人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

ARL-99 ヘルダイバー リボルテック レビュー 

HELLDIVER (Mobile Police Patlabor) Revoltech Yamaguchi #040 Toy Review

【製品名】
 リボルテック(REVOLTECH) 040 ARL-99 ヘルダイバー
【企画・制作】
 株式会社海洋堂
【発売日】
 2007年12月15日
【価格】
 1,900円(税別)
【スケール】
 約1/69(玩具全高約115mm:設定全高7.95m)
【登場作品】
 TVアニメ「機動警察パトレイバー」(1989-1990年)
 劇場映画「機動警察パトレイバー the Movie」(1989年)

【パッケージ】
第二世代標準サイズのパッケージ。帯の情報はフロイラインリボルテック第一弾の「綾波レイ」、2008年1月15日発売の「劇場版イングラム1号機」「鉄人28号」。


【付属品】

・ヘルダイバー本体
・40mm連射機関砲
・コンバットナイフ(収納、展開、各1個)
・オプションハンド(右さし指、左開き手、左右武器持ち手)
・オプションヘッド(バイザー閉状態)
・オプションベース(支柱短付き)

【ヘルダイバー】
篠原重工八王子工場製造、陸上自衛隊機械化空挺師団所属の軍事用レイバー(出展:Wikipedia)。リボルバージョイントも含めてつや消し仕上げで小振りなアイテムながらに重量感があります。


【リボルバージョイント使用箇所】

・首:6mm2連
・肩、腰:8mm
・肘:6mm
・上腕部に左右ロール軸


・膝、足首:8mm
・脚部側面の開閉部分:6mm2連(後述)
・股関節に前後可動軸
・大腿部に左右ロール軸

【頭部アップ】
バイザーの開閉を頭部交換で再現可能です。写真上はバイザー開状態、写真下はバイザー閉状態。


【40mm連射機関砲】
右腕の丸穴に装着。コード部分は軟質パーツで、右脇腹の丸穴に差し込みます。左腕、左脇腹には丸穴はありません。写真右手は開き手に交換した状態です。


銃身がやや下に曲っているかも。機関砲は腕に取り付けた状態で箱に収められているので、こういうこともあるわけです。箱の裏側に入れておいてくれれば良いのに。


【脚部開閉ギミック】
脚部の"ショック吸収"ダイブブレーキは6mm2連ジョイントにより開閉可能。


ここらのジョイントの使い方は流石にこなれている感じがします。


【コンバットナイフ】
収納状態では腰側の穴にマウント可能。


展開状態。両状態とも左右武器持ち手に握らせることが可能です。


右さし指オプションハンドも付属。EVAで不評だったさし指には、海洋堂の執念を感じます。大丈夫、ヘルダイバーには似合ってますよ。


【サイズ比較】
単三電池と比較。ヘルダイバーのサイズは全高約115mm。設定状は全高7.95mですので約1/69スケールとなります。


ブライガーで遊んでいるうちに発売日が過ぎていたのをすっかり忘れていたヘルダイバーですが、小粒ながらにピリっとまとめられた良品という印象でございます。正直、さほどの思い入れはないのですが、無骨なカッコよさに思わずうっとり。やっぱりブチメカは立体映えして素敵です。

スポンサーサイト



人気blogランキング

銀河旋風ブライガー 群雄[合] レビュー(その3) 

GUN-U Galaxy Cyclone Braiger Toy Review #03

【製品名】
 群雄[合] 銀河旋風ブライガー
【製造・販売】
 株式会社やまと
【発売日】
 2007年12月1日
【本体価格】
 17,800円(税別)
【スケール(ブライサンダー形態)】
 約1/19(玩具全長約260mm:設定全長4.89m)
【登場作品】
 TVアニメ「銀河旋風ブライガー」(1981-1982年)

