人気blogランキング

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
人気blogランキング

装甲車輪 ゴローダーGT レビュー 


【製品名】
 装甲車輪 ゴローダーGT
【販売元】
 株式会社バンダイ
【発売日】
 2008年9月20日
【価格】
 5,800円(税別)
【スケール】
 アクションモード時約1/185mm(玩具全高約270mm:設定全高50.0m)
【登場作品】
 特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)

年末商戦および番組終盤に向けて、そろそろ一部商品が品薄になってきたゴーオンジャー玩具シリーズ。そろそろ手に入れておかないと危いかと思い、ようやっとゴローダーGTを購入いたしました。


【パッケージ】
サイズは約240mm(W)×340mm(H)×95mm(D)。DX炎神合体エンジンオーと同程度の大きさの箱です。



【ゴローダーGT ホイールモード】
直径約155mm。文字通り車輪型の形態です。劇中のソウルセット前(巨大化前)の原寸大ということになりましょうか。一見すると土台に逆さまにセットしているように見えますが、これが定位置。赤い三つのボタンが土台と干渉するため、逆さまにはセットできません。タイヤ部分の"ENGINE-SOUL POWER"と"G-50NW5050"の文字は、正面側のみ彩色されています。土台部分は傾斜が付いただけの全くの「土台」で、射出ギミックなどはありません。



写真の「トーコンソウル」(闘魂ソウル?)が付属します。



手前に見える赤いスイッチをスライドさせてカバーが開き、ソウルをセットします。昔のラジカセにアナログテープを入れる感覚でちょっと懐かしい、かつ気持ちいい操作感です。



赤い部分がスイッチ、その他の黒い突起はダミーです。機能は以下の通り。

1.前述のソウルイジェクト用ボタン。
2.ソウル左ボタンと連動し、「走行音」(3種類)が再生されます。
3.ソウル右ボタンと連動し、「タイヤ回転音」が再生されます。
4.ソウル左右ボタンの同時押しとなり、「変形音」が再生されます。
5.ホイールを転がしてこのボタンが接地すると、下記のサウンドが再生されます。
・ボタン2を押してから5秒以内:「爆発音A」
・ボタン3を押してから5秒以内:「爆発音B」(ボウリングのピンを倒すような音。気持ち良いです。)
・ボタン4を押した後:「必殺技音」
・上記の条件以外:通常の「起動音」


写真のようにカバーの透明部分を透して、ソウルの図柄とLEDの点灯を確認することができます。音を出しながら転がって行く様子が、幼い子供にはなかなかキャッチーなようで、大爆笑しておりました。



【変形ギミック】
ホイールモードからアクションモードへの変形手順です。先ずは爪先と膝部分を展開。



両足を伸ばして、両肩を展開。



続いて両腕を開きます。



横を向いていた顔を正面に向け、顔の両サイドのパネル部分を開きます。



最後に、ホイールの土台部分を背中にバックパックとして取り付けます。



【ゴローダーGT アクションモード】
玩具全高さは約270mm。巨大化時の設定全高は50mですので、約1/185スケール。ちゃんと炎神合体シリーズのスケールに準じているようです。



上半身アップ。腹部に透けて見えるソウルがポイントです。もちろん、この形態でも前述のボタン操作は可能。



変形機構も兼ねて、各関節が可動。一連の玩具シリーズの中では優秀です。

・頭部左右回転
・肩の前後回転、左右開閉
・肘の折り曲げ
・股関節の左右開閉(前後回転が無いのが痛い!)
・大腿部の左右ロール
・膝の折り曲げ
・爪先の伸張


【オマケ】
食玩エンジンソウルタブレット2のベアールソウルをセット。食玩ソウルやガチャポンソウルは左ボタンのみなので、転がしても鳴らないのが寂しいです。



DX炎神合体エンジンオーに付属のスピードルソウルをセット。写真のような姿勢でもギリギリ保持が可能です。



最後にDX炎神合体エンジンオー、1/144ガンダムとサイズ比較。無駄に大きいです(失礼)。

正直、定価ではちょっと・・・と思っていましたが、ここ最近は随分とお求め安い価格になってきていますので、十分にお買い得かと。少々大味な造りではありますが、遠慮なくグリグリと動かして遊べますし、ホイールモードでの転がし遊びも、童心に帰ってしまえばなかなかオツなものです。年末年始に思う存分ゴロゴロして遊びましょう。



