人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

カプセル合体 超電磁ロボ コン・バトラーV レビュー 

今回は他所で書いていた旧ブログの記事からの再掲載です。今後、段階的に旧ブログの記事もこちらに移行させるつもりです(無断転載などではありませんので、お間違いの無きよう)。
2005年にバンダイから発売された、超合金魂縮小版のガチャポン景品です。1カプセル300円×5機ですので、強運の持ち主であれば1500円というお手頃価格で「コンバインOK」となります。管理人GanHooはそんな強運は持ち合わせておりませんので、ネット通販でセット品を購入しましたが・・・。

【吹き荒れろ戦いの風】
1号機、バトルジェット。全5種中もっとも小さな機体なので、このカプセルには合体後の武器類(超電磁ヨーヨー、ツインランサー、アトミックバーナー)が同梱されています。超合金魂版(以下、魂版)に見られた、顔を隠すギミックがオミットされています。簡単なスライド式の蓋なのですが、このサイズでは厳しかったのでしょうか。
BattleJet

【やって来い、地球を荒らす侵入者】
2号機、バトルクラッシャー。肩のてっぺんのノズル部分が取り外し式なのは魂版と同様ですが、更に主翼と拳の収納ギミックが省略されています。残念なのは胸部のスライド機構が省略されている点。クラッシャー形態の機体の厚み抑えるための魂版独自解釈の機構で、大きな見所であっただけに、残念!
BattleCrusher

【正義のためなら、若い命を賭けるのさ】
3号機、バトルタンク。キャタピラを背面に回転させる機構と、アーム部分の引き込み機構が省略されています。キャタピラがポロポロと取れてしまうのは個体差?そのたびにキャタピラの前後の向きが分からなくなるのは私だけ?
BattleTank

【身長57メートル、体重550トン】
4号機、バトルマリン。全5機中、もっとも頑張ってる機体です。主翼の引き込みや、股関節の伸縮機構を忠実に再現。省略されたのは膝の可動だけ。屈伸できない代わりに、左右にロールできるようになってます。
BattleMarine

【巨体が唸るぞ空飛ぶぞ、その名は超電磁ロボ】
5号機、バトルクラフト。機体の左右を接合させる爪の収納機構が簡略化され、簡易なジョイント部品を差すようになっています。その他は特に変わらないかな?まぁ、もともと目立ったギミックのない機体でしたからね。
BattleCraft

【その名は、コン・バトラーV】
「レッツ!コンバイン!!」 魂版ゆずりのグッドプロポーション。上半身の可動範囲は魂版と変わらず。肩をぐっとあげて超電磁スピンっぽいポーズができるのですが、スピン用のパーツが付いてないのが痛いです。下半身は、魂版でも大して動かないのですが、前述の通り膝部分が簡略化され、屈伸の代わりにハの字ができるようになっています。キャタピラ軸の延長パーツの取り付けにより、グランダッシャーへの変形も可能。この形態、放送時から取って付けたみたいな変形で、あまり好きではありませんでした。拳の向きが破綻してるし。カッコイクナイ・・・。
ComBattlerV

【V!】
魂版からアレがオミットされた、コレが簡略化された、などと不満めいたことばかり書いてしまいましたが。管理人GanHooはこの玩具、大満足です。1/144スケールのガンプラ程度の適度なサイズと、各種ギミックの簡略化による強度の増加により、非常に扱いやすい優良玩具に仕上がっています。こういうのは箱にしまって置いたりなどせずに、ガシガシと遊び倒してやりたいですね。
ComV_ADD
一枚だけ、お約束の単三電池ツーショット写真を追加。この他に「クリアブラック+メタルカラーVer.」というのもあります。紛らわしい名前なのですが、クリアブラックの部品とメタルカラーの部品で形成された、1種類の別バージョンがある、という意味です。こちらも機会があればご紹介したいと思います(幸か不幸か、セット販売だったんです)。


【関連商品】
バンダイ ガシャポン カプセル合体超電磁ロボコンバトラーV再版 全10種セット 超合金魂 GX-03 コンバトラーV 【予約商品・5月入荷予定】
スポンサーサイト



人気blogランキング

SIC匠魂 グランゼル レビュー 

GZ00
いよいよ皆様お待ちかねのゴールデンウィークに突入。本業のシステム開発も無事にケリをつけることができましたので、久々の写真撮影を楽しめました。前回は「SIC匠魂 スカイゼル」をご紹介しましたが、こうなるとグランゼル紹介しないわけにはまいりません。

