人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

トイフル おでんくん レビュー 

株式会社ラナから2005年に発売された「トイフルおでんくん」。NHK番組"天才ビットくん"の人気コーナー「おでんくん」に登場するキャラクターの、ゆらゆら首ふりマスコットです。身長60-70mm程度で、一個280円(税別)。質感は悪くありません(というか、あまり細かい部分の造型を云々する性質の品ではありませんね)。ノーマル6種(写真)の他にシークレット1種あり。残念ながら管理人はシークレットは持っていないんデスティニー(泣)。






【関連商品】
DVD リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX <送料無料>
DVD リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX 2 <送料無料>
東京タワー
スポンサーサイト



人気blogランキング

News:超合金魂 レオパルドン&スパイダーマン 

こちらもいよいよ画像が公開され始めたみたいです。東映版スパイダーマンは版権がらみで何かともめ続けていたようですので、今回の超合金魂化はバンダイも相当頑張ったのでは。「この機会に出せるモンは出しちまおう!」てな調子で、ソフビ魂のスパイダーマンとポピニカのGP-7も付属する豪華仕様。隠れキャラウィールファンの管理人には嬉しい限り(^^;

にしても、最近のバンダイの勢いって、一体どうしちゃったんでしょうね(嬉)。

【関連商品】
超合金魂 レオパルドン&スパイダーマン(仮予約)



[2006/05/29 23:26] ニュース | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

ガシャポンEX スーパー戦隊ロボット列伝 レビュー 

1999年に株式会社バンダイより発売された、ガシャポンEXシリーズの「スーパー戦隊ロボット列伝」です。当時価格で1個300円。古い品ではありますが、出来はなかなか。

【バトルフィーバーロボ】

バトルフィーバーJ(1979年)に登場した、戦隊モノ初の巨大ロボット。超合金魂版の発売も記憶に新しい、比較的"旬"なアイテムです。あ、鼻が赤い。

【ダイデンジン】

電子戦隊デンジマン(1980年)に登場した、戦隊モノ初の変形ロボです。こちらも超合金魂化されるとか、されないとか。真偽のほどは?放送当時、どこぞの雑誌で変形して何故かガンダムになるネタを見かけた記憶が・・・(笑)。

【サンバルカンロボ】

太陽戦隊サンバルカン(1981年)に登場した、戦隊モノ初の合体ロボ。最近、プラモデルが再販されたみたいですね。猫耳がかわいらしい(笑)。放送当時、小学校の傍に住んでいた怖いおばさんのあだ名が「ジャガーバルカン」だったことを、ふと思い出しました。変な名前で呼んでごめんなさい。

【ゴーグルロボ】

大戦隊ゴーグルファイブ(1982年)に登場。ガンダムブームに飲み込まれていたためか、このロボには特に思い出がありません。デザイン的にはなかなか格好良いですね。こちらも最近、プラモデルが再販されたみたいです。

【ダイナロボ】

ワイヤーアクションと色とりどりの爆発が懐かしい科学戦隊ダイナマン(1983年)に登場。なぜか嫁さんはダイナマンが大好きだったらしい。台所で「ダイダイダイダイダイナマーン♪」とか歌いながら、夕飯の支度をするのは止めて欲しい・・・。


全機並べるとなかなか壮観です。最近では「超造形魂スーパー戦隊ロボアーカイブス」という、更に出来の良い製品も販売されているようですが、ラインナップとしては、「スーパー戦隊ロボット列伝」の方が嬉しいお年頃。超合金魂で上の写真を撮れる日は、果たしてやって来るのでしょうか・・・?


【関連商品】
【バンダイ】超造形魂 スーパー戦隊ロボアーカイブス1:BOX《再販》
バンダイ: 魔法戦隊マジレンジャー: 伝説合神 DXマジレジェンド
轟轟合体DXダイボウケン(轟轟戦隊ボウケンジャー)



人気blogランキング

ドラゴンレーダー ポータブル 



プレステ2ソフト「ドラゴンボールZ3」の予約特典らしいのですが、なぜだか近所の店で売られていました。ボタンを押すと4つの黄色いライトがぐるぐると光だし、ルーレットのように1箇所に止まる、というだけのものです。あはははははは。




人気blogランキング

鋼鉄の戦騎 デュエルナイツ レビュー 最終回 

カバヤ食品株式会社の食玩「鋼鉄の戦騎デュエルナイツ」最終回。全5種を集めるとパーツ換装で様々な機体を組み立てることが出来ます。下は公式仕様の「フルアーマーブルーナイト」。ちょっと脚が寂しい感じもしますが、なかなか格好良いです。


シルバーナイトを軸にした「ケンタウロスモード」。公式仕様ではブルーナイトを軸にして、レッドナイトの腕を付けて・・・と色彩に統一感が無いため、一部アレンジ。やはりシルバーナイトが格好良いです。色彩も銀色ベースで統一されて良い感じです。


残ったパーツで試行錯誤。レッドナイトとレッドホークによるケンタウロスもどきの出来上がり。実はちょっとズルしてるんですけどね。ま、雰囲気、雰囲気・・・。


以上、往年のジョイントロボの再来を思わせるデュエルナイツを6回に渡って紹介させて頂きました。個々のロボのデザインは秀逸で、パーツ換装もなかなか夢中にさせてくれるのですが、やはり最重要ポイントであるジョイント部分がユルユルなのが辛いところですね。小さな子供に与えたら、あっという間に腕が無くなり、脚が無くなり・・・ってなことになりそう。この点さえ改善されれば、声を大にしてお勧めできるんですけどねぇ・・・。

【関連商品】
【5月16日新発売】カバヤ 300デュエルナイツ 5入
【5月16日新発売】カバヤ 300お部屋DEリラックマ 5入
カバヤ 300ケイワンファイターズ 5入



