人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

シューティングゲームヒストリカ2 レビュー 

Shooting Game Historica 2 Japanese Toy Review


【製品名】
 シューティングゲームヒストリカ2
【製造・販売】
 株式会社ユージン
【発売日】
 2008年7月
【価格】
 各300円×6種+α(カプセルトイ)
【登場作品】
 ファミリーコンピュータ「スターラスター」(1985年 ナムコ)
 アーケードゲーム「ファンタジーゾーン」(1986年 セガ)
 メガドライブ「武者アレスタ」(1990年 東亜プラン)
 アーケードゲーム「スターブレード」(1991年 ナムコ)
 スーパーファミコン「R-TYPE III」(1993年 アイレム)
 アーケードゲーム「レイストーム」(1996年 タイトー)

昨年11月の第一弾発売から8ヶ月。シューティングゲームのプレイヤー機を設定に忠実に再現した、ミニチュアモデルシリーズの第二弾「シューティングゲームヒストリカ2」のレビューです。第一弾は発売直前に急遽、アソートが全6種類から全12種類(墨入れ有・無の2バージョン)に変更となり、事前に予約を受け付けていた販売店ではおおわらわだったようですが、今回は当初からのアナウンス通り全基本6種(墨入れ無)での発売となったようです。但し、ジオソードにはマーキングが異なるバージョンが3種、あるようです(1号機、3号機、5号機)。

【G.A.I.A】
ファミリーコンピュータソフト「スターラスター」より。


正式名称は「Galaxy Absolute defeince liine Interception Armament」(銀河絶対防衛線阻止迎撃兵器)だそうです。


キャノピーはスモーク名クリアパーツで成型。このゲームも良く遊びましたが、コックピット視点の画面構成だったので、自機の姿は殆ど印象に残っていなかったり・・・。


機体両サイドのエンジン部分は可動式で、写真のような姿勢を取らせることもできます。設定にあったか無かったかは別として。



【オパオパ】
アーケードゲーム「ファンタジーゾーン」より。前回レビューの最後に「第二弾で是非!」などど書いたのが的中して嬉しい限り。


当時はセガ・マークIII版「スペースハリアー」ともども遊び倒していたので、非常に思い入れの深いゲームなのです。加えて、駄菓子屋の店先の路地でキャッチボールしながら、立ちアップライト型筐体のファンタジーゾーンの順番待ちをした思い出がよぎったり。


キャノピー越しに覗き見えるボディ内部は殆ど空洞なのですが、他のアイテムよりも大きめな造りになっていて、なんとなくお得感があります。喜びも倍増でございます。


翼の付け根はボールジョイントになっており、ちょっとしたポージングも可能。ヘビーボムも付属するあたりが、ツボです。


翼と脚は取り外しが可能なため、パパオパ状態(?)や飛行状態も再現可能です。但し、ベースにはディスプレイ用のアームは付属しません。アイテム全般に言えることなのですが、パーツ同士が癒着しやすいようなので、可動部分や分解可能な部分は外して収納しておくのが良さそう。特に夏場は・・・。



【武者アレスタ】
メガドライブソフト「武者アレスタ」より。早くも人型アイテムが投入されようとは、予想外でした。


上半身アップ。顔もわりと綺麗に塗られています。第一弾ではパーツの多くが接着されていて、購入時からして細かなパーツが折れてしまったりしてましたが、今回は無理せず半完成品の状態で袋に収められているので、こういった大型アイテムでも安心です。


パーソナルマーキングの「舞」もきちんと入ってます。


ゲーム画面では始終、こんな感じでした。因みにMUSHAとは「Metalic Uniframe Super Hybrid Armor」の略だそうです。因みに、追っかけ発売されるBOX版では、武者アレスタに代わってスプリガンMk.2がラインナップされるのだとか。こちらも気になるところ。



【ジオソード(スターブレード)】
アーケードゲーム「スターブレード」より。渋いチョイスです。写真は1号機です。「ユ」に見えるマークは「1」と読むのだそうで。前述の通り、ほかに3号機と5号機(マーキング違い)が存在します。