【走れ弟グランゼル】
ニヒルな兄スカイゼルに対し、熱い弟グランゼルといったイメージでしょうか。敵をボッコンボッコンです。容赦ありません。スカイゼルと同様、長い肢体が印象的。いかにも地べたを走り回るロボといった雰囲気の、ちょと汚れたような、煤けたような塗装も素敵です。中国のおばちゃん、グッジョブ!
GZ10 GZ20

【サイバロイドの鉄魂】
背中に背負ったエンジンや、腰から足の付け根の辺りにかけてのアレンジのセンスが抜群です。足の裏も抜かりなし。素晴らしい。右はもはや恒例になりつつある単三電池とのツーショット。このサイズでこの緻密な造型は驚異的です。
GZ30 GZ40

これで独自解釈によるグランカーへの変形もやってのけてくれたら・・・伝説になっちゃいますね(笑)。まぁ変形は無理としても、最近の匠魂では乗り物系もラインナップされてるようなので、グランカーやスカイジェットのリリースは夢でないかも。果たして造型職人さん達によってどのようなアレンジが成されるのか、興味津々です。

【関連商品】
佐々木功ソングブック-グレイテスト・ベスト- 『特撮・ヒーロー主題歌大全集』



[2006/04/29 00:55] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

News:メガハウス 蒼き流星SPTレイズナー 

パンダーZでおなじみの(?)メガハウスから、レイズナーのアクションフィギュアが出るみたいです。8月下旬発売。税込み2604円也(予価)。

これも懐かしい作品ですね。久々の商品化なのでは?ご多分に漏れず、ちょっとスタイリッシュになってるみたいで、なかなか良さげです。最近の80年代マイナーロボ攻勢は、我々団塊ジュニア世代には非常に嬉しいです。この勢いで一連の国際映画社作品などもアクションフィギュア化して欲しいところ。

 ブライガー、バクシンガー、サスライガー、スラングル、ガルビオン・・・。

厳しい。

【関連商品】
メガハウスリアルアクションロボット 蒼き流星SPTレイズナー(仮)



[2006/04/27 23:32] ニュース | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

超合金魂 GX-32 ゴールドライタン 

最近、商品画像が公開されたようです。
放送当時の超合金は買って貰えなくて、友人宅で遠慮がちに弄らしてもらってたもんです。
ビンボな自分はプラモデルのライタン6体セットやガチャポンなどで我慢。 そんなライタンを長い年月を経て手に入れられるなんて涙モンです。 四角形態でどこかの隙間に忍ばせておけば、嫁の目も欺けそうだし(笑)。

【関連商品】
超合金魂 GX-32 ゴールドライタン(予約)



[2006/04/25 23:40] ニュース | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

メカアクションシリーズ 銀河漂流バイファム 

なぜ今バイファム?スリングパニアーと脱出ポッド付きですって。
しかも限定版は黄色ですわ。確か本編に一度だけ登場した訓練機だったっけ?
この手の"ちょいマイナー"作品の玩具にはツボをぐいぐい押されまくりです。

5月中旬発売か。リボルテックとか超合金魂ボルテスVとかと同時期ですね。
うー。きついきつい・・・。

【関連商品】
メカアクションシリーズ 銀河漂流バイファム 通常版(予約) メカアクションシリーズ 銀河漂流バイファム FAM-TRV-S1 宮沢模型限定版(予約)



[2006/04/25 23:17] ニュース | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

SIC匠魂 スカイゼル レビュー 

SK10

ネットでちらちらと目にしていた「SIC匠魂」シリーズ。気にはなっていましたが、大きなサイズの玩具と思い込み、値段も相応と踏んでいたので手を出さないようにしていました(SICと一絡げにしてました)。が、最近ふとしたきっかけで同シリーズの「ロボコン」を入手(こちらも近々記事にしたいです)。そのサイズと価格の手頃さ、アップの写真にも耐え得る出来の良さを知ってしまい、ついに長年の禁を破ってしまったのでした。

【翔べ翔べ兄貴】
通常の「SIC」と異なり、「匠魂」は所謂コレクションフィギュアです。価格こそ500円(税別)とお手軽なのですが、店頭では中身の分からない箱に入って売られています(ブラインドボックスというヤツ)。高いと見るか、安いと見るかはクジ運次第といったところでしょうか。因みに管理人GanHooはおとなしくオクに世話になりました(バクチはからっきしなんですよ・・・)。