くれぐれも暴走には気をつけて。


【関連商品(価格は記事執筆時のものです)】
1,827 円 T&T といず&げーむず Shop
【70%OFF】 炎神戦隊ゴーオンジャー 装甲車輪ゴローダーGT
2,310 円 トイスタジアム オオカワヤ
炎神戦隊ゴーオンジャー『装甲車輪 ゴローダーGT』
2,420 円 でじたみん 楽天市場店
バンダイ 炎神戦隊ゴーオンジャー 装甲車輪ゴローダーGT(U4099)
2,150 円 Amazon
炎神戦隊ゴーオンジャー 装甲車輪ゴローダーGT
スポンサーサイト



[2008/12/23 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(8)
人気blogランキング

激走戦隊カーレンジャー DX VRVロボ レビュー(後編) 


【製品名】
DX VRVロボ
【販売元】
 株式会社バンダイ
【発売日】
 1996年
【価格】
 9980円
【スケール】
 合体時約1/207(玩具全高約290mm:設定全高60.0m)
【登場作品】
 特撮TV番組「激走戦隊カーレンジャー」(1996年-1997年)

前回に引き続き、「激走戦隊カーレンジャー」から「DX VRVロボ」のレビューです。今回はVRVロボへの合体ギミックをご紹介します。

【Vファイヤー】
胸部の変形。小型ロボ(ファイヤーファイター)との変形を両立させた、車体中央のヒンジの使い方が見事です。


頭部は写真4のように、大型ロボの頭部の中に小型ロボの頭部を収めた二重構造になっています。変形玩具好きの心を擽ります。


【Vポリス】
腰から大腿部の変形。両足とのジョイント部分は金属製パーツ。心強いです。


【Vダンプ】
右足部分の変形。


【Vドーザー】
左足の変形は非常にシンプル。車体を起こしてフロントを折るのみ。


【Vレスキュー】
車体をニ分割し、内側から肩部ジョイントと手首を展開します。


【必勝合体】
胸部と腰部を合体。


続いて大腿部と右足の合体。


こちらは左足。


最後に両腕を胸部に取り付けて、完成。


【VRVロボ】
「必ず勝つことを約束されたロボット」ことVRVロボ。全高約290mm。設定身長は60mですので、約1/207スケールといったところ。


因みにVRVは、"Victory Ranger Vehicle"の略らしいです。


【オマケ】
DX炎神合体エンジンオー、1/144ガンダム、単三電池とサイズ比較。VRVロボはエンジンオーよりも1cmほど大きいです。


5台の車両が小型ロボに変形、かつ5体合体と、サービス精神旺盛な玩具です。要所要所に金属パーツが使用された丈夫な造りで、遠慮なくバキバキと遊べる点は、子供向け玩具の真骨頂といったところでしょうか。スーパー戦隊シリーズも、そろそろ後番組の噂が聞こえてくる頃ですが、今度のロボもなかなか多彩なギミックを持っているようで、今から楽しみです。

【関連商品の検索】
Amazonで検索
楽天で検索


【巡回放浪記】
以下の記事をご紹介頂きました皆様です。有難うございました。
  • 「超合金 プリントライタン」レビュー
  • 「だいしぜんとあそぼう フレンチウーラー & はなのとう」レビュー
  • 「激走戦隊カーレンジャー DX VRVロボ」レビュー(前編)

  • ガムの玩具店さん
    バンダイ HCM Pro 62-00 G-BOX ダブルオーライザーセット[ダブルオーガンダム+オーライザー] レビュー
    オーメン72さん
    ハロカプ U.C.パイロットコレクション (ガンダム)レビュー
    悠久なる雪月花さん
    向坂 環-プライベートver.-(イリサワ限定網タイツ版) レビュー
    アクシデンタル・トイさん
    ミニプラ ゴーオンジャーロボシリーズ 炎神合体キョウレツオー レビュー



    [2008/12/16 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(4)
    人気blogランキング

    激走戦隊カーレンジャー DX VRVロボ レビュー(前編) 


