人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

超合金 GB-82 プリントライタン 


【製品名】
 超合金 GB-82 プリントライタン
【販売元】
 株式会社ポピー
【発売日】
 1982年
【価格】
 ?

超合金ゴールドライタンシリーズの第二期ラインナップより「プリントライタン(当時品)」のレビューです。第二期ライタンシリーズは、今年の初めにコインライタン、ライトライタン、カッターライタン、メートルライタンの復刻版が販売されたのですが、プリントライタンだけがラインナップから外されていました。なんでも、プリントギミック周辺の再現に難があったとか、なかったとかで。「それでもいつかは・・・」と淡い期待を抱いていたのですが、最近の諸々の状況から復刻は望み薄と判断し、自力で仕入れて参りました・・・。

【パッケージ】
箱のサイズは約110mm(H)×78mm(W)×50mm(D)。当然、バンダイの文字はありません。


【セット内容】

・プリントライタン本体
・取扱説明書(モノクロ一枚刷り)
・カセット×4種
・専用カーボン紙(20枚)

【プリントライタン(ライター形態)】
全高約63mm。写真では分かり難いですが、全身にかなり複雑な模様があしらわれており、なかなか綺麗。


【変形手順】
両足を伸ばします。


続いて両腕を展開。


最後に頭部の蓋を開けて完成。


【プリントライタン(ロボット形態)】
全高約78mm。顔はちょっと不細工(笑)。


両肩は開閉、前後回転とも可能な仕様です。


付属のプリント用カセット。アルファベット、ひらがな、カタカナ、数字+記号等の4種類が付属します。


このカセットを脇腹に差込み、前後のカバーを開きます。


開いたカバーの部分に専用カーボン紙を通し、ガチャっとボディを押し下げると、台紙に文字が写ります。


【ライタン軍団同窓会】
念願のライタン軍団一軍と二軍の揃い踏みが実現しました。こうして見ると、プリントライタンだけ色味が違います。当時品はこの色味で統一されていたのでしょうか(単に退色しているだけ?)。復刻版はやや黄色味が強いようです。


ロボ形態で集合写真。壮観です。これでゴールドライタン系については思い残すことはございません。


スポンサーサイト



人気blogランキング

鋼鉄ジーグ 復刻版マグネモシリーズ レビュー 

Steel Jeeg Magnemo Series Review

【製品名】
 マグネモシリーズ マグネロボット 鋼鉄ジーグ 復刻版
【企画・制作】
 株式会社タカラ(現・株式会社タカラトミー)
【発売日】
 1998年?
【価格】
 3980円(税別)
【スケール】
 約1/63(玩具全高約160mm:設定全高10m)
【登場作品】
 TVアニメ「鋼鉄ジーグ」(1975-1976年)

【パッケージ】
放送当時1975年の製品と殆ど同じパッケージ。右上に「復刻版」のシールが貼られています。


箱の中身はこんな感じ。ナックルボンバー(所謂ロケットパンチ)とスピンストーム(へそミサイル)はランナーパーツでスペアが付属します。同封の説明書も当時と同デザインなのでしょうか。時代を感じさせます。


【鋼鉄ジーグ】
1975年当時の製品としては、ここまできちんと劇中のスタイルを再現してるものは少ないかも。首、肩、股関節側の半球型の金属パーツが、胴体に内蔵された磁石にくっついて、ボールジョイント的に可動します。


肘と膝は可動軸が組み込まれた金属製の関節になっています。こちらは磁石は使われていません。拳部分はバネ仕込みで射出可能。足首は別パーツで成型されていますが、固定されています。


分解するとこんな感じでバラバラババンバン。


胴体側の磁石は鉄板で挟まれており、首、肩、股関節側の半球を受け止めるための切り欠きがついています。この鉄板を介した磁力で接合されるわけです。


【マッハドリル】
マッハドリルはジョイントパーツを介して背中に取り付け可能。初版ではドリルはもっと鋭利でした(実は実家に当時品のドリルだけ残ってたりします。撮影用に持って帰ってくれば良かった・・・)。