SK10 SK20


【一十百千万億兆京】
肝心なフィギュアのご説明を。「宇宙鉄人キョーダイン」のスカイゼルを独特解釈により立体化。"人間には制御しきれない機械の危うさ"を感じさせるような、独特なアレンジが施されています。少々怖い感じもしますが、このあたりは故・石ノ森章太郎の漫画全般から醸し出される雰囲気と、見事に調和していると思います。フィギュアのサイズは10cm程度と小柄ながら、非常に細かな部分まで丁寧に作りこまれています。背面のエンジン部分や翼の造型などのユニークなアレンジに感服してしましました。

SK30 SK40

この他にも仮面ライダー、変身忍者嵐、キカイダー、アクマイザー3など、ちょっとくすぐる面子がラインナップされています。リアルタイムで見ていた世代の方は試しに一つ買ってみては如何でしょうか。懐かしさと最近の玩具の水準の高さを両方いっぺんに味わえること請け合いです。

【関連商品】
バンダイ: S.I.C. 匠魂VOL.4 【カートン販売】 バンダイ: S.I.C. 匠魂VOL.6 【カートン販売】 S.I.C. 匠魂 第7弾 BOX




[2006/04/22 16:16] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

海洋堂 REVOLTECH[リボルテック] 

海洋堂のリボルテックが気になる。第一弾はゲッター1とダグラムらしい。
・・・凄い取り合わせですがw

ゲッターはともかく、ダグラムまでかなりリキんだポーズが可能な模様。
んー。かっこええ・・・。財布、きついんだけどなぁ。

【関連商品】
REVOLTECH[リボルテック] No.001 ゲッター1(予約) REVOLTECH[リボルテック] No.002 ダグラム(予約)



[2006/04/18 00:24] ニュース | TB(0) | CM(0)
人気blogランキング

中国宮廷料理フィギュアコレクション 服務小姐・青/赤 レビュー 

FS00

【満漢全席】
サントリー烏龍茶のオマケ「中国宮廷料理フィギュアコレクション」の服務小姐・青と赤です。全13種の内この2人(というか2種)以外は、全て食品サンプルのミニチュア版です。海洋堂制作とのことで、よく出来ています。



【給仕の女性】
服務小姐は「フー・ウー・シャオ・ジェ」と読み、給仕の女性を表す言葉のようです。衣装は現在のチャイナドレスの元になった「旗袍」(チーパオ)。身体の線が分からないように、ゆったりと作られているそうな(じゃあチャイナドレスの方がいいや)。小さなフィギュアにもかかわらず、衣装の模様が綺麗に描かれていたり、装飾品が細かく塗り分けられていたりと、芸が細かいです(下の写真は単三電池との比較です)。
FS05



【松本栄一郎氏】
原型師の方のお名前です。チョコエッグや博物館の生物標本などを手がけている方のようですね。なるほど、お皿の上のブタさんがこんがりと美味しそうなのにも納得です。
FS10



【手首がポッキリ】
実は、赤い人は袋から出した時点で左手首がポッキリと折れてしまっていました。瞬間接着剤で補修しましたが、ホントは左手はちゃんとポットの下に添えられるようになっているのかも知れません(ちょっとズレてます?)。グニャリと曲げられないような硬い素材で出来ていますので取り扱いには要注意。落としたら壊れそう。青い人も組み立て途中に右肩が胴体からパカっと外れてしまいました。こちらもせっせと補修。彼女らは非常にデリケートなのです。
FS40



【色々と書きましたが】
最近のオマケフィギュアの出来の良さを再認識。袋の中身も明記されていますし(こういうの増えてきましたね)、お好きな方はせっせと13種類集めてしまうことでしょう。まぁ、烏龍茶なら一時に買い込んでしまっても、適当な期間をかけて無理なく消費できそうですしね。
FS50



【関連商品】
〔送料無料キャンペーン中〕オムニバス Chai-CD- ●3000円以上購入で全国送料無料!(一部地域除)CMソング/Chai Chai

北斗の拳 胸像フィギュア【リペイント版】 4兄弟(ラオウ・トキ・ジャギ・ケンシロウ)by 海洋堂製
★海洋堂フィギュア内蔵!北斗の拳アートクロック(予約注文)【送料無料】



人気blogランキング

超合金魂 バトルフィーバーロボ レビュー 

Battle Fever Robo GX-30 Soul of Chogokin Review

なんと今年で戦隊シリーズが30作品に達したとか。おめでとうございます。ゴレンジャーからずっと続いていたとは驚きです。管理人はダイナマン以降は、もうワケが分かりません。まぁ、この水準の人間から見たレビューとしてご覧頂ければ幸いです。