    【製品名】
    DX VRVロボ
    【販売元】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     1996年
    【価格】
     9980円
    【登場作品】
     特撮TV番組「激走戦隊カーレンジャー」(1996年-1997年)

    今回は「DX VRVロボ」のレビューです。1996年から翌97年にかけて放送されたスーパー戦隊シリーズ第20作「激走戦隊カーレンジャー」の所謂二号ロボの玩具です。近所のリサイクルショップで見かけたもので、欠品有りかつ状態も良好とは言い難いのですが、往年の「マシンロボ」を彷彿とさせる変形ギミックに惚れ込んで購入した次第です。

    【Vファイヤー】
    「レッドレーサー」が駆る、消防車型の車輌。全長約130mm。パトランプ部分にクリアパーツ、放水銃の基部に金属パーツが配されています。


    VRVマシンからVRVファイターへの変形。下半身と両肩の展開が見所です。


    【ファイヤーファイター】
    VRVロボの頭と胸を構成するロボです。全高約155mm。可動部分は両肩の回転のみ。


    頭部アップ。消防士がモチーフとなっているようです。


    【Vポリス】
    「ブルーレーサー」が駆る、パトカー型の車輌。全長約145mm。パトランプ部分はクリアパーツで再現。5台の中では最もスタイリッシュ。


    VRVマシンからVRVファイターへの変形。いかにもマシンロボ的な変形パターンです。


    【ポリスファイター】
    VRVロボの腰と大腿部を構成するロボです。全高約150mm。両肩の開閉、回転が可能。肩の付け根は金属パーツになっています。


    顔はそのままお巡りさん。


    【Vダンプ】
    「グリーンレーサー」が駆る、ダンプカー型の車両。全長約125mm。タイヤはゴム製。カッチリとまとまったスタイルです。


    荷台部分は変形機構も兼ねて可動。


    VRVマシンからVRVファイターへの変形。こちらもマシンロボ的。


    【ダンプファイター】
    VRVロボの左足を構成するロボ。全高約155mm。両肩が回転可能です。両腕が丸ごと金属製の上、ゴムタイヤ使用と、何気に豪華仕様なのです。


    頭部アップ。アメリカンな工事用ヘルメット着用。


    【Vドーザー】
    「イエローレーサー」が駆る、ブルドーザー型の車両。全長約145mm。こちらもタイヤはゴム製。カッコいい・・・。


    バケット部分を前方に180度倒すと、ブルドーザーらしくプチ変形。


    VRVマシンからVRVファイターへの変形。シンプルな手順なのですが、コックピットの90度回転など、細かい変形もあったり。


    【ドーザーファイター】
    VRVロボの右足を構成するロボ。全高約155mm。両肩が回転可能で、腕の付け根は金属製。


    やはり安全ヘルメット着用。


    【Vレスキュー】
    「ピンクレーサー」が駆る、救急車型の車両。全長約110mm。パトランプは全てクリアパーツ。


    VRVマシンからVRVファイターへの変形。ボディ内側から展開する際に一旦全身を二分割する必要があります。


    【レスキューファイター】
    VRVロボの両腕を構成するロボ。全高約150mm。両肩が回転と開閉が可能。腕の付け根は金属パーツとなっています。最もプロポーション面でのしわ寄せを受けているロボ・・・。


    頭部アップ。ナースキャップを被っています。このロボ、アレンジ次第では多くのファンを得そう(笑)。


    【オマケ】
    全VRVファイターと、いつもの単三電池とのサイズ比較。

    次回は「VRVロボ」への合体ギミックをご紹介いたします。

    【関連商品の検索】
    Amazonで検索
    楽天で検索




    [2008/12/14 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(0)
    人気blogランキング

    カプセル炎神ソウル2 レビュー 


    【製品名】
     カプセル炎神ソウル2
    【販売元】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2008年11月中旬
    【価格】
     各300円(税込み)×全6種
    【登場作品】
     特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)