前回、前々回に続く群雄ブライガーのレビュー。最終回の今回はブライスターからブライサンダーへの組替え変形ギミックを中心にご紹介いたします。

【ブライスター形態から変形開始】
先ずは前回のブライスター形態。ランディングギアの収納状態から始めます。


機首、エアインテーク、主翼、尾翼を取り外します。


脚部正面のパネルを足裏側に回転。ここがテールランプになります。


腹部を取り除きます。かかと部分を後方に倒してバンパーに。


両サイドに開いた脚を一旦、元に戻します。


大腿部をまっすぐ股関節側に縮めて、膝パーツ(磁力で保持)を取り外します。


腰パーツと胸パーツをくっつけて、両腕を外します。


最大の余剰パーツであるボンネット部が登場。劇中では写真左のような感じで腕を折り畳むんでしたっけ。


ボンネット部分を合体。


両足サイドのカバー(磁力で保持)を外します。


ドアパーツと後輪パーツを取り付けます。ここまで弄ってい気付いたのですが、この組替え感覚はあれです、ムゲンバイン(笑)。


ルーフパーツを膝部分のマグネットにくっつけて、ブライサンダーと余剰パーツの山の出来上がり。


【ブライサンダー】
盛大なパーツ交換の甲斐あって、非常にカッコいいブライサンダーです。


側面から。ドアパーツ等に貼り付ける「ウルフのマーク」のステッカーも付属しますが、写真は未貼です。


後方から。でかいマフラーがアメ車チックで素敵です。


この形態で全長約260mm、全幅約120mm。このサイズのキャラクターものの自動車玩具というのは、珍しいかも。


ヘッドライト部分はクリアパーツ。


巨大なボンネットパーツのお陰で、このブライサンダー形態が、三形態の中で最も存在感があります。


裏面から。タイヤはゴムパーツで、転がし可能。


【サイズ比較】
今回もリボルテックよつば、魂ザブングル、単三電池と。


完全変形からは程遠い設計なのですが、メカ自体に思い入れがあると許せてしまうものです。割り切った設計のお陰で各形態ともプロポーションは良好ですし。などど言いつつ、もし超合金魂ブライガーが発売されたら、どんな無茶な設計になるのだろうかと興味は尽きませんが(可能性は極めて低いでしょうけど)。次の群雄[合]枠は「バクシンガー」だそうで。サイズはどうなるのか、バイクの車輪はやはり全て余剰パーツになるのか、といったところが気になります。

ブライガーの胴体にバクシンガーの頭を取り付け可能な「シークレットギミック」とかは要らないですよ>やまとさん

【関連商品を価格の安い順に検索】
  • 群雄 ブライガー


  • 【巡回放浪記】
    ガムの玩具店さん
    バンダイ HG 1/144 SVMS-01E グラハム専用ユニオンフラッグカスタム レビュー
    Pose & Gimickさん
    トランスフォーマー DVD スペシャルエディション オプティマス プライム BOX レビュー
    オーメン72さん
    ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 デスクトップマスコット 
    SR../Blood Zweiさん
    HCM-Pro 01-01 RX-78-2 ガンダム ニューマーキングバージョン レビュー
    ブログっぽいレビュー置き場さん
    MG ユニコーンガンダムVer,ka レビュー
    悠久なる雪月花さん
    映画「TRANSFOMERS」MD-08 スタースクリーム レビュー
    ひろくんと遊ぼうさん
    バンダイ キューティーハニーF(フラッシュ)レビュー



    人気blogランキング

    銀河旋風ブライガー 群雄[合] レビュー(その2) 

    GUN-U Galaxy Cyclone Braiger Toy Review #02

    【製品名】
     群雄[合] 銀河旋風ブライガー
    【製造・販売】
     株式会社やまと
    【発売日】
     2007年12月1日
    【本体価格】
     17,800円(税別)
    【スケール(ブライスター形態)】
     約1/102(玩具全長約290mm:設定全長29.7m)
    【登場作品】
     TVアニメ「銀河旋風ブライガー」(1981-1982年)