人気blogランキング

鋼鉄の戦騎 デュエルナイツ レビュー#5 レッドホーク 

カバヤ食品株式会社の食玩「鋼鉄の戦騎デュエルナイツ」より、No5.「レッドホーク」です。


こちらもナイト系とは完全別造型。射撃と空中戦を得意とする、ラスボス扱いの機体のようです。武器は「ホークライフル」。唯一の飛び道具使いということもあり、他の機体とは相容れないデザインになっています。尻尾のように見えるのは「伝説の剣」で、ヒップアタック時に威力を発揮します(後半嘘)。

以上で全種紹介完了です。疲れた身体に鞭打って、いよいよ「伝説の鎧フル装備」!といきましょう。

【関連商品】
【5月16日新発売】カバヤ 300デュエルナイツ 5入
【5月16日新発売】カバヤ 300お部屋DEリラックマ 5入
カバヤ 300ケイワンファイターズ 5入



人気blogランキング

鋼鉄の戦騎 デュエルナイツ レビュー#4 シルバーユニコーン 

カバヤ食品株式会社の食玩「鋼鉄の戦騎デュエルナイツ」より、No4.「シルバーユニコーン」です。


ナイト系の機体からのパーツの流用は一切無しの、別造型。設定上では槍攻撃と高機動性を活かした機体とのこと。武器は「シルバースピアー」。このような直立姿勢の馬型ロボットというのは珍しいのではないでしょうか。


この機体のみ、組替え変形により「ユニコーンモード」への変形が可能です。が、例によってジョイントが頼りないため、ふらふらで今にも倒れそうな状態です。尚、「伝説の兜」が付属しているのですが、形状の関係でシルバーユニコーン自身に装着することはできません。


【関連商品】
【5月16日新発売】カバヤ 300デュエルナイツ 5入
【5月16日新発売】カバヤ 300お部屋DEリラックマ 5入
カバヤ 300ケイワンファイターズ 5入



人気blogランキング

鋼鉄の戦騎 デュエルナイツ レビュー#3 シルバーナイト  

カバヤ食品株式会社の食玩「鋼鉄の戦騎デュエルナイツ」。今回はNo3.「シルバーナイト」をご紹介します。


素体は先にご紹介したブルーナイト、およびレッドナイトの色違い。嫌味になりがちな金銀の塗装ですが、落ち着いた感じに仕上がっています。設定上は、弓攻撃を得意とする長距離戦闘用の機体、ということになっています。


武器は「シルバーボウガン」。デザイン的に主役機であるブルーナイトを完全に凌駕しているように思うのですが、いかがでしょうか?名物「伝説の鎧」は、左肩用のショルダーアーマー。身体に似合わぬ大きな武装が勇ましいシルバーナイトなのですが、各部ジョイントが緩めで、取り扱いに苦労します。木工ボンドで補強してはみたものの、まだまだですね・・・。

【関連商品】
【5月16日新発売】カバヤ 300デュエルナイツ 5入
【5月16日新発売】カバヤ 300お部屋DEリラックマ 5入
カバヤ 300ケイワンファイターズ 5入



人気blogランキング

News:SIC匠魂SPECIAL 

どうやら「S.I.C匠魂SP」のラインナップが確定したみたいです。

・レッドハカイダー
・ブルーハカイダー
・シルバーハカイダー
・ハカイダーバイク(レッド、ブルー、シルバーの3種)
・キカイダー(パーフェクトバージョン)+サイドマシーンA
・ビジンダー(立ちポーズ)+サイドマシーンB
・仮面ライダークウガ(アルティメットフォーム)

ダブりを引きまくりそうな予感・・・。
9月下旬発売予定。税込み定価525円。


【関連商品】
【バンダイ】S.I.C. 匠魂SP :BOX
S.I.C./ 匠魂 SP: 12個入りボックス
S.I.C. 匠魂SP(1BOX)



[2006/05/25 22:31] ニュース | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

鋼鉄の戦騎 デュエルナイツ レビュー#2 レッドナイト 

カバヤ食品株式会社の食玩「鋼鉄の戦騎デュエルナイツ」。今回はNo2.「レッドナイト」をご紹介します。


素体は前回ご紹介したブルーナイトの色違い。カラーリングと頭部、武器の違いだけで随分と雰囲気が変わるものですね。近接格闘戦を得意とする、力自慢の機体という設定らしいです。


武器は「アイアンバット」。なんとストレートなネーミングでしょう(笑)。ちょっぴりスタイリッシュな赤鬼という印象ですね。本機にはブレストアーマーが付属しています。


ところで、今回からブログのテンプレートを変更しました。見やすくなりましたでしょうか・・・?

【5月16日新発売】カバヤ 300デュエルナイツ 5入
【カバヤ食品】食玩/オシャレ魔女ラブとベリーワッペンシール(シール)'06年6月発売
カバヤ 300ハイパーギャラクシー 5入]



人気blogランキング

鋼鉄の戦騎 デュエルナイツ レビュー#1 ブルーナイト 

カバヤ食品株式会社より、5月16日に発売されたばかりの食玩「鋼鉄の戦騎デュエルナイツ」。税込み定価315円で全5種リリースされています。今回はNo1.「ブルーナイト」をご紹介します。



食玩オリジナルのロボとは思えない秀逸なデザイン。原型制作はボークス(VOLKS)の造型村によるものです。なるほど言われてみれば、なんとなくモーターヘッドっぽい感じもするようなしないような(笑)。本体のあちこちに見える穴は、全機共通のジョイント(約2mm径)になっており、武器や手足などのパーツを好きなように組み合わせることができます。各機には伝説の鎧(ちょっと恥ずいネーミング…)が分割されて付属しており、全機集めれば伝説の鎧フル装備が可能となります。ブルーナイトの場合は右肩のショルダーアーマーが付属しています。



