形態がまとめられているのは、なかなかお見事です。エアクラフト用のグレー系で全塗装したら、結構カッコよくなりそう。暇なときにでもチャレンジしてみようかしらん。それにしても、こういったチープトイ系メカのデザインて、どういった人が手掛けているんでしょうね。興味が尽きません。


    人気blogランキング

    投票フォームはじめました 

    右端のメニュー欄に投票フォームを設置いたしました。
    完全に管理人の興味本位だけで設置したものですが、お付き合い頂けましたら幸いです。

    現在、「超合金魂」のお気に入りアイテムと、「炎神戦隊ゴーオンジャー」のお気に入り炎神の人気投票を開催中。どのような結果になるか、楽しみです。

    今後も、良いネタを思いついたら随時追加して行きたいと思います。





    [2008/11/15 01:13] その他 | TB(0) | CM(0)
    人気blogランキング

    DX炎神合体 キョウレツオー レビュー(その3) 

    Engine Combination Series 10-12 KYORETSU-OH (Engine Sentai Go-OnGer) Review #03


    【製品名】
     炎神合体シリーズ 10-12 DX 炎神合体 キョウレツオー
    【販売元】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2008年10月18日
    【価格】
     9,800円(税別)
    【スケール】
     合体時約1/186(G12玩具全高約500mm:設定全高93.0m)
    【登場作品】
     特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)

    前々回、前回に引き続いて、今回はエンジンオーG12(ジー・トゥエルヴ)への12体合体ギミックをご紹介します。

    キョウレツオーとエンジンオーG9との合体手順を以下に示します。

    【炎神合体】
    キョウレツオーの全身を写真のように分解します。


    続いて、G9の背中からジャンボエールとVシールドを取り外します。


    G9の両腕(ガンパード、バルカ)と、両足首(キャリゲーター+ジャンボエールのコンテナ)を取り外します。


    両足首にキシャモスのボディ(前部、後部)をそれぞれ取り付けます。


    左足首にガンパードとキョウレツオーの腰パーツを取り付けます。ガンパードの後輪は180度反転させた状態。この状態にしないと「小屋」に収まらないのです。


    同様に、右足首にバルカとVシールドを取り付けます。今年2月のエンジンオー発売以来未使用だった、Vシールド表面のジョイントが、ついに日の目を見た瞬間。


    エンジンオーの脚に両足首を合体。


    バスオンの頬のジョイントにキシャモス腰パーツのパネルを取り付けます。口が「わーい」って言ってるようで愉快。


    エンジンオーの左足側面に、キョウレツオーの右腕を取り付けます。


    反対側も同様に。これにてエンジンオーの未使用ジョイントは全て消化。嬉しいようでもあり、これでお仕舞いかと思うと少し寂しいようでもあり・・・。


    右腕にティラインを合体。


    左腕にはケライン。


    背中にジャンボエールを取り付け、


    キシャモスの頭部を被せます。


    キシャモス頭部の牙を下ろして、


    完成です。


    【エンジンオーG12】
    「全ての悪を制する究極の王」、エンジンオーG12。玩具全高は約500mm。設定全高は93mですので、約1/186スケールとなります。


    重量は3.2kgにもなります。もはや新生児の体重並み。間違いなく我が家で最大のロボット玩具。


    真横から。もはや何がなにやら・・・。マンモスとクジラの顔がシュール。


    ここまでくると、カッコいいとか悪いとかじゃなく、何といいますか、ただただ笑うしか。


    DX炎神大将軍、1/144ガンダムとサイズ比較。


    もちろん、エンジンオーと炎神大将軍は換装可能です。


    写真のように、炎神剣をティライン、ケラインにくわえさせることも。


    G12をエンジンオー、ガンバルオー、セイクウオー、キョウレツオーに分離。炎神大将軍も一緒に。


    更に各炎神に分離。総勢12体+3体の大所帯。12人といえばサッカーチームよりも大人数。バレーボールの試合もできるってもんです。

    恒例の合計金額(税別)の算出です。
    ・エンジンオー=6800円
    ・ガンバルオー=8000円(バルカ=2200円+ガンパード=2200円+キャリゲーター=3600円)
    ・セイクウオー=9900円(トリプター=2200円+ジェットラス=2200円+ジャンボエール=5500円)
    ・キョウレツオー=9800円
    ・エンジンオーG9=34500円(エンジンオー=6800円+ガンバルオー=8000円+セイクウオー=9900円+キョウレツオー=9800円)。
    因みに、炎神大将軍=6800円、全てあわせて41300円。ただただ笑うしか。あぁ、ゴローダーGTはどうしよう・・・。