    前回に続いて群雄ブライガーのレビューです。今回はブライスターへの差替え変形ギミックを中心にご紹介します。本当はブライサンダーまで一気にご紹介するつもりでいたのですが、やはり師走は忙しくてなりません。。。

    【ブライガー形態から変形開始】
    頭部(磁力で固定)、両手首、膝の内側のフタを取り外します。


    ↓背中のブライスター機首パーツ(磁力で固定)、両肩のダクトパーツも取り外し。

    ↑取り外した部品たち。ブライスター機首パーツ以外は余剰パーツとなります。

    大腿部のみを内側に90度回転し、ダイデンジン式(って例えが古い)に両足をスライド。脚部正面のフタを開いた面に主翼パーツを取り付けます。


    足底のパーツを写真のようにひっくり返して、脚部正面側に折り畳み、尾翼を取り付けます。


    上下に分割されたコクピットパーツで胴体部分を挟み込みます(磁力で固定)。両肩にインテークを取り付けて、ブライスター機首部分を取り付けます。


    機首パーツ先端を取り付けて(磁力で固定)、機体底面の丸を付けた三箇所のカバーを外して、ランディングギアを取り付けて完成です。


    【ブライスター】
    全長約290mm、全幅約280mmと、非常に大柄です。


    真横から。


    後方から。パーツのポロリはありませんが、脚の付け根が少々ふらつく感じです。


    大気圏突入もこなす宇宙船形態とのことで。あの世界観ですから、大気圏なんてどうってことないでしょ(笑)。


    【サイズ比較】
    リボルテックよつばと魂ザブングル(1/144)、単三電池と。

    翼やダクトをちまちまと付け替える作業に、アオシマのイデオンで遊んだ頃の記憶が蘇ったり(笑)。次回は最も盛大なパーツ挿げ替えを誇る、ブライサンダーのご紹介です。

    【関連商品を価格の安い順に検索】
  • 群雄 ブライガー






  • 人気blogランキング

    銀河旋風ブライガー 群雄[合] レビュー(その1) 

    GUN-U Galaxy Cyclone Braiger Toy Review #01

    【製品名】
     群雄[合] 銀河旋風ブライガー
    【製造・販売】
     株式会社やまと
    【発売日】
     2007年12月1日
    【本体価格】
     17,800円(税別)
    【スケール】
     約1/130(玩具全高約250mm:設定全高32.4m)
    【登場作品】
     TVアニメ「銀河旋風ブライガー」(1981-1982年)

    完全変形バルキリーでお馴染みのやまと(YAMATO)社が、満を持して旗揚げした「群雄」シリーズ第一弾。放送から20余年、立体化の機会に恵まれなかったブライガーの投入とあっては、手を出さないわけにはいきません。差替え変形でブライガー、ブライサンダー、ブライスターの3形態を再現可能です。今回はロボ形態「ブライガー」を中心にレビューします。

    【パッケージ&付属品】
    力強いタッチのブライガーの顔がドーンと描かれたパッケージ。箱のサイズも相まって、インパクトがあります。


    箱のサイズは360mmx280mmx170mmと、超合金魂の大箱クラスです。一緒に写っているのは超合金魂ザブングル(1/144)とりボルテックよつば。初回特典として、ノンテロップのオープニングDVDが付属。音声はステレオでSE無しとなっています。金田アクション炸裂のOPは何度見てもカッコいいのです。欲を言えばエンディングも入れて欲しかった。


    内箱は二段重ねのブリスターになっています。個人的には両面開きの発泡スチロールよりも、こういう箱の方が好き。付属品は以下の通り。

    上段(写真左)
    ・ブライガー本体
    ・ブライソード
    ・ブライスピア
    ・ブライスピア用チェーン
    ・ブライカノン
    下段(写真右)
    ・ブライサンダー用差替えパーツ一式
    ・ブライスター用差替えパーツ一式
    ・ブライスピア用フック(チェーン取り付けに使用)
    その他、取説(モノクロ24頁)、ステッカー、初回特典DVDが付属。