コイツもコックピット視点の画面構成だったので、思い入れは今ひとつ。でも、シンプルなシルエットが美しい機体でございます。


私はメガCD版のワイヤーフレームな画面が結構好きでした。でも一番よく遊んでいたのは3DO版。きっと少数派・・・。



【R-90 RAGNAROK】
スーパーファミコンソフト「R-TYPE III」より。数あるR-TYPEの続編の中でも、好印象な一作でございます。R-90の「0」は本当は「0」に重ねて「/」なのですが、手持ちのフォントの都合上「0」としております。


今回も複雑な構造のディスプレイアームは健在。相変わらず取説には写真も組み立て説明もありません。フォース中心部分のクリアパーツの美しさは特筆ものです。


機体後部の縦に二枚並んだ板状の部分が塩ビ製で、歪みがちなのが難。


パッケージアート風に、真正面から。ヲヤスミ、ケダモノ。



【R-GRAY1】
アーケードゲーム「レイストーム」より。コイツが先に出たということは「レイフォース」は無しなのかしらん?


どこを持ったらよいのか分からないデザインが素敵なのです。機首が細く尖っているわりには、塩ビ製なのでので、歪みがちなのが難。


4枚の翼は全てABS製。シャープな造型が素敵です。


ゲーム画面でおなじみのアングルから。


今回も、各アイテムともに値段分以上の満足感が得られる出来となっております。前回のすったもんだがあった所為か、今回は予約を受け付ける店が減ってしまっていた様子でしたが、出荷数自体はどうなんでしょうね。各作品に思い入れのある人にはお勧めの逸品なので、欲しい人にはきちんと(適正な価格で)行き渡たることを願って止みません。

第三弾があるとしたら、懲りずに「ソルバルウ」「メタルスラッグ」「雷電」を希望。人型がありなら「スペースハリアー」あたりも…。「コットン」「ガンバード」あたりは需要がありそう。「数打ちあたる」の精神で書いておきます(笑)。


スポンサーサイト



人気blogランキング

ザンボット3 無敵合体ロボ レビュー 

ZAMBOT3 Muteki Gattai Robo Japanese Toy Review

【製品名】
 無敵超人ザンボット3 無敵合体ロボ
【販売元】
 株式会社バンプレスト
【発売日】
 1999年
【価格】
 -(とるとる愛テム景品)
【スケール】
 約1/324(合体時の玩具全高約185mm:設定全高60m)
【登場作品】
 TVアニメ「無敵超人ザンボット3」(1977年-1978年)

およそ9年前にゲームセンターのプライズ景品として販売されていた、「無敵合体ロボ ザンボット3」のレビューです。当時は超合金魂化を夢見ながら、コイツで我慢していたものですが、超合金魂版がとっくに発売された今となっては、全く無用な玩具になってしまったかというと、意外とそうでもなく…。

【ザンボエース】
全高約90mm程度で、ポーズは完全に固定されています。エースは超合金魂版の出来が良かっただけに、ちょっと見劣りしますね。でも、このポーズはなかなか素敵。


ガンベルトは後述のザンベースに付属します。


【ザンバード】
エースから変形するわけではなく、別アイテムとなっています。


【ザンブル】
豪快な差替えパーツのおかげでコックピット位置が劇中イメージに近く、スカスカ感もないため、なかなか良好な仕上がりです。


【ザンベース】
足首の保持力が足りないため、少々しなってます…。


三機揃い踏み。実際はこの他にザンバードも居るわけですが。


【合体(ザンボット・コンビネーション)】
ザンバードの上下の翼と頭部を取り外します。ザンバードとザンボエースは、胴体部分が共通パーツになっています。そういった意味ではエースから差替えでザンバードになる、と考えられないこともなかったり?ここらに設計者の拘りをちらりと感じます。


ザンブルのドリル、キャタピラ、手首を外して胸部を左右に開きます。


ザンベースのコックピット左右のダクト、レゴン、バックパックを取り外します。


ザンブルにザンベースを差し込んで、胸部と背中の翼、ふんどし部分のカバーを取り付けます。


ザンブルにザンベースを差し込んで、頭部と拳を取り付ければ完成。


【ザンボット3】
全高約185mm。劇中イメージに近い体型です。各機の接合部もななかなかしっかり保持されていて、安定感があります。が、可動箇所は両脇の開閉のみ。


頭部アップ。当時品としては造型もなかなかシャープで、塗装もスミ入れも綺麗です。


ザンボットグラップの持ち手が付属。手首と一体成型ではありますが、握り方が左右で微妙に違っていたりして、なかなか凝った造型になっています。が、前述の通り脇の開閉しか出来ないため、ポーズが付けられないんですよね。