    カプセル玩具版の炎神ソウル第二弾のレビューです。

    ・・・って、もしかして私、第一弾のレビューをUPしていなかったかも。


    玩具屋さんで売られている炎神合体シリーズや、所謂なりきり玩具でも使用可能な廉価版の炎神ソウルです。

    ミニブックの表紙にはブルー、イエロー、グリーン、ブラックの姿がありますが、第二段にはラインナップされていません。



    ソウル本体は第一弾と同形。購入時には写真のように絶縁シートが噛ませてあります。



    ソウル底のボタンは一つのみ。食玩ソウルと同様です。



    【1.エンジントリプター】

    シールは紙製。裏面の電池蓋は△穴の特殊ネジで止められています。説明書によると、廃棄時にはマイナスドライバーで蓋をこじ開け、スリット部分から蓋の付け根を折って、電池を取り出すようにとの記述が。普通のネジで止めておいてくれれば良いのに・・・。
    収録音声は以下の通り。
    ボタン短押:「バリバリいくぜ!GO-ON!!」
    ボタン長押:「バリバリいくぜ!バリバリいくぜ!バリバリいくぜ!・・・・」←ちょっと笑えます。


    【2.エンジンジェットラス】
    以下、ソウル裏面の写真は省略(単にトリプターとの色違いなので)。

    ボタン短押:「私のキバからは逃げれられない」
    ボタン長押:なし。
    今回はジェットラスのソウルが最も音声バリエーションが少なくて寂しいのです。


    【3.エンジンジャンボエール】

    ボタン短押:1~3回目「炎神合体だ!」4回目「諸君、炎神合体だ!!」←これも微妙に笑えます。
    ボタン長押:なし。


    【4.キョウレツオー】
    写真右のように10,11,12のナンバリングが施されています。ちょっと変則的なソウル。

    ボタン短押:ボタン押下の度に、キシャモス、ケライン、ティラインの鳴き声が順繰りに再生されます。
    ボタン長押:なし。
    炎神合体のティライン、ケラインに入れて置くには、少々難のある仕様です。12月発売の食玩版エンジンソウルタブレット3に期待。


    【5.エンジンスピードル】

    ボタン短押:ボタン押下の度に「勇気マンタン、ハイウェイスター!」「炎神スピードルだぜ!」が交互に再生されます。
    ボタン長押:なし。
    これはゴローダーGTに入れて、いつぞやのエピソードを再現したくなります。って、いまだに買ってないんですけどね、GT・・・。


    【6.走輔ソウル(ゴーオンレッド)】

    ボタン短押:ボタン押下の度に「マッハ全開!」「ゴーオンレッド!」が交互に再生されます。
    ボタン長押:なし。
    ここは長押でもう一声欲しかったかも。声質も少々「九官鳥」っぽいというか・・・。今回はこのソウルを楽しみにしている人が多いかも知れませんが、過度な期待はしない方が良いかと思います。


    【オマケ】
    トリプター、ジェットラス、ジャンボエール用のソウル色々。上から順にカプセル版、食玩版、炎神合体版。




    なんだかんだで我が家の炎神ソウル置き場も大変なことになってきました。別にフルコンプを目指しているわけではないんですが、気がつけば何個あるんだか分からないような状態に。うっかり長期間放置して、電池が液漏れしたりせぬように気をつけなくては。数が数なので気を配るのも大変ですが・・・。



    【巡回放浪記】
    以下の記事をご紹介頂きました皆様です。有難うございました。
  • 「DX炎神合体 キョウレツオー」レビュー
  • 「イーグルライダー」レビュー

  • ガムの玩具店さん
    YAMATO 1/60 完全変形 VF-1J+スーパーパーツ 一条輝機[TV版] レビュー
    モンド of the Worldさん
    海洋堂×角川書店 コンプティーク 12月号付録 涼宮ハルヒの胸像コレクション ポニーテールVer. レビュー
    オーメン72さん
    プレイヒーローVS 仮面ライダー対決セット テディ&モモタロス レビュー
    悠久なる雪月花さん
    流浪の豪鬼 周倉ドーベンウルフ 簡易レビュー



    [2008/11/22 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(2)
    人気blogランキング

    DX炎神合体 キョウレツオー レビュー(その3) 