金属製のジョイントに交換して、両腕に取り付けることも可能。


ジョイントはこんな風に取り付けることも出来ます。飽きさせない工夫がされていて素敵。昔の玩具ってこういうところがありましたよね。


ドリルの先端部分の軸は、腕に直接差し込める形状になっています。もちろん射出も可能。


スピンストームの発射孔にも装着可能。写真左のような謎形態も組めます。


ドリルが小さくて迫力不足なのは否めませんが、煽り気味にすればそこそこ見れたり。


【サイズ比較】
魂差ブングル(1/144)と。ジーグの全長は約160mm。設定身長は10mですので、約1/63スケール。


最近の玩具と比べると、流石にいろいろと辛い面はありますが、やはり名作玩具といって良いのではないかと思います。そして、見れば見るほどリボルテック向けのアイテム。ゲッターロボやマジンカイザーが投入された流れからすると、有り得ない話じゃないと思うんですけどねぇ…。

そういえば超合金(魂)で、リメイク版の「鋼鉄神ジーグ」が出るとか出ないとか。どんな造りになるのか、ちょっと興味をそそられます。更に、最近好調なBRAVE合金には、マグネロボ繋がり(?)で「ガ・キーン」が投入されるとか。こっちはより一層気になります。この勢いでゴーダム、バラタック・・・は無理だろうなぁ。

【関連商品を価格の安い順に検索】
  • リボルテック

  • 超合金魂

  • BRAVE合金


  • 【巡回放浪記】
    Pose & Gimickさん
    アクションワークス 宇宙刑事シャリバン レビュー
    #ちょぴり期待していたんですが。・・・うーん・・・うーん。
    オーメン72さん
    G.F.F. METAL COMPOSITE #1002 サイコ・ガンダム レビュー
    悠久なる雪月花さん
    映画「TRANSFOMERS」 MD-11 スィンドル レビュー
    ひろくんと遊ぼうさん
    アーサーが教える体のふしぎ37
    #ついに完成!おめでとうございます!!って怖いよやっぱり(笑)



    人気blogランキング

    タカトクトイス オーガス オーガロイド レビュー  


    1983年に株式会社タカトクトイスから発売された「超時空世紀オーガス」の主役メカ、慣性制御ドリファンド・オーガスの可変玩具です。過去にレビューしたものですが、玩具放浪記の前身のブログ(既に閉鎖済み)からの転載ということもあり内容的に乏しいものだったので、今回、全面改版いたしました。


    1/40スケールの大型玩具で、4タイプに変形可能です。何れの形態もプロポーションの破綻がなく、当時の玩具としては可変バルキリーに次ぐ名作ではないかと思います。

    【オーガロイド】
    ボリューム不足な肩と角張った腿が気になりますが、80年代玩具としてはまずまずのプロポーション。

    問題は成型色ですね。白部分の青味が強く、茶色部分は色が濃すぎます。お陰で赤が浮きまくり。

    腕にはミサイルガンを装備。蝸牛のような独特の形状が印象深いです。バネ仕込みでミサイル発射可能です。

    一応一通りの関節は動きますが、ポーズの付け難さはバルキリー張り。

    オーガロイドからタンクに変形。この変形は見たまんまなので説明は省略いたします。


    【タンク】
    本編にも殆ど登場しなかった謎形態。バルキリーの3段変形を超える4段変形にするため"だけ"に追加された形態という感じがしなくもない。。。

    転がし走行が出来るように、後輪がクルリと展開できるようになっています。

    一旦、オーガロイドに戻してからガウォークに変形。翼は横方向に展開してから後方に回して、と結構面白い動きをします。股の間に両腕を挟んだ姿が特徴的。


    【ガウォーク】
    ミサイルガンは脚に取り付けます。本編では恐らくオーガロイドに次いで登場頻度の高かった形態ですね。キャノピーのクリアパーツは、写真のブラウン系の他に、劇中イメージに準じたグリーン系のものもあったようです。ロットの違いでしょうか。