合体後の余剰パーツ。


エースが丸ごとあまりますが、ザンボットと並べられるのはちょっと幸せかも。なかなか新鮮な眺めです。


同シリーズの「無敵変形ロボ ダイターン3」と。超合金魂ザンボット3の発売から4年が経とうとしていますが、超合金魂ダイターン3の発売は未だアナウンスされず。もしも発売されるなら、このくらいの身長差が欲しいなぁ。って、また二万越えちゃうか…。最近迷走気味だった超合金魂もゴッドマーズ、ライディーン、ダイモスと、良い流れに戻ってきていますので、ダイターン3にも期待が持てそうです。…よね?(^^;


以上、9年前のプライズ景品なので、超合金魂版と比べるのは流石に酷ではありますが、手軽な割にしっかり保持される合体機構や、全体的な塗装の発色の良さには、なかなか捨てがたいものがあります。サイズ的にも1/100ガンダム程度と、手に馴染みやすいのもポイントです。

今でもオークションやホビー系リサイクルショップなどで見かけることがありますので、気になる方はどうぞ。但し、プレ値を出して買うほどのものでは無いと思います。




人気blogランキング

ガンバの冒険 HGワールド レビュー 

Adventure of GAMBA HG World Japanese Toy Review

明けましておめでとうございます。年末から人生のちょっとした節目がありまして(ちょっと大げさか)、それを無事に乗り越えましたので、ぼちぼち活動を再開します。今年は鼠年ということで、このアイテムから。

【製品名】
 HGワールド ガンバの冒険
【企画・制作】
 株式会社バンダイ
【発売日】
 2002年4月中旬
【価格】
 200円(税込)×6種
【登場作品】
 TVアニメ「ガンバの冒険」(1975年)

【ガンバ】
リンゴの芯とマッチの質感が素敵です。マッチ箱の柄はシールで貼り付け。


ガンバの尻尾って、たしか野良猫に食いちぎられたんだとか、本人が言ってましたよね。


【イカサマ】
きちんと黒いサイコロを持っています。もちろん出目はピンゾロ。こちらも木箱の質感が良い感じです。しかも発売年月も焼印されている親切設計(笑)。


【ボーボ】
イワシの缶詰の柄はシールで貼り付け。


背後にはチーズとナッツ類をがめています。


【ヨイショ】
パイプを持ち上げる姿が勇ましい…って、本編でパイプが絡んだエピソードなんてあったかな。うろ覚え。


【ガクシャ】
モーモー大作戦の画策中。黒板の絵はシールで貼り付け。


彼はこの短い尻尾にコンプレックスを持ってましたね。実はコイツはモグラなんじゃなかろうか。


【シジン&忠太】
写真左がシジン。王冠の杯の質感がリアルです。写真右は忠太。表情が可愛いのです。


忠太はノロイ島への地図を背負ってます。


年末の大掃除で発掘するまで、K&Mシリーズだったかと記憶違いしていました。小物類はバンダイらしからぬ作り込みです(失礼)。バンダイのカタログサイトによると「ガシャポンに世界観を重視したジオラマフィギュア「HGワールド」が登場!!その第1弾としてあの感動の名作「ガンバの冒険」が今甦ります。」ということなのですが、HGワールドシリーズって、ガンバ以外のアイテムもリリースされていたんでしょうか。同サイトには情報はありませんでしたが。。。


【お知らせ】
いつもコメントをお寄せ頂いている「井上トロ」さんのブログ「徒然なる散財」をリンクに追加いたしました。トロさん、リンクが遅れて済みませんでした。今後とも宜しくお願いいたします。


人気blogランキング

シューティングゲームヒストリカ レビュー  

Shooting Game Historica Toy Review

【製品名】
 シューティングゲームヒストリカ
【製造・販売】
 株式会社ユージン
【発売日】
 2007年11月
【価格】
 各300円×6種×2バージョン(カプセルトイ)
【登場作品】
 ビデオゲーム「R-TYPE FINAL」(2003年 アイレム)
 同「イメージファイト」(1988年 アイレム)
 同「グラディウス2」(1987年 コナミ)
 同「グラディウスV」(2004年 コナミ)
 同「ダライアス」(1986年 タイトー)