    Engine Combination Series 10-12 KYORETSU-OH (Engine Sentai Go-OnGer) Review #03


    【製品名】
     炎神合体シリーズ 10-12 DX 炎神合体 キョウレツオー
    【販売元】
     株式会社バンダイ
    【発売日】
     2008年10月18日
    【価格】
     9,800円(税別)
    【スケール】
     合体時約1/186(G12玩具全高約500mm:設定全高93.0m)
    【登場作品】
     特撮TV番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年-放送中)

    前々回、前回に引き続いて、今回はエンジンオーG12(ジー・トゥエルヴ)への12体合体ギミックをご紹介します。

    キョウレツオーとエンジンオーG9との合体手順を以下に示します。

    【炎神合体】
    キョウレツオーの全身を写真のように分解します。


    続いて、G9の背中からジャンボエールとVシールドを取り外します。


    G9の両腕(ガンパード、バルカ)と、両足首(キャリゲーター+ジャンボエールのコンテナ)を取り外します。


    両足首にキシャモスのボディ(前部、後部)をそれぞれ取り付けます。


    左足首にガンパードとキョウレツオーの腰パーツを取り付けます。ガンパードの後輪は180度反転させた状態。この状態にしないと「小屋」に収まらないのです。


    同様に、右足首にバルカとVシールドを取り付けます。今年2月のエンジンオー発売以来未使用だった、Vシールド表面のジョイントが、ついに日の目を見た瞬間。


    エンジンオーの脚に両足首を合体。


    バスオンの頬のジョイントにキシャモス腰パーツのパネルを取り付けます。口が「わーい」って言ってるようで愉快。


    エンジンオーの左足側面に、キョウレツオーの右腕を取り付けます。


    反対側も同様に。これにてエンジンオーの未使用ジョイントは全て消化。嬉しいようでもあり、これでお仕舞いかと思うと少し寂しいようでもあり・・・。


    右腕にティラインを合体。


    左腕にはケライン。


    背中にジャンボエールを取り付け、


    キシャモスの頭部を被せます。


    キシャモス頭部の牙を下ろして、


    完成です。


    【エンジンオーG12】
    「全ての悪を制する究極の王」、エンジンオーG12。玩具全高は約500mm。設定全高は93mですので、約1/186スケールとなります。


    重量は3.2kgにもなります。もはや新生児の体重並み。間違いなく我が家で最大のロボット玩具。


    真横から。もはや何がなにやら・・・。マンモスとクジラの顔がシュール。


    ここまでくると、カッコいいとか悪いとかじゃなく、何といいますか、ただただ笑うしか。


    DX炎神大将軍、1/144ガンダムとサイズ比較。


    もちろん、エンジンオーと炎神大将軍は換装可能です。


    写真のように、炎神剣をティライン、ケラインにくわえさせることも。


    G12をエンジンオー、ガンバルオー、セイクウオー、キョウレツオーに分離。炎神大将軍も一緒に。


    更に各炎神に分離。総勢12体+3体の大所帯。12人といえばサッカーチームよりも大人数。バレーボールの試合もできるってもんです。

    恒例の合計金額(税別)の算出です。
    ・エンジンオー=6800円
    ・ガンバルオー=8000円(バルカ=2200円+ガンパード=2200円+キャリゲーター=3600円)
    ・セイクウオー=9900円(トリプター=2200円+ジェットラス=2200円+ジャンボエール=5500円)
    ・キョウレツオー=9800円
    ・エンジンオーG9=34500円(エンジンオー=6800円+ガンバルオー=8000円+セイクウオー=9900円+キョウレツオー=9800円)。
    因みに、炎神大将軍=6800円、全てあわせて41300円。ただただ笑うしか。あぁ、ゴローダーGTはどうしよう・・・。

    【オマケ】
    最後は、こちらも恒例となりつつあるステレオ写真(平行法)で。





    まさかこんなに大きく育つとは思っていなかった炎神合体シリーズ。ここまできたら、大将軍とゴローダーGTもくっつけて、ダイラガーXVの記録(15台合体)を打ち破って欲しかったところですが、これ以上はさすがに危険か(笑)。もはや何方にでもお勧めできる金額でもサイズでもなくなってしまったエンジンオーG12。このお祭りに参加したい方だけどうぞ。




    [2008/11/12 00:00] レビュー:特撮トイ | TB(0) | CM(8)












    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。