    【オマケ】
    最後は、こちらも恒例となりつつあるステレオ写真(平行法)で。





    まさかこんなに大きく育つとは思っていなかった炎神合体シリーズ。ここまできたら、大将軍とゴローダーGTもくっつけて、ダイラガーXVの記録(15台合体)を打ち破って欲しかったところですが、これ以上はさすがに危険か(笑)。もはや何方にでもお勧めできる金額でもサイズでもなくなってしまったエンジンオーG12。このお祭りに参加したい方だけどうぞ。




    [2008/11/12 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(8)
    人気blogランキング

    DX炎神合体 キョウレツオー レビュー(その2) 

    Engine Combination Series 10-12 KYORETSU-OH (Engine Sentai Go-OnGer) Review #02


    【製品名】
     炎神合体シリーズ 10-12 DX 炎神合体 キョウレツオー
    【販売元】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2008年10月18日
    【価格】
     9,800円(税別)
    【スケール】
     合体時約1/186(玩具全高約295mm:設定全高55.0m)
    【登場作品】
     特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)

    前回に引き続いて、今回はキョウレツオー(ロボ形態)への合体ギミックをご紹介します。


    【炎神合体】
    キシャモスの全身を写真のように分解します。


    車体両サイドの動輪部分の変形。


    赤いパネル部分を折り返して


    前後のパーツを折り畳むと、腕パーツが完成。折り畳み前は前後のパーツに分かれていた親指とその他の指が、折り畳み後に掌を構成するのが素敵です。


    胴体パーツ前部から、


    頭部を起こして、後部パーツを取り付けます。


    キシャモス頭部パーツを取り付けて胴体部分の完成。


    ティライン&ケラインの顎を全開にして立てます。


    腰パーツに連結して下半身の完成。


    胴体部分を取り付けて、


    両腕を取り付けます。


    後方に折り畳まれた頭部の角を、左右に展開して完成。

    ゴーオンジャー系ロボの中でダントツの男前でございます。


    【キョウレツオー】
    キシャモス、ティライン、ケラインの古代炎神三体が合体した「強大な列車の王」=キョウレツオー。三体合体でありながら操縦者はレッド一人という贅沢な仕様です。


    真横から見たときの胴体のバランスがえらいことに。お腹も背中も重そうです。


    玩具全高約295mmに対し、設定全高は55mですので、約1/186スケールとなります。


    劇中と同様、キシャモスの鼻を展開することも可能。可動部分は両肩の回転程度です。


    【オマケ】
    DX炎神大将軍と。この二体、成型色や金色のカラーリングが共通していて、並べると良い感じなのです。まるで兄弟ロボのよう。


    次回は、エンジンオーG12への合体ギミックをご紹介いたします。がんばります。



    【巡回放浪記】
    以下の記事をご紹介頂きました皆様です。有難うございました。
  • 「DX炎神合体 キョウレツオー」レビュー


  • ガムの玩具店さん
    MAXファクトリー figma 中日ドラゴンズマスコット ドアラ(ホームver.) レビュー
    #ひいいい。シュールなレビューでございます。ほ、欲しい・・・。
    モンド of the Worldさん
    海洋堂 フロイライン リボルテック 011 もやしもん 長谷川遥 レビュー
    オーメン72さん
    SRWOG ヒュッケバインMk-III レビュー
    悠久なる雪月花さん
    BB戦士 ダブルオーガンダム レビュー
    アクシデンタル・トイさん
    S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカブト レビュー
    Escape to the Atmosphereさん
    #相互リンクのお申し入れ、有難うございました。今後とも宜しくお願いします。