【シューティングゲームヒストリカとは?】
ビデオゲーム史の一時代を築いた、シューティングゲームのプレイヤー機を設定に忠実に再現した、ミニチュアモデルです。幾多もの激戦をくぐりぬけた、歴戦の名機たちの雄姿が、いま手のひらの上に蘇ります!!」
~付属の説明書より~

当初のアナウンスでは全6種とのことでしたが、発売直前に6種×墨入れ有・無の2バージョン、計12種に変更になったそうで、取扱店ではちょっとした混乱状態になっていたとか。

【R-9A ARROW-HEAD(アロー・ヘッド)】
プレイステーション2版「R-TYPE FINAL」より。写真は墨入れ無しバージョン。フォースとビット×2が付属。コックピット部とフォースとビットの中央部にクリアパーツを使用。


軟質パーツの本体を軸に、スタビライザなどの薄いパーツは硬質プラで成型され、接着されています。歪みのない鋭利な造型は大歓迎なのですが、カプセルへの詰め方が悪いと、プラ部分がしなってしまたり、折れてしまったりで難あり。


フォースとビットを外した状態(スタンドは後述のシルバーホークのものを使用)。アイレムメカ特有の「ゴチャっ」とした感じが再現されていて素敵です。


フォース射出。ところでこのスタンド、組み立てが結構ややこしいのですが、説明書には組み立て手順の説明や、組み立て後の写真が載っていないのです。これはいかがなものかと…。


フォースをお尻にくっつけた状態も再現可能。


【OF-1 DAEDLUS(ダイダロス)】
アーケードゲーム「イメージファイト」より。写真は墨入れ無しバージョン。ポッド×2が付属。コックピット部とポッド中央部にクリアパーツを使用。


機体上部と下部の尾翼3箇所はプラ製。機銃部分は軟質パーツになっています。


ポッドを取り外した状態。コックピット部は一発成型のため気泡が入ってます。


ポッドは左右に旋回可能。スタンドのアーム部分の左右が短いので、機体外周にポッドを回転させることはできません。


【METARION(メタリオン)】
MSX版「グラディウス2」より(グラディウスIIとは別のゲームです)。写真は墨入れ無しバージョン。ロードブリティッシュではなく、あえてメタリオンでくるあたり、渋いチョイスです(笑)。


オプション×1が付属。コックピット部とオプションにクリアパーツ。尾翼部分や機銃部分はプラ製。機首部分は軟質パーツなので、歪んだりしなったり。ここはプラ製にして欲しかったなぁ。


【VIC VIPER T301(ビックバイパーT301)】
プレイステーション2版「グラディウスV」より。写真は墨入れ無しバージョン。こちらもオプション×1が付属。主翼、尾翼、ミサイル先端部分はプラ製。コックピット部とオプションにクリアパーツを使用。機首部分は軟質パーツ。


ミサイルはポロポロと外れがちなので、接着することをお勧めします。


オプションなし状態で一枚。


ファミコン版とか。


【SILVER HAWK(シルバーホーク) プロコ機】
写真は墨入れ無しバージョン。説明書には「ダライアス外伝」のロゴがあるのに、「初代ダライアスのデザインをもとに立体化しています」という謎仕様。発売間際のアソート変更の件といい、制作サイドがなんかドタバタしていたんでしょうか。付属オプションはなく、機銃4門、尾翼、機体後部のフィンがプラ製。コックピット部分はクリアパーツ。


非常にシャープでカッコいいのですが、何しろ部品がよく外れますので接着必須。細かなパーツが多くてプラモデル感覚。


背面のゴチャゴチャ感がもう…くぅ~!



【SILVER HAWK(シルバーホーク) ティアット機】
コイツだけ墨入れありバージョン。


プロコ機の色違いで、造型の差異はありません。


「PROCO」「TIAT」を逆から読むと…ってネタは若い人は知らんでしょう。


細かいことを色々と書きましたけど、思い入れのある機体ばかりですので、総合的には大満足。コイツらの立体ものが纏めて手に入るなんて、ユージンさん、夢を有難う(笑)。来年2月には「シューティングゲームヒストリカSP」という箱売り形態になるそうで。墨入れバージョンのみで構成され、ビックバイパー以外は全て色変え有りになる模様。価格も350円に値上げされるようなので、品質向上が望めるかも知れませんが、ちょっと売り方がアレですね…。