    【ブライガー】
    過度な体型のアレンジはなく、設定画のイメージを尊重しながら、ちょっぴりスタイリッシュに仕上げた感じです。


    素材は基本的にプラで、一部、パーツの接合部分にマグネットを仕様。金属パーツは磁石の受け側に使われている程度です。


    頭部アップ。タラコ唇の表現は押さえ気味に。額部分はクリアパーツ。やや面長な感もありますが、私見では許容範囲。


    【可動範囲】
    首は仰角に二重関節になっていて大きく仰がせることが可能。肩ブロックは独立したカバーのような構造という解釈になっていて、ほぼ水平に開けます。肩の前後回転軸はクリックあり。


    肘は二重関節でクリック組み込み。上腕部分に左右ロール軸。爪は上2本が連動。下1本は手首の付け根と一体になっています。腰は写真の範囲でスイング可能(ふんどし部分が干渉します)。


    腰カバーは前後左右に開閉。最近のガンダムのような解釈になっています。


    脚はここまで大胆に可動。膝関節にはクリック組み込み。大腿部の股関節側と膝側に、それぞれ左右ロール軸。デザイン上の関係もあって、足首の可動範囲はあまり広くありません。


    こんなポーズも可能。総じて、可動範囲に大きな不満は感じません。


    【ブライソード】
    オープニングにも登場する剣です。


    刀身は無闇に長くなく、劇中のバランスに準拠しているようです。


    手首付け根のボールジョイントの保持力が弱く、武器の重さで手首が下向き加減になってしまうのが難。角度を選びます。


    【ブライスピア】
    長身の槍型の武器です。


    ソードもスピアも硬質パーツで成型されているので、歪みやへたりの心配はありません。


    スピアのシャフト部分は分解、組替えが可能で、写真のように一段取り除いて短くすることも可能。


    付属のチェーン(PE製。金属ではありません)とフックを取り付けた状態。


    意外と遊べるブライスピア。遊べるしカッコいいしで素敵です。


    【ブライカノン】
    写真のように背面のブライスターの機首部分の丸穴に差し込む形で、二丁背負わせます。


    銃身を伸ばして前方に倒し、グリップ部分を展開。


    「どっせーい!」と構えた姿勢が、らしくてカッコいいのです。


    銃身のスライド部分は「遊び」が大きく取られていて、フレキシブルに可動。但し、伸ばしきる途中や、前方に倒しきる途中の状態で保持することはできません。


    【サイズ比較】
    ブライガー形態での全高はトサカの先まで約250mm。設定上は全高32.4mなので、約1/130スケールといったところ。一緒に写っているのは超合金魂ザブングルと同イデオン。足元の電池は単三サイズ。


    思い切って完全変形を犠牲にした代わりに、アクションフィギュアとして、ストレスなく充分に遊べる造りになっています。もともとの設定からして非常に無理のある変形をするメカですので、このような方針で設計されたのは英断だと思います。次回は差替え変形ギミックを中心にレビューいたしますので、お楽しみに。

    ところで付属のパンフレットによると、群雄シリーズは今後、以下のようなカテゴライズで展開していくそうです。
    合:遊べる「変形・合体」シリーズ。ブライガーはこのカテゴリ。
    鋼:合金素材による巨大感、重量感を重視。グロイザーXを投入予定。
    動:手のひらサイズで可動とポージング重視。ゴーショーグン、ブライガーのシルエットと見られる試作写真あり。

    「動」はいかにもリボルテックの対抗馬という感じですね。こういった競争は消費者としては大歓迎。果たして価格帯やサイズをどの辺にもってくるのか、今後の動向に注目したいところです。