この商品、販売店が限定されているようで(コンビニ販売はないとか?)、自宅周辺での購入は困難と判断し、大人しくネット通販でフルセット購入してしまいました。あちこち探し回る時間と労力を考えれば、送料も安いものです。残り4機についても追ってご紹介していきたいと思います。どれもこれも造型や塗装には文句無しのデキなのですが、総じてジョイント部分が緩めなのが玉に瑕。撮影の前に、木工ボンドでせっせと補強しておかなくては・・・。

【関連商品】
【5月16日新発売】カバヤ 300デュエルナイツ 5入
【カバヤ食品】食玩/オシャレ魔女ラブとベリーワッペンシール(シール)'06年6月発売
カバヤ 300ハイパーギャラクシー 5入



人気blogランキング

メカアクションシリーズ アザルトガリアン レビュー 

2005年にCM's(有限会社シーエムズコーポレ-ション)より発売されたメカアクションシリーズ。「機甲界ガリアン」より、アザルトガリアンです。

【ガリアンの目覚め】

先日のゴッドライジンオーに続く、メカアクションシリーズの紹介となるわけですが、今回のガリアンも実に惜しいことになっています。プロポーションや色彩や可動範囲については目立った問題はないのですが、脚の付け根、つまりビックファルコン(ぶっちゃけガウォーク)形態で鳥脚の付け根になる部分の保持力が非常に弱く、すぐにお辞儀をしてしまいます。 鞭状態のガリアンソードの表現などはなかなか良い感じなのですが・・・。(因みに写真にはありませんが、ガリアンソードは剣になった状態の別パーツも付属しています)。

【火を噴く重装改】

重装改、自走改(箱ではストライクビーグルと表記。ビークル"vehicle"の誤記?)、飛装改(パンツァーファルコン)も再現可能。剣と銃の握り手、左手の平手、自走改用の銃座なども付属。ノーマルカラー(写真)の他に、限定版メタリックカラーも併売されていたようです。返す返すも、脚の付け根のブラブラが悔やまれます。

REVOLTEC(リボルテック)で発売されないかなぁ。リボルバージョイントを使えば、鳥脚がヘタることもなさそうです。変形も極々単純なものですし、合体もリボルバージョイントを引っこ抜く程度のもんですし、高橋良輔つながりだし・・・。いかがでしょう、海洋堂さん?

ところで、昨晩あたりからアクセスカウンタが急激な延びを示しているのですが、これも「超合金魂ボルテスV」のお陰でしょうか。ボルテス好きな皆さんとVトゥギャザー!!

【関連商品】
CM's 【塗装済み完成品フィギュア】「ガリアン 重装改 (機甲界ガリアン)」
★送料無料! 機甲界ガリアン DVDメモリアルボックス<フレッシュマンセール 28%OFF!>
リボルテック/ OVERMAN キングゲイナー: キングゲイナー



人気blogランキング

超合金魂 ボルテスファイブ レビュー 【レッツ・ボルトイン編】 

Voltes V GX-31 Soul of Chogokin Review

発売したての超合金魂ボルテスV(ボルテスファイブ)。本編「超電磁マシーン ボルテスV」の合体バンクを再現してみました。少々苦しい部分もありますが、暖かい目で見てください(^^;

[前奏]たとえ
嵐が吹こうとも
たとえ
大波荒れるとも
漕ぎ出そう戦いの海へ
飛び込もう戦いの渦へ
見つめ合う
瞳と
瞳 ぬくもりを
信じあう
五人の仲間
ボルテス
ファイブに
全てを
賭けて
やるぞ力の
尽きる
まで
地球の夜明けは
もう近い  「ボールテース」
「ファーァァァイブ!!」




このツーショットを何十年待ち焦がれたことか・・・。感無量です。
あ。ついでにいつもの電池とも比較(笑)。


【関連商品】
少年の心を持った大人たちへ・・・超合金魂 GX-31 ボルテスV【送料無料】
超合金魂 GX-03 コンバトラーV (再販)
【バンダイ】超合金魂ガンバスター



人気blogランキング

超合金魂 ボルテスV レビュー 【ココがダメ編】 

Voltes V GX-31 Soul of Chogokin Review

本日発売の超合金魂 超電磁マシーン ボルテスV(ファイブ)。公式サイトでは明日発売予定になっていますが、大手カメラ店などは揃って本日、店頭に並べられていたようです。クオリティの高さは多くのサイトで取り扱われることと思いますので、ここでは敢えて、購入直後に一通り弄ってみて気になった点を中心に挙げていきたいと思います。尚、管理人GahHooは決してアンチはありませんのでお間違えの無きよう。玩具自体の出来には概ね満足した上でのレビュー/レポートとしてお読み下さい。


【ボルト・クルーザー】
今回は全体的に、可動部分の保持性に首を傾げたくなる箇所が多いです。クルーザの場合、ボルテス頭の形態では頭部をせり出した位置でクリック感があり、固定されるのですが、クルーザー形態では機首が伸びきらず、機体前部と後部がパチっと止まりません。また、耳の部分からミサイルのような突起がスライドして出てくるのですが、これも機首を下に向けると勝手に出てきて、上に向けると引っ込むような造りになっています。伸ばしきった状態では写真右下のようにダラリと力なく下に向いてしまいます。尚、全5機中唯一、コックピットにアカレンジャーが乗っています。


【ボルト・ボンバー】
ポピニカ版よりもぐっと劇中のイメージに近づきましたが、ボンバー形態でのバランスを重視したためか、ボルテス形態での腕が少々短めになってしまっています。腕の赤い部分は二重関節になっていないため、残念ながらポピニカ版のように重戦車(グランダッシャーもどき)形態への変形は行えません。また、尾翼(写真左下)はスラ~っと差し込んであるだけで頼りないです。ボルテス形態でも後方にぶらぶら下がっている感じで、もう少し何とかならなかったものかと感じます。