第二弾があるとしたら「ソルバルウ」「オパオパ」「雷電」「メタルスラッグ」あたりを是非…。

【関連商品を価格の安い順に検索】
  • シューティングゲームヒストリカ




  • 人気blogランキング

    魔神英雄伝ワタル アクションポーズ レビュー 


    2005年(?)に株式会社バンダイから発売された、ガシャポン景品「魔神英雄伝ワタル アクションポーズ」シリーズのレビュー。1カプセル200円。全5種。

    【龍神丸】
    言わずと知れた主役メカ。番組後半では龍王丸に交代しちゃいましたが、私は断然、こっちの方が好き。


    写真左:ヘルメットを深く被っているので、軽く下から覗き込まないと顔が良く見えません。
    写真右:龍神丸のみ肩関節がちょっと凝った構造になっています。他のは前後回転軸のみ。


    背中の登龍剣は左右の手に持たせることも可能。頭部は少しだけ左右に可動。肩に前後+左右可動軸。肘に横ロール軸。股関節にボールジョイント。足首がボールジョイントで少々可動。


    【戦神丸】
    番組中、一番好きだったメカ。可愛いしカッコいいのです。公衆電話から呼び出される設定も素敵でした。剣部刀、刀部刀、隼の刺又が付属。


    野牛シバラク流バツの字斬のポーズもきまります。肩と股関節に前後回転軸。手首に横ロール軸。足首がボールジョイントで可動。


    【空神丸】
    んー、思い入れ薄いです。確かプラクションでは肩の銃身を龍神丸の肩の裏の穴に差して合体、みたいな裏ギミックがありましたが、この製品では銃身が固定されており、龍神丸の肩にも受け穴がないので再現不可能です。


    飛行形態に変形可能(写真上)。頭を倒して翼を開くだけですが。他は肩と股関節に前後回転軸。転ばないように土台も付属(写真下)。コレを使わなくても自立可能ですが。


    【幻神丸】
    背中にしょった大きな幻部手裏剣がなかなか素敵なのですが、本シリーズ中、最も地味なアイテムかも。写真では分かり難いですが、腰に雷小刀を差し込めます。


    幻部手裏剣、雷小刀は右手に持たせることが可能。左手ではホールドできません。肩と股関節が前後に可動。手首に横ロール軸。頭部や足首は固定されています。


    【邪虎丸】
    所謂ライバル機。これも思い入れは薄め。肩と股関節が前後に可動。肘と膝に横ロール軸。背中の羽根は前後回転軸+左右に開閉可能。タイガーソードが付属。


    もしかしてコイツが本シリーズの当たりアイテムなのかも。写真上のように各部を差し替えることで、写真下の虎型メカに変形可能。胸カバーと肩カバーには変形用の可動軸が設けられています。


    サイズ比較。サイズは小さいですが、5機揃うとなかなか壮観です。


    放送当時にプラクションを集め、色気づいた時期に全部廃棄した過去をもつ私は、再販プラクションを買い直すのもシャクだったので、こっちを購入した次第です。私見では、プラクションの代わりとしてはサイズは小さいですが、これで十分かも。造型も悪くないですし、塗装の手間もないし、なんと言っても安いし…。出来の良いシリーズなので第二弾にも期待したいところですが、コレだけ間が開いちゃうと、期待薄かな。

    【巡回放浪記】
    「レトロTV劇場 巨人の星」レビューをご紹介いただきましたサイト様、誠に有難うございました。
    日々の生活さん
    聖闘士聖衣神話 牡羊座の冥衣 アリエス シオン
    何て不敵にオタLIFEさん
    海洋堂 リボルテック セイバーオルタ
    オーメン72さん
    1/18スケール MOTO HOTWEELS メタルコレクション X-Blade
    10万HIT記念プレゼント企画 当選者発表!
    SR../Blood Zweiさん
    HCM-Pro MS-06JC ザクII 【第08MS小隊】
    鉄のタマシイさん
    サンライズメカアクション テスタロッサ
    #お待ちしておりました。久々のレビュー更新です。
    イヤです!絶対イヤです!さん
    サイコアーマー・ゴーバリアン
    #そうそうOPは名曲でしたよね。OPは…。OPは…。…。
    悠久なる雪月花さん
    聖闘士聖衣神話 牡羊座シオン-冥衣-
















    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。