    横から見ると結構背が高いです。旧キットのように脚の付け根を左右に展開できないので、内股になってしまうのが難点。

    キャノピーは取り外し可能。未彩色ながら主人公「桂木桂」が乗ってます。この人形も取り外し可能なので、無人状態も再現できるわけです。

    ガウォークからフライヤーへ。この腕の折り畳みがなかなかパズルっぽくて楽しいのです。バルキリー同様、変形時にテンションのかかる部位にはちゃんとダイキャスト製パーツが配されています。


    【フライヤー】
    なんだかコロコロして可愛らしい飛行形態。ちょっと生物的な感じもいたします。

    バルキリーのファイター形態とは対極的な、少々現実離れしたデザインですね。ここらが玩具のセールスの明暗を分けたのでしょうか。個人的にはこの曲線の効いたデザインも悪くないと思うのですが。

    いつもの魂ザブングル(1/144)と比較。


    付属のミサイル、シール、取説、カタログ。

    カタログには二度と再販されないであろうお宝の山が。。。
    以上、タカトク末期の底力を感じさせてくれる可変オーガスでした。

    さて、5月にはパームアクションシリーズでオーガスとナイキックがリリースされるそうで。久々のオーガス製品とあって気になるところですが、この製造元のロボ玩具について、最近は良い噂を聞きません。我々世代を狙った商品展開は大変結構なことですが、デキが伴わない製品が多いのには困ったモンです(これはこの会社に限った話ではありませんが)。

    なんだか最近は特に、メーカーサイドの「こんなモンで売れるだろう」と、ユーザーサイドの「こんなモン要らんわ」のギャップが激しい気がします。こんな状況が続けば、ユーザーの財布の紐は固くなる一方ですよ。

    【関連商品(価格は記事執筆時のものです)】
    各2,480 円 でじたみん 楽天市場
    メガハウス パームアクション オーガス【5月予約】
    メガハウス パームアクション ナイキック【5月予約】


    人気blogランキング

    スラングチェンジモデル DXスラングル レビュー 


    1983年にクローバーから発売された「スラングチェンジモデル DXスラングル」のレビューです。定価3,980円(税別)。登場作品は「亜空大作戦スラングル」。放送当時、「ゴリラ!ゴリラ!ゴリラ!」(主人公サイドの特殊部隊名)と連呼しまくるオープニング主題歌には、色んな意味で度肝を抜かれたものでした。

    【スラングル(基本形)】

    そんなゴリラに掛けてか、スラングルはロボットアニメの主人公メカとしては極めて異例なゴリラ体型のロボです。まぁ、作風にはマッチしておりましたが。こういった雰囲気のメカって、今風の作画でアレンジしたら、めっさカッコよくなりそう。


    側面は意外とスリムだったり。ここはゴリラらしく前傾姿勢にすべきだったか。


    背面から。背中に突き出た機銃と踵のキャタピラが良いアクセントになっています。イカス。


    腹部の機銃基部はダイカスト製。ここだけ妙に渋い色調なのですが、製作者に何らかのこだわりがあったのでしょうか。尚、ダイカスト製パーツは両足の内側に使われています。適度なズッシリ感があり、かつ低い重心で安定しています。


    腹部と背中に設けられた二箇所の銃座に座らせるための人形が付属。セクシィさんとジェットくん…だよね?これについては後ほど。


    背中には今は亡き国際映画社とポプラの文字が。ポプラは魔境伝説アクロバンチの玩具なんかを作っていた会社ですね。このスラングルはポプラが製造して、クローバーが販売していたみたいです。


    首、肩、手首、腰、脚の付け根、膝、足首が可動。肩、脚の付け根、膝には変形後などの姿勢保持のためにラチェットが組み込まれています。肘は伸縮機構を優先したために曲げられません。手持ちのバズーカ砲が付属。


    ちょっとオープニング風に。

    【基本形→飛行タイプ】
    飛行タイプへの変形手順です。手首とバズーカ砲は余剰パーツとなります。つま先を伸ばした後の空洞を塞ぐためのシャッターが付いているところが素晴らしいです(3,4の写真)。


    【スラングル・飛行タイプ】

    …って、飛ばんだろ、コレは。


    再びオープニングっぽく、真横から。


    飛行タイプでは背中の銃座が展開されます。真後ろを向いているところがカッコイイ!