【ボルト・パンザー】
アームはポピニカ版のような折りたたみ構造ではなく、伸縮式。TV版に準拠しているのでしょうか?本機キャタピラの縦方向への伸縮が行えないことも、重戦車への変形が行えない一因になっています。コックピットを引き出す際には前部の小さな蓋(写真左下)を開け、ここに爪を引っ掛けるようになっています。少々洗練されていない感は否めませんね。尚、合体時のパンザーとフリゲートのコックピットの位置関係の緻密な設計には感動しました。よく収めたなぁ・・・コレ。


【ボルト・フリゲート】
アンテナ部分は中央の写真の位置までしか収納されません。軟質素材で成型されているとはいえ、不意に掴みがちな箇所なので少々ハラハラします。合体時に後ろに倒れてもキャタピラで支えられて、折れることは無いかも知れませんが、それでも心配になっちゃいます。脚はコンバトラーVよりも格段に良く動くようになりました(写真下。ちょっとエッチ?)。股関節は鉄人28号のように軸ごと引き出せるようになっており、大きな可動範囲が確保されています。長年の課題であった箱型ロボットの股関節構造の、一応の解決を見た気がします。


【ボルト・ランダー】
足の甲のどんでん返しでドリルが出てくる仕組みが面白いです。アンテナはフリゲート同様に軟質素材でできており、合体時には後方に倒すようになっています。足首にはボールジョイントが仕込まれていて(写真左下)よく動くのですが、管理人の個体は片足の締め付けが弱いようで、合体後の自立時に問題あり。撮影時に片足がグリンと傾いて、思いっきり前のめりに倒れてしまいました(泣)。長期間飾っておく場合には注意が必要です。地震が怖いですねぇ・・・。


【無理やり重戦車!】
前述の通り、ボンバーとパンザーがネックになってポピニカ版重戦車への変形不能になってしまっているのですが、そこを敢えて変形させてみました。腕の変形は我慢できるとしても、キャタピラ軸が短いために思いっきり前傾姿勢になっていまうのは頂けませんね(笑)。足首の90度回転がきちんと考慮されている所を見ますと、企画途中で断念してしまったのでしょうか・・・?


【ボルトインボックス風?】
中箱がちょっと面白いことになっていますね。こういった配慮は嬉しい限り。今回は【ココがダメ編】ということで少々辛口な内容になりましたが、後日、【溺愛編】として(?)、写真ギャラリーをUPしたいと思っております。何だかんだといっても数十年ぶりのボルテスVの超合金ですから、嬉しくてたまらないワケです。請うご期待♪


【関連商品】
少年の心を持った大人たちへ・・・超合金魂 GX-31 ボルテスV【送料無料】
超合金魂 GX-03 コンバトラーV (再販)
【バンダイ】超合金魂ガンバスター



人気blogランキング

REVOLTECH ダグラム その後・・・ 

メーカー側の組み立てミスにより、右耳が固定(接着?)されてしまっていたために、ロケット弾ランチャーが取り付けられなかった我が家のリボルテック ダグラムでしたが、本日、無事に交換品が届きました。あー良かった良かった♪ところで、不具合発見の際に悩んだのは、果たして何処の会社に連絡すべきか、ということでした。パッケージを見ますと、
 企画・制作/株式会社海洋堂
 発売元/株式会社ジーベック
 販売元/オーガニック株式会社
と、三社が名前を連ねています。未熟な管理人は頭をかかえてしまったのですが、さて正解は?
RTDG050.jpg

購入店からの連絡により、正解はオーガニックさんと判明。交換も迅速で「早急に調査し原因を究明し、これからの商品の開発・製造・販売に活かしたく存じます」という旨の手紙も添えられて、丁寧に対応して頂けました。

それにしても管理人はよく不良品に当たります。YAMATOのスーパーバルキリーでは腕部ガンポット溝の蓋が欠品。同ケーニッヒモンスターでは顎部パーツが潰れて変形変色。超合金魂ザンボット3ではザンボエースの手首が両方とも右手。山口式可動人形ボトムズではベルゼルガの顔が欠品・・・。最近の玩具の品質管理に問題があるのか、管理人のクジ運が悪いのか、絶対的な購入数が多いだけなのか(苦笑)。玩具を購入しても箱から出さずに保管する人も多いようですが、管理人には到底真似できません。数年後、箱から出してみたら不良が発覚、となりそうで怖くて怖くて・・・。

何はともあれ一件落着となりましたので、ゲッター1とあわせてポージングの鍛錬を積んで、写真を更新するとしますかね(笑)。

BlogRanking



人気blogランキング

ジョージア ランボルギーニ ミニチュアカーコレクション レビュー 


新ジョージア エメラルドマウンテンブレンド発売記念の、ランボルギーニ ミニチュアカーコレクションです。エメラルドマウンテンブレンドとヨーロピアンブレンドの期間限定のおまけで、1/100スケールのランボルギーニ車5種×2色がラインナップされています。

【カウンタックLP400】

レッド(写真)とシルバーの2種。スーパーカーブームを体感した世代の憧れの的です。デザインに古臭さを感じさせません。30年前にデザインされたとは思えませんねぇ。

【カウンタックLP500S】

V型12気筒エンジンを4754ccに拡大し、左右のスイングトップ式ドアも大型化されたLP500S。リアウィングがイカス。イエロー(写真)とブラックの2種。

【ディアブロ】

1990年代にランボルギーニ社が唯一生産したプロダクションモデルだそうです。カウンタックの後継車で、スイングアップ式ドアもしっかり受け継いでいます。レッド(写真)とシルバーの2種。

【ムルシエラゴ】

ランボルギーニがアウディに吸収合併された後、ディアブロの後継車として開発されたそうです。管理人は知りませんでした、この車。ブルー(写真)とオレンジの2種。

【ガヤルド】

これもよく知らない車です。カウンタックに見られた戦闘的なスタイルはすっかりと成りを潜め、角が取れてしまった感じで、ちょっと寂しいですねぇ。オレンジ(写真)とイエローの2種。