    [2008/11/10 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)
    人気blogランキング

    DX炎神合体 キョウレツオー レビュー(その1) 

    Engine Combination Series 10-12 KYORETSU-OH (Engine Sentai Go-OnGer) Review #01



    【製品名】
     炎神合体シリーズ 10-12 DX 炎神合体 キョウレツオー
    【販売元】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2008年10月18日
    【価格】
     9,800円(税別)
    【スケール】
     合体時約1/186(キシャモス玩具全高約330mm:設定全高61.5m)
    【登場作品】
     特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)

    【パッケージ】
    箱のサイズは約410mm(H)×320mm(W)×100mm(D)。エンジンオー等の箱よりも二周りほど大きいですが、ハンドキャリーできるサイズではあります。



    【炎神キシャモス】
    第10番目の炎神。機関車+マンモスでキシャモス。全長約330mm。設定全長は61.5mですので、約1/186スケールとなります。



    前方二輪と最後尾の一輪は転がし可能。最後尾から二番目の車輪はダミーです。前輪の回転に連動してロッドが動きます。



    鼻部分は写真のように展開することも可能。



    本セットにはキシャモス用の炎神ソウルのみ付属。ティライン、ケライン用のソウルは付属しません。こちらは別売の「カンカンバー」に付属するそうです。

    中ボタン:お馴染みのソウルセット音。
    左ボタン:走行音。長押しで走行音繰り返し。
    右ボタン:汽笛+咆哮音。
    左右同時:必殺攻撃音。キシャモスの鼻を下に押さえ込むと同時押しになります。


    炎神ソウルは車両底面にセットします。



    正面、鼻の下のボタン2個でソウルのサウンドが鳴動。



    ソウルのボタンを押すと、鼻の上部の穴からLEDの発光が覗き見えます。



    【炎神ティライン & 炎神ケライン】
    こちらは第11番目の炎神。ティラノサウルス+ライナーでティライン。劇中の名乗りからして新幹線「のぞみ」がモチーフかと思われます。全長約175mm。



    外見えの車輪は全てダミーで、底面にダミーの転がし用車輪が付いています。



    続いて第12番目の炎神。トリケラトプス+ライナーでケライン。劇中の名乗りからして新幹線「ひかり」がモチーフのようです。全長約175mm。角は上下に可動。



    基本的な設計はティラインに準じます。



    両者とも顎をガバッと開くことも可能です。



    ティライン、ケラインとも、車両後部のハッチに炎神ソウルをセットします。



    ソウルの起動ボタンは写真のように車両の上下に配置されています。



    ソウルのボタンを押すと、車両側面の穴からLEDの発光が覗き見えます。




    【連結ギミック】
    列車型の炎神とあって、車体前後の連結器による連結遊びも可能です。



    連結時の全長は約660mm。長いなー、と思いきや・・・



    更なるツワモノがおりました(笑)。写真下はDXトラベリオン(魔法戦隊マジレンジャー)。全長約900mm。この玩具、大味でしたけど好きでしたわ。LED発光とかサウンド鳴動とか、共通点も多くて相性もよい感じ。



    嬉しいことに連結用のジョイントの径がピッタリなので、夢の両者連結も可能。全長約1440mm。堂々の1m越えです!但し、トラベリオンの手足の車両はクリアランスの関係で、炎神に直接連結することはできません(接合部分が若干浮いてしまうのです)。トラベリオン頭部の車両を介せば全く問題なく連結可能です。



    【オマケ】
    設定全長によるサイズ比較。手前は700系のぞみの先頭車両(27.35m)、奥はキシャモス(61.5m)、ティライン(33m)、ケライン(33m)。

    本編で地下鉄の線路を疾走する場面がありましたが、有り得ないサイズです(笑)。


    折角なので、キョウレツオーとトラベリオンとのロボ形態での背比べ。私の中ではトラベリオンの株がグッと上がった感じです。

    次回は合体ギミックを中心にご紹介いたします。お楽しみに♪





    [2008/11/06 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(5)












    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。