    【関連商品を価格の安い順に検索】
  • 群雄 ブライガー



  • 【巡回放浪記】
    「シューティングゲームヒストリカ」レビューをご紹介いただきましたサイト様、誠に有難うございました。
    TOYCANさん、ガムの玩具店さん
    KONAMI 天元突破グレンラガン ヨーコonMMS レビュー
    へたれ大Climax Fさん
    バンダイ HG 1/144 SVMS-01E グラハム専用ユニオンフラッグカスタム レビュー
    Pose & Gimickさん
    ミクロマン2007 時空警察ヴェッカーシグナ 時空刑事オリオン&オニグモ レビュー
    オーメン72さん
    ガンダム一番くじ こんなものHUB賞 テム・レイのパーツ型HUB レビュー
    #ぎゃははははは。なんじゃこりゃ!相変わらず良いネタをお持ちで。
    SR../Blood Zweiさん
    海洋堂 リボルテック 040 ヘルダイバー レビュー
    悠久なる雪月花さん
    映画「TRANSFOMERS」MD-06 ディセプティコンパワーアップVT6 レビュー



    人気blogランキング

    シューティングゲームヒストリカ レビュー  

    Shooting Game Historica Toy Review

    【製品名】
     シューティングゲームヒストリカ
    【製造・販売】
     株式会社ユージン
    【発売日】
     2007年11月
    【価格】
     各300円×6種×2バージョン(カプセルトイ)
    【登場作品】
     ビデオゲーム「R-TYPE FINAL」(2003年 アイレム)
     同「イメージファイト」(1988年 アイレム)
     同「グラディウス2」(1987年 コナミ)
     同「グラディウスV」(2004年 コナミ)
     同「ダライアス」(1986年 タイトー)

    【シューティングゲームヒストリカとは?】
    ビデオゲーム史の一時代を築いた、シューティングゲームのプレイヤー機を設定に忠実に再現した、ミニチュアモデルです。幾多もの激戦をくぐりぬけた、歴戦の名機たちの雄姿が、いま手のひらの上に蘇ります!!」
    ~付属の説明書より~

    当初のアナウンスでは全6種とのことでしたが、発売直前に6種×墨入れ有・無の2バージョン、計12種に変更になったそうで、取扱店ではちょっとした混乱状態になっていたとか。

    【R-9A ARROW-HEAD(アロー・ヘッド)】
    プレイステーション2版「R-TYPE FINAL」より。写真は墨入れ無しバージョン。フォースとビット×2が付属。コックピット部とフォースとビットの中央部にクリアパーツを使用。


    軟質パーツの本体を軸に、スタビライザなどの薄いパーツは硬質プラで成型され、接着されています。歪みのない鋭利な造型は大歓迎なのですが、カプセルへの詰め方が悪いと、プラ部分がしなってしまたり、折れてしまったりで難あり。


    フォースとビットを外した状態(スタンドは後述のシルバーホークのものを使用)。アイレムメカ特有の「ゴチャっ」とした感じが再現されていて素敵です。


    フォース射出。ところでこのスタンド、組み立てが結構ややこしいのですが、説明書には組み立て手順の説明や、組み立て後の写真が載っていないのです。これはいかがなものかと…。


    フォースをお尻にくっつけた状態も再現可能。


    【OF-1 DAEDLUS(ダイダロス)】
    アーケードゲーム「イメージファイト」より。写真は墨入れ無しバージョン。ポッド×2が付属。コックピット部とポッド中央部にクリアパーツを使用。


    機体上部と下部の尾翼3箇所はプラ製。機銃部分は軟質パーツになっています。


    ポッドを取り外した状態。コックピット部は一発成型のため気泡が入ってます。


    ポッドは左右に旋回可能。スタンドのアーム部分の左右が短いので、機体外周にポッドを回転させることはできません。


    【METARION(メタリオン)】
    MSX版「グラディウス2」より(グラディウスIIとは別のゲームです)。写真は墨入れ無しバージョン。ロードブリティッシュではなく、あえてメタリオンでくるあたり、渋いチョイスです(笑)。