まんまとカウンタックに釣られて買ってしまった感がありますが、当時スーパーカー消しゴムをパッチンしたり、山田隆夫(笑点の座布団番長)のスーパーカークイズを毎週楽しみにしていた方は、ちょっとノスタルジックな気分に浸れる一品ではないかと思われます。できればイオタやミウラもラインナップに加えて欲しかったですねぇ。

【関連商品】
トニーノ・ランボルギーニ FDB20 ドラマテック&スタイリッシュ☆ランボルギーニ!京商 KYOSHOMINI-Z ミニッツランボルギーニ ... オートアート 【ミニカー】1/18 ランボルギーニカウンタック 5000S(レッド)



人気blogランキング

SIC匠魂 ロボコン Ver.2 レビュー 

S.I.C.匠魂Vol.7のロボコンVer.2。ノーマルカラーとアーティストカラーの2種です。これも管理人は大好きな造型なのですが、巷ではハズレ扱いされたりしている模様。引き当てやすいからですかね?重くて詰まってる箱は大体ロボコン、みたいな。


Vol.3のロボコンよりも大幅にボリュームアップ。クラシックカーのような塗装が美しいです。クリアパーツによるライトやウィンカーも良い感じに仕上がっています。クラクションの存在感も素敵です。


車体の前後にはきちんとナンバープレートが。番号に隠された意味があるような無いような?スペアタイヤも良いですね。パンクしたらロボコン自身が「うらら~ぁ」とか言いながら交換するんでしょうか(笑)。


パーツの組替えによりロボコンカーからロボコンに換装可能!車体前後は豪快に余剰パーツになります。なんかガンダム&Gファイターのようなお得感。ビバ!Gアーマー!!(脱線)


ロボコン状態の背面にはエンジンとマフラーが作り込まれています。家の中でお手伝いしている最中も、マフラーから排煙を吹きっぱなしなんでしょうか。非常に気になります。

というわけで、匠魂屈指の大型アイテムのロボコンVer.2。確かに引き当て易そうですし、なにしろ500円でこのボリュームですから、損をした気分にはならないと思います。お店で見かけたら箱を振り振り運試しされてみては如何でしょうか。

ところで、匠魂SPなるシリーズが9月に発売される予定があるようですね。まだまだ先のことなので噂の域を出ませんが、ハカイダー四人衆やキカイダー・パーフェクトバージョン(?)などがラインナップされているとか。果たして、真偽の程はいかに・・・?



[2006/05/17 23:25] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

News:パームアクション 蒼き流星SPTレイズナー 

過去の日記でもご紹介しました、メガハウス製のレイズナーのアクションフィギュア。商品名が「パームアクション 蒼き流星SPTレイズナー ACT-1:レイズナー」となり、色付きの画像が公開されました。なんと「ACT-2:ザカール」も同時発売される模様。何れも8月末発売予定で、メーカー希望小売価格は各2,604円(税込)。全高85mmとのことなので、HCM Proよりも一回り小さい感じでしょうか。んー。現物を見るまでは何ともいえませんが、ちょっと割高な気がしますねぇ・・・。
【関連商品】
パームアクション 蒼き流星SPTレイズナー ACT-1:レイズナー(予約) パームアクション 蒼き流星SPTレイズナー ACT-2:ザカール(予約)



[2006/05/16 23:33] ニュース | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

装着変身 仮面ライダー1号&2号 レビュー 

4月末に株式会社バンダイより発売された、装着変身シリーズの仮面ライダー1号と2号(THE FIRST版)です。近所のヨド〇シにでは既に売り切れ状態であったため、3駅離れたビッ〇まで遠征して買ってきました。他所では品切れという話は聞かないのですが、うちが田舎だからですかねぇ・・・。


【超合金!】
箱を手に取るまで知りませんでしたが、装着変身って「超合金」を冠していたんですねぇ。我々団塊Jr.が「超合金」という言葉を聞いただけで涎が出てしまうという性質を突いた、見事な販売戦略といえましょう(笑)。1号、2号とも胴体部分、グローブの腕部分、ブーツ部分に亜鉛合金が使用されています。


【力の1号】
もちろん各関節可動。但し、首は襟に干渉してあまり左右に大きく振れません。腕と膝も二重関節になっている割には意外と可動範囲が狭いようです。腿もあまり大きく前後に振れないため、立膝やライダーキックのポーズが決め難いのが残念。


【付属品諸々】
装着部品は1号、2号とも同様。撮り忘れましたが、左右の平手も付属します。素体(所謂"中の人")も幸の薄そうな顔とカラーリング以外は全く一緒。

マフラーは軟質素材で形成されていて、首にムニっとはめ込むようになっています。布製は取りまわしが厄介なので、コレは有り難い。変身ベルトはちゃんと腰に巻けるようになっているのが嬉しいです。背中側のヒンジでギュっと締め付けて止めるようになっているので、巻いたままの状態で飾っておくと経年劣化で痛みそうで、少々心配ではありますが・・・。


【技の2号】
基本的に1号と同じですが、2号の方がカラーリングが凝っています。素体の肢体には緑色の一本ラインが引かれており、グローブと背中にはショッカーのエンブレムが印刷されています。ショッカーマーク?と違和感を感じましたが、映画「THE FIRST」では、2号ライダーはショッカーの裏切り者である1号ライダーの抹殺者として登場する、という設定のようですね(パッケージ裏面の説明より)。

装着変身シリーズの素体の顔については、常に語り草になっているようです(笑)。2号の中の人の顔はNHKの体操のお兄さん(一畳マン)に似ているような気がします。この最近の玩具らしならぬチープさも、装着変身の魅力の一つかと思います。

あ!「装着変身一畳マン」て欲しいかも!!