【鋼鉄の武人】
今回紹介しますのは、そんな戦隊モノの初期作品"バトルフィーバーJ"に登場する着ぐるみロボ、"バトルフィーバーロボ"の超合金です。実は戦隊モノは子供の頃からあまり熱心に見ていなかったもので、一連の着ぐるみ系ロボに対しても特別な思い入れはありませんでした。が、店頭で何気なくBFロボの箱を手に取ってみたら、コレが一目ぼれ。このヒーロー然としていない厳つい外観にまんまとヤラれてしまったのでした。
BF00



【顔が怖い】
なんて怖い顔でしょう(写真左)。子供向け番組の主役メカとしてあるまじきデザインです。イカします。サンライズアニメ系ロボット等のスタイリッシュなデザインに見慣れてしまったこの目には、この無骨さが非常に新鮮に映るのですが、家の嫁には「怖いからイヤ」と突っぱねられ、幼い子供は泣き出す始末。女子供にはこの良さは分からないのでしょうか・・・。

腰のアーマーなどはかなり独特な構造をしていて面白いです(写真右)。前面と後面のアーマーが前後にパカパカと開き、左右の腿からは妙なアーマーが生えています。よくこんなデザイン、思いつくなぁ。
BF95 BF90




【豪華絢爛武具詰合せ】
"これでもか"というほど、多くの武器がついています。しかも、全てダイキャスト製。まるで五月人形みたいに、綺麗に箱詰めされてます。放送を殆ど見ていなかったもので詳細は分かりませんが、コレがまた、どれもコレも実に味のある武具でして・・・。
BF99 BF10

匠の技が光る(?)電光剣。細かな装飾が施されています。刀身と柄にはちゃんと"電光剣"の文字が!(写真では分かり辛いですね)。ちゃんと鞘に収めることも出来ます。本編では剣を縦に振ってるにもかかわらず、敵の胴が横に真っ二つになるという荒業をやってのけることもあったとか、なかったとか(笑)
BF70



【武具が多くて撮るのも大変】
ソードフィーバー(写真左)は、両足のホルスターに納めることも可能。坊さんの杖のようなケーンノッカー(写真右)は、柄が六角形になっていたりして、なかなか格好良いです。最近、深津絵里がこんな杖を持ってましたね(笑)。
BF20 BF30

フィーバーアックスとバトルシールド(写真左)。アックスはギラリと輝く刃がなんとも凶悪な感じで素敵です。シールドは塗装が非常に綺麗。どちらもなかなか良い質感を醸し出してます。チェーンクラッシャー(写真右)は両腕の蓋を空けてジャラジャラと引き出すことが出来ます。先端の輪の部分は、安いネックレスの止め具などに良く使われているものですね。壊れても嫁に頼めば交換が効きそう(逆に奪われる恐れもあるが・・・)。設定上は"ISO合金製"なんだとか。・・・って、国際標準化機構!?
BF60 BF80

アタックランサーとナックルパンチャー(写真左)。ランサーの柄の末端にはチェーンの輪を繋ぐこともできます。写真にはありませんが、メリケンサックは2個付属。両手に付けることが出来ます。スティックアタッカー(写真右)。槍状の武器はこれで3個目。本編ではどのように使い分けていたんでしょうか。ガンダムハンマーとハイパーハンマーのような微妙な位置付け?
BF40 BF50



【まとめ】
正直、放送当時には思い入れがありませんでしたが、改めて見直してみると、非常に大胆で味わい深いデザインのロボですね。武具を含めた合金率の高さも、適度なサイズ(マジンガーZと同程度?)にも満足してます。目立った難点は特に無いのですが、強いて挙げれば、額の星の下端の金メッキが剥がれている点と(部品の切り取り跡でしょうか?或いは個体差?)、他の方も指摘されているように、スネの赤ラインの突起部と爪先のパーツの噛み合わせ部分が干渉するため、いかにも塗装が剥がれそう、という点でしょうか。あとは、鼻の色が商品では赤いのですが、本編では銀色だったとか。ここらは詳しい方にお譲りします・・・。

では、最後はこざっぱりとした後姿でお別れです。
BF05

【関連商品】
超合金魂 バトルフィーバーロボ
【1000台突破!】 オトクな10台セット♪APEXi(アペックス)D1 FD3S チョロQ















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。