    【基本形→タンクタイプ】
    続いてタンクタイプへの変形手順です。この形態では更に、膝のフレームが余剰パーツとなります。


    【スラングル・タンクタイプ】

    んー、タンク…タンクねぇ…。


    またまたオープニグ風に真横から。マクロスのヒット以降、80年代ロボットアニメにはこういった足メカ的デザインが多かったですよね。


    この形態では胸部の銃座が展開されます。こちらも後ろ向き。


    更にもう一つ、背面から展開された銃座が。こちらは前向き。各形態での銃座の移動が、この玩具の密かな見所になっています。


    サイズ比較のための集合写真。頭までの高さは超合金魂ガンバスターと同じくらい。結構な大きさです。スラングルの玩具の中では最大サイズだとか。満足満足。

    以上、いかにも「80年台ロボットアニメ乱発期の玩具!」という雰囲気のDXスラングルでした。大味な設計ではありますが、意外とデキは悪くないですよ。問題は、スラングルのゴリラ的デザインを許容できるかどうかで。管理人も昔は大っ嫌いだったんですけどね。今はまんざらでも、といった感じ。このけれん味のなさが、くうぅぅ!

    【関連商品(価格は記事執筆時のものです)】
    15,726 円 あみあみ
    超合金魂 GX-13 超獣機神ダンクーガ

    14,742 円 T.J GrosNet楽天市場店
    超合金魂 GX-34 ガンバスター

    6,720 円 T.J GrosNet楽天市場店
    超合金魂 ウォーカーギャリア 【二次予約商品・12月入荷予定・おひとり様1個限り】

    16,800 円 Toy WORLD
    【バンダイ】超合金魂シリーズ 伝説巨神 イデオン (1月-3月)


    人気blogランキング

    ロボタック&ミミーナ&パワーアーム レビュー 

    前回前々回のカブタック玩具のレビューにコメントをお寄せいただきました皆様、有難うございました。まさに、管理人冥利に尽きるというものです。カブタックに思い入れのある方って意外と多いんですね。

    予告どおり、今回は「テツワン探偵ロボタック」の玩具をご紹介します。1998年に株式会社バンダイから発売されたジシャクチェンジシリーズの「ロボタック」と「ミミーナ&パワーアーム」です。税別定価、各2,500円。


    パッケージ。ロボタックシリーズは「超合金」ブランドは冠しておりません。本体サイズはカブタックとほぼ同じですが、体格の所為かやや大きく見えます。ミミーナ&パワーアームは、テントリーナ&トビマスカイと同様、女性型ロボとパワーアップパーツのセット販売となっています。商品のボリューム的に、この売り方が丁度良かったのでしょうね。

    【ロボタック・ノーマルモード&ミミーナ】

    ロボタック・ノーマルモードの胸部はダイキャスト製。可動箇所は、首(左右に少しだけ)、肩、手首の回転のみ。脚は完全に固定されています。ミミーナはプラ+塩ビ製で、可動箇所は、首、肩、手首、脚の付け根、膝のみで、肘、腰、足首は固定です。完全にテントリーナの設計を踏襲していますね。

    ロボタックの尻尾は、スペシャルモード時の武器「RKバー」。尻に剣が刺さっているだけにしか見えません。ミミーナには手持ち武器の「キャロットスティック」が付属。スティックの彩色が妙に丁寧です。