【関連商品】
装着変身 仮面ライダー 1号(仮面ライダー THE FIRST) 装着変身 仮面ライダー 2号(仮面ライダー THE FIRST)
装着変身 仮面ライダー ザビー
装着変身 仮面ライダー サソード(予約)
装着変身 仮面ライダー ドレイク(予約)
装着変身EX ミラーモンスターズ 第4弾(予約)



[2006/05/14 14:09] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

REVOLTECH ダグラム レビュー 

先日、不定期日記でご紹介した海洋堂リボルテックシリーズのNo.002、ダグラム(太陽の牙ダグラム)。前の記事のゲッター1と一緒に届きました。こちらも税込み定価1995円。懐に優しいシリーズですねぇ。ようやく玩具業界にも価格競争の波がやってきた、ということでしょうか。

各関節に仕込まれたラチェットの感触については、前の記事のゲッター1と同様。ゲッター1に見られたディスプレイ用のスタンドは、ダグラムには付属しません。コックピット部分のキャノピーがオレンジ色の塗装のみというのが、ちょっといただけないですね。クリアパーツが使用はコスト的に厳しかったのでしょうが・・・。

リニアガンが1個付属。左右の腕に取り付け用の丸穴が空いています。膝と踵の赤いフレームパーツは一体成型で塗り分けられています。これも別パーツ化は、コストの折り合いがつかなかったようですね。脚の付け根の可動は当時のキットでも悩みの種でしたが、パンツごと回転させる解釈により、大きな可動範囲が確保されています。

ですので、あの場面も再現可能。コックピットのキャノピーはひっそりと開閉可能になっています(少々パカパカと開きやすいのですが)。ところで、コアなファンの方は、右肩のロケット弾ポッドが装着されていないことにお気づきでしょう。実は・・・。

本来は頭部右耳部のパーツを抜いて、代わりにロケット弾ポッドを差せるようになっている筈なのですが、なんと管理人の手元の個体は右耳のパーツががっちりと接着されているようで、外せません。逆に、本来取り外し不要な左耳のパーツが外れるようになっています。どうやら組み立て誤りにより、左右の耳の接着が誤って行われてしまったようですね。早速、購入店に問い合わせメールを送りましたが、さてどうなりますやら。

同様の不具合のあった方がいらっしゃいましたら、コメント下さいませ。もしかして、初回ロットは皆アウト、なんてことでなければ良いのですが・・・。

【関連商品】
REVOLTECH[リボルテック] No.001 ゲッター1(取り寄せ) REVOLTECH[リボルテック] No.002 ダグラム(取り寄せ) REVOLTECH[リボルテック] No.003 ダンテ(取り寄せ)
REVOLTECH[リボルテック] No.004 エヴァ初号機(予約) REVOLTECH[リボルテック] No.005 エヴァ零号機(予約)



人気blogランキング

REVOLTECH ゲッター1 レビュー 

先日、不定期日記でご紹介した海洋堂リボルテックシリーズのNo.001、ゲッター1(新ゲッターロボ)が本日届きました。税込み定価1995円と、今時の玩具にしては非常に安価ながら、よく出来た弄り甲斐のある玩具に仕上がっています。
RTG1000.jpg
膝や踝などの関節にはラチェットが仕込まれています。カチカチという感触は弄っていて気持ち良いのですが、保持性に関しては少々ムニっとした感じの"遊び"がありまして、値段相応といった印象です。
RTG1010.jpg
付属のスタンドが良いですね。ある程度の無茶なバランスでも粘ってくれるので、飛行や跳躍などのポーズでもディスプレイ可能です。上の写真はオプションパーツの「ゲッターウィング」装着時。実は、このパーツの着脱がなかなか大変。本体側のポッチとウィング側の穴がカチッとはまる構造になっているのですが、これがかなりガッチリとハマってしまうもので、抜く時に度胸が必要です。いつかパーツを折ってしまいそう・・・。
RTG1020.jpg
関節の回転軸が面白い角度で切ってあるのは「山口式可動」の特徴だそうで。適当に弄っていると思わぬポーズを編み出せたりしてなかなか楽しいのですが、反面、自分のイメージするポーズをなかなか取させられないジレンマも感じます。今回の写真撮影も苦労しました。しばらくのポージング習得期間を経てから、写真を更新しようかと考えています(笑)。
RTG1030.jpg
下の写真はオプションパーツの「ゲッタービーム」。最初はどうやって腹部に固定するのか判りませんでしたけど、パンツのゴムの位置に挟むのね(って、実際にはゴムは通ってないですけど)。実は本製品には取扱説明書が付属していないもので、オプションパーツの類は全て、パッケージ写真を手がかりに推理しながら取り付ける必要があるのです。
RTG1040.jpg
一通り弄ってみての感想は、まさにタイムスリップグリコのおまけのアクションフィギュア鉄人28号(これも山口式ですな)のアップグレード版といった印象。関節の切り方などを見ると、まさしくコレが原型になっているように思います。ですので、この鉄人が好きな方には、強力にお勧めいたします。管理人GanHooもこの鉄人、大好きです。

このリボルテックですが、なんと今後も月一ペースで、エヴァンゲリオン、キングゲイナー、パトレイバーなどのリリースが決定しているようです。こういった先々の予定まで予めアナウンスしてもらえると、事前に予算編成がしやすいので、家庭持ちには非常にありがたいですね(笑)。ありがとう海洋堂さん(^^;

【関連商品】
REVOLTECH[リボルテック] No.001 ゲッター1(取り寄せ) REVOLTECH[リボルテック] No.002 ダグラム(取り寄せ) REVOLTECH[リボルテック] No.003 ダンテ(取り寄せ)
REVOLTECH[リボルテック] No.004 エヴァ初号機(予約) REVOLTECH[リボルテック] No.005 エヴァ零号機(予約)