    オプション×1が付属。コックピット部とオプションにクリアパーツ。尾翼部分や機銃部分はプラ製。機首部分は軟質パーツなので、歪んだりしなったり。ここはプラ製にして欲しかったなぁ。


    【VIC VIPER T301(ビックバイパーT301)】
    プレイステーション2版「グラディウスV」より。写真は墨入れ無しバージョン。こちらもオプション×1が付属。主翼、尾翼、ミサイル先端部分はプラ製。コックピット部とオプションにクリアパーツを使用。機首部分は軟質パーツ。


    ミサイルはポロポロと外れがちなので、接着することをお勧めします。


    オプションなし状態で一枚。


    ファミコン版とか。


    【SILVER HAWK(シルバーホーク) プロコ機】
    写真は墨入れ無しバージョン。説明書には「ダライアス外伝」のロゴがあるのに、「初代ダライアスのデザインをもとに立体化しています」という謎仕様。発売間際のアソート変更の件といい、制作サイドがなんかドタバタしていたんでしょうか。付属オプションはなく、機銃4門、尾翼、機体後部のフィンがプラ製。コックピット部分はクリアパーツ。


    非常にシャープでカッコいいのですが、何しろ部品がよく外れますので接着必須。細かなパーツが多くてプラモデル感覚。


    背面のゴチャゴチャ感がもう…くぅ~!



    【SILVER HAWK(シルバーホーク) ティアット機】
    コイツだけ墨入れありバージョン。


    プロコ機の色違いで、造型の差異はありません。


    「PROCO」「TIAT」を逆から読むと…ってネタは若い人は知らんでしょう。


    細かいことを色々と書きましたけど、思い入れのある機体ばかりですので、総合的には大満足。コイツらの立体ものが纏めて手に入るなんて、ユージンさん、夢を有難う(笑)。来年2月には「シューティングゲームヒストリカSP」という箱売り形態になるそうで。墨入れバージョンのみで構成され、ビックバイパー以外は全て色変え有りになる模様。価格も350円に値上げされるようなので、品質向上が望めるかも知れませんが、ちょっと売り方がアレですね…。

    第二弾があるとしたら「ソルバルウ」「オパオパ」「雷電」「メタルスラッグ」あたりを是非…。

    【関連商品を価格の安い順に検索】
  • シューティングゲームヒストリカ




  • 人気blogランキング

    RX-78-2 ガンダム エスディーアーカイブ レビュー  

    SD Archive #01 RX-78-2 Gundam Toy Review

    【製品名】
     エスディーアーカイブ 01 RX-78-2 ガンダム
    【製造・販売】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2004年
    【価格】
     1,200円(税別)
    【登場作品】
     TVアニメ「機動戦士ガンダム」(1979-1980年)

    秘密の倉庫から、またまた微妙なアイテムを掘り当てましたよ。今回は「エスディーアーカイブ」シリーズの01番「ガンダム」のご紹介です。ちょっと頭身が高めのSDガンダム玩具。全高約105mm。


    可動範囲はざっとこんな具合。膝が固定だったり、足首が横ロールのみで前後に殆ど動かなかったりと、下半身の可動範囲が狭いのが難です。


    ミニサイズながらコア・ファイターも付属。


    コアブロック・システムもきっちり再現。素敵です。


    ビームライフルとシールドを装備。手首は武器持ち用のみで、オプション手首はありません。


    ビームサーベルは2本付属。背中のサーベルのグリップは固定されています(危うくむしり取るところでした)。


    ハイパー・バズーカも付属。


    シールドとバズーカは背面にマウントすることが出来たりして、そつのない作りです。


    個人的に結構ツボな、お子様向けガンダム玩具。このシリーズ、Gガンダム系やGP-01,GP-02あたりも発売されたみたいなのですが、セールス的に振るわなかったようで、「アーカイブ」とは名ばかりの短命シリーズに終ってしまったようです。個人的に、ネジ穴のあるガンダム玩具を見ると、心ときめいてしまったりするんですが、やはりこういうのは少数派なんでしょうね(苦笑)。