    【ジシャクチェンジ】

    ロボタックは所謂「組替え変形」というヤツで、手足を一度ばらす必要があります。これは本編の設定に準じているので文句の付けようがないのですが、前作カブタックの玩具と比べると、ギミック的には明らかに見劣りします。ジシャクチェンジという名の表す通り、手足のジョイントには磁石が組み込まれており、本体側の金属パーツにくっつくようになってます。また、ジョイント部は他のジシャクチェンジシリーズと共通になっており、手足の換装が可能になっています。但し、ミミーナにはこのジョイントは対応していません。

    【ロボタック・スペシャルモード】

    スペシャルモードでは肘を引き出すため、曲げられるようになります。首はノーマルモードの耳が干渉して、あまり動かせません。脚は八の字に開くことが出来るだけで、膝を曲げたり足首を動かしたりすることはできません。

    以下、パワーアームのご紹介を。

    【マグネユニット】

    10m先の100kgの鉄の塊でも吸い付けることができ、長さ200mのロープと強力なモーターを内蔵している、らしいです。


    実践してみました。

    【レンチユニット】

    最大2t/c㎡のパワーを持ち、太い鉄の棒も簡単にへし曲げることが出来る、らしいです。


    実践してみました。

    【ディスクソーユニット】

    1分間に5千回転する特殊合金製のノコギリ。大木やコンクリートを一瞬で切ることができる、らしいです。


    実践中です。

    【パラボラユニット】

    情報収集用の高性能集音マイク。2km先の音を聞き取ることができる、らしいです。


    これはちょっと、怪しいですね。
    尚、イヤホンを接続することで、ノーマルモード時でも使用可能です。


    実践してみました。


    通報されました。


    最後は集合写真。玩具のデキとしては、私見では前番組であるカブタックの方が上かと思いますが、見た目が可愛いのでなんとなく許せてしまう、そんな感じですね。カブタックのドリルットパーツや、ザブットパーツ相当のアイテムも販売されなかったのが寂しいところですが、メーカー側としては、この点は他のジシャクチェンジシリーズとのパーツ換装でフォローしてね、ということなのでしょう。確かに、そこそこ派手なアレンジができそうではありますが…。

    因みに、テレビ放送は1997年「ビーロボカブタック」、1998年「テツワン探偵ロボタック」、1999年「燃えろ!!ロボコン」と続き、この翌年から平成仮面ライダーシリーズが始まり、現在にいたります。

    【巡回放浪記】
    「テントリーナ&トビマスカイ」レビューをご紹介いただきましたサイト様、誠に有難うございました。


    ガムの玩具店さん
    バンダイ HCM Pro35 AMS-119 ギラ・ドーガ(レズン・シュナイダー専用機)

    かときちのきままなたわごとさん
    マクファーレントイ ムービーマニアックシリーズ  ジェイソン&ジェイソンX
    #ぎゃあああ!こわいいいい!!

    日々の生活さん
    HG GUNDAM SEED-47 GSX-401FW スターゲイザーガンダム
    #なんとなく神秘的な雰囲気のガンダムですね(すみません、SEEDは特に詳しくないんです)。

    たからみちさん
    装着変身 仮面ライダーザンキ、仮面ライダー桜島1号

    ボンゲン玩具さん
    RHK16 仮面ライダーダークカブト

    オモチャレンジャー!さん
    HCM-Pro35 ギラ・ドーガ(レズン機)

    オーメン72さん
    チェンジスクーターロボ 炎神 【早川玩具】
    #おおおお。コレおもろい。

    【関連商品(価格は記事執筆時のものです)】
    15,726 円 あみあみ
    超合金魂 GX-13 超獣機神ダンクーガ

    14,742 円 T.J GrosNet楽天市場店
    超合金魂 GX-34 ガンバスター

    6,720 円 T.J GrosNet楽天市場店
    超合金魂 ウォーカーギャリア 【二次予約商品・12月入荷予定・おひとり様1個限り】

    16,800 円 Toy WORLD
    【バンダイ】超合金魂シリーズ 伝説巨神 イデオン (1月-3月)














    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。