人気blogランキング

ガンダムUO ガンダム & Gファイター レビュー 

株式会社バンダイから2005年に発売された、ガンダムアルティメットオペレーション第9弾の、ガンダムとGファイター(各別売)です。パーツの組替えによりGアーマー、Gブル、Gスカイ等の形態の再現が可能な優れもの。ガンダムUOってかなり長期に渡ってシリーズ展開されているようなのですが、実は管理人GanHooはあまり詳しくありません。昔からGアーマー好きなもので、つい手を出してしまった次第です。(^^;

ガンダム、Gパーツ合わせて1000円そこそことお手軽。可動箇所こそ少ないものの、手軽に弄れるGアーマー玩具としてはお勧めかと思います。ただ、独特なアレンジが施されたプロポーションは好みが分かれるところでしょうか。1st世代の管理人には、このガンダムの体型にはかなり違和感を感じます(汗)。

欲を言えばコアファイターがガンダムBパーツとの接合部分と一体成型になっている点も、一工夫欲しかったところです。尚、Gファイターにはセイラ機(写真)とスレッガー機の2バージョンがあります。差異はエンブレムのみのようですね。

それにしてもGアーマーって、どうしてMG化や超合金化されないのでしょう。非常にプレイバリューの高い玩具だと思うのですが。最後の最後まで隠し球にされているのか、はたまた欲しがる人がさほど多くないのか…。

【関連商品】
機動戦士ガンダムシリーズGUNDAM FIX FIGURATION #0004 Gアーマー 機動戦士ガンダムシリーズGUNDAM FIX FIGURATION#0026 RX-78 Ver.Ka HGUC 1/144Gアーマー



人気blogランキング

タカトクトイス ガウォーク・ナイキック レビュー 


株式会社タカトクトイスから1983年に発売された、「超時空世紀オーガス」のライバル機、ガウォーク・ナイキックの可変玩具です。先日ご紹介しました"オーガス"と同シリーズの製品です。

【昨日のために、涙】
1/40スケールで、3タイプに完全変形。オーガスと同様に、変形時に負荷が掛かる箇所や踵部にダイキャスト製パーツが使用されています。各形態のプロポーションは…少々難あり(笑)。まぁ、もともとのデザインからして奇妙な形ではありましたが。ガウォークにクチバシなんかついてるし(汗)。とはいえ、決して出来の悪い玩具ではないのです。

【明日のためには、愛】
椀部や脚部のハッチにはスプリングが仕込んであって、変形後に自動的に閉じる工夫がされていたりします。また、脚部の意外な変形や飛行形態(写真下)でのディスプレイ用スタンドの収納のなど、見所も多いです。古い品ですが、オークションなどではデッドストック品が意外と簡単に(無理のない価格で)手に入ったりしますので、変形玩具好きの方は入手してみては如何でしょうか。

尚、この玩具にはカラーリングの異なる、一般兵士用タイプというのも存在するようです。こちらは出荷数が少なかったようで、なかなか見かけません。放送当時に店頭で見たこともなかったです。

そういえば、放送当時はガウォーク系商品の乱発期でありました。「機甲創世記モスピーダ」のレギオスは言うまでもなく、「銀河の鷲メガロザマック」のガウォーク・ファントムとか、「ロボダッチ」のガウォークセットとか。まぁ、楽しい時代ではありました。

当時、全部買った(笑)。




人気blogランキング

News:復刻版ゴールドライタン6体セット 予価28,500円 

超合金魂ゴールドライタンの発売を記念して、なんと番組放映時に発売された旧ゴールドライタン超合金の中から、以下の6体を完全復刻し、特製の木箱に詰めて販売するそうです。
 ・ゴールドライタン
 ・デンジライタン
 ・スコープライタン
 ・メカニックライタン
 ・アイシーライタン
 ・タイムライタン
魂ウェブで今夏からの限定受注販売だそうで。
なんてことしてくれるんだいバンダイ!ぐはぁ、夏ボー突っ込むか!!
【ソース】


[2006/05/09 00:29] ニュース | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

SIC匠魂 ロボコン レビュー 



S.I.C.匠魂Vol.3のロボコン。初代「がんばれ!!ロボコン」がベースになっているようです。かなり好き勝手に(笑)アレンジされちゃってますが、管理人的には"有り"ですね。後部に露出したエンジン部分やナンバープレートが最高です。

【デンデンガンガンホイデンガン】
お腹のハッチ開閉も可能。内部メカもしっかりと作り込まれています。いかにも四気筒のガソリンエンジンの音が聞こえてきそう。メタリックな塗装も美しいです。こんな奴を家族の一員として迎えてくれた大山さんや小川さんに拍手。


【ロボット+根性=ロボコン】
「がんばれ!!ロボコン」も幼少の頃大好きな作品でした。近所の友達と色々な脇役ロボットの玩具を持ち寄って遊んだ記憶が鮮やかに蘇ります。我々団塊Jr.は特撮やアニメの黄金期と幼年期が丁度重なっていて、かなり恵まれた世代であったといえます。お陰で物欲も非常に強い世代なわけですが(笑)。今はこういった子供向けドラマ番組って、すっかりなくなってしまいましたね。仮面ライダーなども子供には非常に難解なストーリーになっちゃってますし。ちょっと可哀想な気がします。


ところで、今回の1枚目の画像作成にあたり、"ロボコン"のつづりにちょっと悩みました。意味合いからすると、ロボコン=ロボ根なので"ROBO-KON"かな、と思ったのですが。実際のところ、どうなんでしょうね?

【関連商品】
がんばれ!ロボコンでっかいロボコン 燃えろ!ロボコンの DXロボコン!! 超電磁ロボ コン・バトラーV[初回限定生産]★レッツ、コンバイン! 超電磁ヨーヨー 超電磁スピ...