    【巡回放浪記】
    「キャラウィール マシンハヤブサ&98式特型指揮車」レビューをご紹介いただきましたサイト様、誠に有難うございました。
    ガムの玩具店さん
    バンダイキャンディトイ ミニプラ サイダイオー レビュー
    かときちのきままなたわごとさん
    EX合金 ロボ師WORKS マジンガー1969 レビュー
    欲しいと思ったら買い時!さん
    バンプレスト 0083カードビルダーDX ガールズフィギュア レイコ レビュー
    何て不敵にオタLIFEさん
    DC Direct World of Warcraft / Undead Warlock:MERYL FELSTORM レビュー
    TOYCANさん
    水晶聖闘士(クリスタルセイント)聖闘士聖衣神話 レビュー
    オーメン72さん
    シャア専用携帯SH913G レビュー
    #色んな意味で凄いアイテムです。わらかして頂きました。
    SR../Blood Zweiさん
    バンダイ ゆるキャラ豆図鑑 レビュー
    #こちらもいろんな意味で凄いです。なになに?皆さん今週はこういう流れ?(^^;
    ブログっぽいレビュー置き場さん
    SRWOGFAF グランゾン 最強造形2007冬Ver.
    ひろくんと遊ぼうさん
    コトブキヤ S.U.G.O.I アクションフィギュア  「魔道王グランゾート」 レビュー

    【関連商品を価格の安い順に検索】
  • HCM-Pro

  • GUNDAM FIX FIGURATION




  • 人気blogランキング

    CW28:マシンハヤブサ、CW29:98式特型指揮車 レビュー 

    CharWheel Machine Hayabusa & Special Control Vehicle Type-98 Toy Review

    【製品名】
     キャラウィール(CW28) マシンハヤブサ
     キャラウィール(CW29) 98式特型指揮車
    【製造・販売】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2002年6月
    【価格】
     各600円(税別)
    【登場作品】
     TVアニメ「マシンハヤブサ」(1976年)
     TVアニメ「機動警察パトレイバー」(1989-1990年)

    【マシンハヤブサ】
    西園寺レーシングチーム所属の隼剣が駆る、キャバリーエンジン搭載のレースマシン。全長6.5m、全幅2.9m、最高時速1000km/h。


    キャラウィールでは写真のV1エンジン搭載版とV3エンジン搭載版の二種類が発売されました。車体後部のロケット部分がV1では1本、V3では3本と増えていきます。たしか本編ではV5まで行ったんでしたっけ。


    【98式特型指揮車】
    四菱開発の警察車両。パトレイバーAV-98イングラムへの指揮、およびバックアップを行うために特車二課に配備された車両。全長3.45m、全幅1.62m。


    車体後部のアンテナ部分とサイレン部分が軟質パーツで成型されているのですが、経年変化で色が黄ばんできました。悲しい。


    【関連商品を価格の安い順に検索】
  • キャラウィール


  • 【巡回放浪記】
    「リボルテック ダンボー」レビューをご紹介いただきましたサイト様、誠に有難うございました。
    欲しいと思ったら買い時!さん
    海洋堂 REVOLTECH リボルテック・ダンボー レビュー
    Pose & Gimickさん
    ミクロマン 時空警察ヴェッカーシグナ オニグモ レビュー
    TOYCANさん
    リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン レビュー
    オーメン72さん
    S.I.C.匠魂 サイクロン2号 レビュー
    SR../Blood Zweiさん
    ハイパーホビー誌上限定 リボルテック 037 真ゲッター1 ブラックVer. レビュー
    ブログっぽいレビュー置き場さん
    群雄【合】 銀河旋風ブライガー レビュー
    イヤです!絶対イヤです!さん
    メガハウス Action Works 宇宙刑事ギャバン レビュー
    ひろくんと遊ぼうさん
    #遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。