[2006/05/07 16:35] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

カプセルポピニカ ボルテスV レビュー 

2002年にバンダイから発売された、ガチャポン景品。放送当時に販売された超合金の縮小版です。幼少のころ、ボルトインボックスだけは何故か買ってもらえたんですよね。今でも実家に残っているのかも知れませんが、個人的に非常に懐かしい玩具です。

【ボルトクルーザー】
当時、頭部の変形ギミックに驚いたものですが、嬉しいことにカプセル版でも再現されています。クリアパーツで形成されたキャノピーの開閉など、最も再現度の高い機体です。省略されたのは着陸脚の後輪の開閉ギミック程度ではないでしょうか。尚、ミサイル発射ギミックは全機とも省略されています。まぁ、サイズを考えれば致し方ないことかと。


【ボルトボンバー】
記憶が確かなら機体後部の赤いパーツの後部に、銀色のファンのようなパーツが着いていたような。その他は大差ないと思います。
VoltBomber.jpg

【ボルトパンザー】
アームの折りたたみ機構の再現は、やはりこのサイズでは無理でしたね。コックピットのクリアパーツも省略。キャタピラ軸の伸縮も省略されています。これにより、コン・バトラ-Vのグランダッシャーのような形態への変形は不可能となっています。
VoltPanzer.jpg

【ボルトフリゲート】
羽根の折りたたみと、ボルトランダーとの接合部分の回転が省略されています。羽根はちょっと頑張れば再現できたんじゃないかなぁ。アンテナ部分はボルトインボックス購入後に真っ先に折ってしまったため、久々の対面に感慨深いものが(笑)。
VoltFrigate.jpg

【ボルトランダー】
こちらもボルトフリゲートとの接合部分の回転が省略されています。まぁ、左右の足の連結との兼ね合いもあって、上手く逃げたな(笑)という感じですが。コックピットのクリアパーツも省略。車輪も固定。超合金のランダーは、やたらと軽快に転がし走行が出来たものですが、これもサイズ的に致し方ないところでしょうか。
VoltLander.jpg

【超電磁マシーン ボルテスV】
「レッツ!ボルトイン!!」 当然のことながら、放送当時の超合金準拠のプロポーション。天空剣のみ付属。超電磁ゴマと妙なボールペンは残念ながら付属されていません。超合金の重量感こそありませんが、細部の装飾や塗り分けなど、よく再現されていると思います。1カプセル200円の商品と考えれば、十分な出来ではないでしょうか。
VoltesV.jpg
もうじき超合金魂ボルテスVも発売されるようですが、カプセルポピニカ版と一緒に弄ってみると、技術の進歩や当時品ならではの工夫を感じることもできて、面白いのではないかと思います。それにしてもカプセルポピニカやカプセル超合金、もう少しシリーズ存続して欲しかったですね。ゴッドシグマやダルタニアスなどが出ると嬉しかったのですが・・・。


【関連商品】
超合金魂 ボルテスV(仮予約) 『堀江美都子 MICCHI 120% plus ~あしたがすき~(DVD)』



人気blogランキング

SIC匠魂 イナズマン レビュー 

IM00

管理人GanHooが今更ながらハマってしまった匠魂。今回はVol.4からイナズマンです。
コレも良い品ですよ。

【電光放射で切り裂いて】
番組内では「剛力招来」の掛け声で第一形態であるサナギマンに変身。ひたすら敵の攻撃に耐え続けた後、「超力招来」の掛け声と怒りとともに(?)本体が爆発。第二形態のイナズマンの登場、となるわけですが、このフィギュアでは昆虫そのままに、サナギからずるんと出てきてます。がっくりと膝を落としたサナギマンが不気味です。まぁ、嫁に評判の悪いこと悪いこと(笑)。カッコイイのになぁ・・・。
IM10.jpg

【やって来たのはイナズマン】
後ろ姿。なんとなく「バオー来訪者」を思い出したり。古いですか?羽化しきっていない羽根の表現が絶妙。汁っぽい感じが何ともいえませんね。サナギマンの背中を、今まさに脱ぎ捨てんとするイナズマンの足もポイントです。
IM30.jpg
匠魂「イツツバンバラ」とか見てみたいなぁ。管理人のトラウマなんですけど、怖いもの見たさってヤツですかね。一体、どんなんなっちゃうんだろう・・・。

【関連商品】
イナズマン(1) イナズマン(2) イナズマン(3)



[2006/05/04 00:33] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

メカアクションシリーズ ゴッドライジンオー レビュー 

2004年にCM's(有限会社シーエムズコーポレ-ション)より発売されたメカアクションシリーズ。「絶対無敵ライジンオー」より、ゴッドライジンオーです。

【立ち姿は良好】
GRO00
立ち姿は申し分なし。背中の羽根を広げるとなかなかの迫力です。肩の付け根が二重関節になっていたり、腕や膝関節にクリックが仕込んであったり、3枚の羽根が連動したりと、ある程度の見所はあるのですが、反面、腿の付け根を殆ど前後に振れないことがポージングの大きな制限になってしまっています。左右のロールによるハの字は可能なのですが・・・。ここらはもう少し工夫して頂きたかった所ですね。

【惜しいんです】
GRO10
武器はゴッドライジンバズーカと、ゴッドライジンソードが付属。バズーカを持った姿はイデオンの波動ガンみたいで懐かしい感じ(笑)。足の表情が付け難いので棒立ちになってしまうんですよね。ソードも然り。全体的なモールドも少々眠たい感じですし、これで定価3000円というのは、少々厳しいかと・・・。腿の可動さえ何とかなっていれば、大分印象が違っていたと思われるだけに、非常に惜しいです。


【関連商品】
BRAVE合金 絶対無敵ライジンオー ゴッドライジンオー 通常版 サンライズ メカアクションシリーズ 二大勇者セット(予約)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。