    人気blogランキング

    よつばと!ダンボー リボルテック レビュー 

    Revoltech Danbord Review

    【製品名】
     リボルテック ダンボー
    【企画・制作】
     株式会社海洋堂
    【発売日】
     2007年12月1日
    【価格】
     2,100円(税別)
    【登場作品】
     「よつばと!」(2003年3月~ 月刊コミック電撃大王連載)
     よつばとスタジオHPで、ダンボー登場回の第28話「よつばとダンボー」を無料公開中(2007年12月1日現在)。太っ腹ですねぇ。

    【パッケージ】
    いつものリボルテックと異なる、ダンボールっぽい色の箱。天面にはダンボーの顔の形に穴が空いていたりして可愛いのです。


    【セット内容】

    ・ダンボー本体
    ・交換用顔パーツ(みうら)
    ・上記パーツ用の8mmジョイント
    ・専用ベース
    ・テスト用電池(LR44)

    【ダンボー】
    エッジ部分の微妙な吹き付け塗装により、ダンボール箱の質感が良い具合に再現されています。全高約130mmと、リボルテックアイテムとしては平均的なサイズながら、巨大な頭部のお陰でボリュームがあります。


    【分解・・・】
    頭部底面に10mmジョイント。購入時には発光ギミック(後述)用のボタン電池収納部分に、絶縁シート(丸で囲んだ部分)が挿入されていますので、取り除くのをお忘れなく。


    胴体部分。スカート(?)のひらひらは前後のみ可動。左右は固定。


    両肩、両足付け根部分にそれぞれ10mmジョイント。肩にはリボルバージョイントを覆うパーツがついています。


    【可動・・・】
    可動範囲はこんな具合です。今回、なんともレビューしにくいです(笑)。


    専用ベースと。毎度のことながらリボルテックの専用ベースの色調はセンスが良いです。素敵。


    足底には、ベースに固定するための穴があります。


    【発光ギミック】
    リボルテック初の発光ギミックは、よりによってコイツに!(笑)頭部側面のスライドスイッチを下げると、両目が発光します。狂おしいほど素敵。発光ギミックとテスト用電池でプラス200円と考えると納得価格。


    【交換用顔パーツ】
    ダンボーの中の人「みうら」ちゃんの頭部が付属。頭だけなのが勿体無いほど、きちんと出来てます。


    よつばには内緒です。


    【以下適当に・・・】
    リボルテックよつばと。


    ダンボーは「よつば」のお隣さんの小学生が、夏休みの工作でこさえたもの。そういえば私も、夏休みの工作で無意味な発光ギミックとか、よく仕込んでました…。



    教育テレビ発の箱ロボットと。

    【サイズ比較】
    よつばとみうらの肩の高さが殆ど同じということは、実際の対比よりもやや小さめなのかも知れませんね。まぁ、あまり大きく作られても、ねぇ。


    トロ、クロ、よつばに続く緩系アイテム。毎度毎度、楽しませてくれますね。このテイストで、リボルテック「ガンバの冒険」とか展開してくれないかしらん。何の躊躇もなく一気に7匹買い揃えてしまいそう…。



    【巡回放浪記】
    「BRAVE合金ゴーショーグン」レビューをご紹介いただきましたサイト様、誠に有難うございました。
    ガムの玩具店さん、かときちのきままなたわごとさん
    REVOLTECH 真ゲッター1 [ブラックカラーVer.] レビュー
    へたれ大Climax Fさん
    バンダイ HG 1/144 MSJ-06Ⅱ-A ティエレン地上型 レビュー
    Pose & Gimickさん
    トランスフォーマー オートボット アーシー レビュー
    ブログっぽいレビュー置き場さん
    超合金魂 バイカンフー レビュー
    #このクオリティで、是非ともゴーディアンを…。















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。